大人の上海! 一度は行きたい人気観光スポットやおすすめの名所、穴場10選!

海外

「上海」は、中国でも最も活気あふれる都市である一方,歴史ある建物や街並みが残されていることでも知られています。そんな上海は、オシャレなファッションや美味しいグルメが揃う魅力的な観光エリアです。

今回は、そんな上海で人気の観光スポットやおすすめの見所をご紹介します。

スポンサーリンク

上海 人気観光スポット1.上海博物館

1952年にオープンした「上海博物館」は、上海市の中心に位置する黄浦区にある博物館で、北京の故宮博物館や南京博物館とともに中国三大博物館の一に数えられる博物館です。

「上海博物館」は、中国有数の規模を誇る博物館で、重要文化財など中国の歴史を伝える貴重な文物を13万点以上も所蔵しています。

古代中国の世界観を表現したという円形の4階建ての館内には、11のテーマ別の展示室があり、紀元前18世紀以前の貴重な青銅器や唐代から清代まで書や絵画、彫塑、璽印、玉器など幅広いジャンルに渡って展示されています。

1階南口付近には、「ミュージアムショップ」があり、「上海博物館」でしか手に入らないオリジナルのグッズなども販売されています。

上海 人気観光スポット2. 魯迅公園

上海市の虹口区にある「魯迅公園」は、日本でも有名な小説家の魯迅にちなんだ公園で、園内には魯迅墓と記念館があることで有名です。また公園内には、上海虹口足球場などの球技場があります。

「魯迅公園」のある虹口区は、かつて日本の租界で「小東京」と呼ばれていました。そのため、園内には日中友好記念の時計があったり、親日で知られる魯迅の記念館があります。

また、上海には数少ないソメイヨシノが植えられていて、春には綺麗な桜の花を咲かせます。

「魯迅公園」は、観光スポットというより上海市民の憩いの場の公園で、公園内では多くの市民がダンスや太極拳、ボート遊びなど思い思いに楽しんでいます。

また、メリーゴーランドやゴーカートなどがあるミニ遊園地もあるので、ゆっくりと過ごしてみてはいかがでしょうか。

上海 人気観光スポット3.外灘 (バンド)

「外灘(バンド)」は、上海市中心部の黄浦区にある、上海を代表する人気の観光スポットです。

一般的に「外灘(バンド)」と呼ばれるのは、北は蘇州河、南は延安東路までの「中山東一路」と呼ばれる通りで南北約1.5kmのエリアです。

19世紀後半、この一角はイギリスの租界地区で、当時の面影そのままに歴史的な建築物が建ち並んでいます。

「外灘(バンド)」を観光するなら、「外灘遊歩道」がおすすめです。いちばん川沿いのデッキのような場所で、記念撮影や、陸家嘴の高層ビル群を眺めるには最高のポジションの歩道です。

また、「外灘(バンド)」の魅力は、何と言っても夜景です。日が暮れると黄浦江河畔がライトアップされ、幻想的なイルミネーションに包まれ、多くの観光客が川辺に集まります。

上海 人気観光スポット4.上海動物園

「上海動物園」は、上海の西郊外、虹橋(ホンチャオ)エリアに位置する大型動物園で、地下鉄10号線の上海動物園駅の目の前にあるので、上海市内からのアクセスが良く人気の観光スポットとなっています。

「上海動物園」は、ゴルフ場として使われていた場所に作られたこともあり、敷地面積は74万㎡と広く、園内には象やキリン、ライオンなどのお馴染みの動物から珍しい動物まで620種類、7000頭以上が飼育、展示されています。

中国の国家保護動物である東北虎や揚子江ワニ、ジャイアントパンダ、そして孫悟空のモデルとされる金絲猴など、中国にしか生息していない貴重な動物もたくさん見ることができます。

上海 人気観光スポット5.豫園(ヨエン)

「豫園(ヨエン)」は、上海市の黄浦区にある明朝時代の庭園です。四川省の役人だった潘允瑞が、故郷を懐かしむ両親を慰めるために作ったといわれ、完成まで18年もの歳月が費やされました。

庭園の広さは約2ヘクタールと広大で、園内には工芸品などを展示販売する土産物店が4ヵ所やトイレ、サービスカウンターなどがあります。

「豫園(ヨエン)」の見所は、 園内に多数点在する建造物で、ほとんどが清の時代に建てられたものです。

また、園内には穴の空いた奇石「太湖石」がたくさん置かれています。特に「玉玲瓏」が有名で、穴が多く最高級の太湖石が真ん中に配置されています。

また、周辺の商業エリア「豫園商城」には、約100軒もの土産物屋やレストランが軒を連ね、食事やショッピングを楽しむ多くの人たちでにぎわっています。

スポンサーリンク
海外
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび