国産ジーンズ ワンランク上のおすすめ人気ブランド8選!大人コーデのポイントも!

ファッション

国産ジーンズに限らず、様々な分野で国産つまり日本製の商品が高い評価を受けています。

特に話題になっているのがジャパンウィスキーです。サントリー、ニッカと言ったメジャーブランドだけでなく、いわば地ウィスキーのようなメーカーの商品が名だたる品評会で高い評価を得ています。

ウィスキーには長く売れない冬の時代がありましたが、常に品質向上と丁寧なもの作りに徹してきた結果、こうした評価に結びついたのだと言います。

本場のウィスキーに近づけるのではなく、それ越えるもの、オリジナリティを大切にしてきた努力が、揺るぎない高みに押し上げてくれたのでしょう。

国産ジーンズも海外で高い評価を受けていると言われています。セレクトショップやジーンズショップではジャパンジーンズを取り扱っていないと、店の格式にまで影響するのだとか。

ジーンズはアメリカで生まれ、ワークウェアとして定着し、現在に至っては無くてはならない、持っていない人はいないほどの存在になっています。だからこそ、納得できる長く付き合えるジーンズが求めらています。

ジャパンジーンズは、多くのメーカーから、スタンダードなものから個性的なものまで様々なものが提案されています。選定するのは困難を極めますが、8ブランドを絞り込んでみました。

スポンサーリンク

おすすめの国産ジーンズ1.クロ

出典:kurodenim.com

ここ数年で海外での人気が急上昇しているというニュースが伝わっています。

KUROというブランド名は日本語の「黒」からきていますが、昨今の日本ブームという事も人気の要因になっているかも知れません。しかしブームだけに流されない日本人ならではの縫製や染色、加工などが隅々に生かされている事が大きな理由でしょう。

2010年の創業ですから10年も待たずに大きな評判を獲得したことになります。現在では、デニムだけでなく様々なカジュアルアイテムを揃えるようになりました。こちらの評判も上々で、もちろんKUROデニムとの相性は鉄板と言えるでしょう。

日本製のデニムは力織機で織られた打ち込みの強さが特徴です。これは多くのジーンズメーカーが採用していますが、その中でもKUROはもっともデニムらしい14oz生地を採用しています。履き込むほどに馴染む、育てがいのある1本に仕上がります。

KUROジーンズの基本はGraphite。やや細身のシルエットですが、ヒップの位置が高く、収まりがいいのですっきりと足長効果もあります。日本を含むアジアでは歓迎されるシルエットになっています。

大きめにロールアップし、少し短めに履いても上品に決まります。その場合は重量感のあるミドル丈の編み上げブーツがいいでしょう。。また丈はレギュラーのまま、ロング丈のブーツを、男くさく忍ばせるの色気があっていいかも知れません。

おすすめの国産ジーンズ2.リゾルト

日本ジーンズ界の重鎮、神様とも称されるデザイナー林 芳亨氏率いるジーンズブランドが『リゾルト』。2010年設立とこちらも歴史は浅いのですが、国産ジーンズの最高峰と崇められています。

ブランドの歴史は浅いのですが、林 芳亨自身とジーンズとの関わりは長いのです。『リーバイス』への強い憧れから、ジャパンデニム『ドゥニーム』の設立に伴いデザイナーとして参加、当時のレプリカジーンズのブームを築き、支えてきました。

そしてジーンズのオリジンを極める同社を退社し、自身のブランドの設立という道を歩み始めます。彼が大切にするのは細部に至るまでの丁寧なモノ作り。MADE IN JAPANを貫き、日本の職人たちと納得できる仕事を続けています。

特徴的なのは、ラインアップが「710」「711」「712」「713」と4型に限定されているコトでしょう。その理由を聞かれて『何年経っても、いつでも手に入る定番を作り続けたい。』という林氏の思いが語られています。

中でも氏自身が憧れた『リーバイス』の1960年代のヴィンテージジーンズ、通称“66(ロクロク)モデル”をベースに製作した710は、程よいタイトさで、同ブランドの基盤となるモデルです。

彼のスタイルはフレンチシック、ヨーロッパ目線のアイビーなどと表現されます。フィッティングにも独自の観点があり、ウエストではなくヒップに合わせて履くこと、長さは合わせる靴に被らないこと、今履いているものよりワンサイズ小さいものを試着することを薦めています。

足もとはパラブーツのシャンボートまたはアヴィニオンがお似合いですが、色落ちしたスエードのビットローファを素足履きするコーディネートも軽快です。

おすすめの国産ジーンズ3. Red Card

出典:redcard.tokyo

最近メディアン露出頻度の高さはだんとつナンバーワンかも知れません。男女問わず人気が高まっているのがRed Card(レッドカード)です。

Red Card(レッドカード)は、デニムデザイナーの本澤裕冶氏によるプレミアムデニムブランド、2009年の創業なので10年ほどの若いブランドです。

本澤裕冶氏は、EDWIN在籍中は名品と称される「503」の立ち上げに関わり、またLEVI’Sに移ってからは『501』のモデルチェンジを手がけるなど、日本のジーンズ史を築き上げてきた一人と言えます。

2005年にフリーランスとして独立、そして2008年初の自身のデニムブランド「レッドカード」を創設しました。履きやすい薄いデニム生地を使用したものや、シンプルで美しいシルエットのスタイルなど、こらまでの経験が生み出す作品を提案しています。

有名セレクトショップの別注コレクションが評判となり、今では多種多様なジーンズを世に送り出してますが、基本となるのはスリムテーパードモデル「RHYTHM(リズム)」です。

日本人の体型に合わせた計算されたフィット感と、快適な履き心地がウリとなっています。足長効果も抜群なので、スタイルイになり始めた世代でも自信を回復できる名作です。

ジーンだと思わずに、様々な組み合わせに使う事でシルエットの良さが引き立ちます。また組み合わせに応じてサイズアップし、短めにロールアップ、重さのある靴を持ってきても野暮ったさは皆無。少年っぽさが好感度アップにつながります。

出典:redcard.tokyo

おすすめの国産ジーンズ4. ビズビム

出典:www.visvim.tv

「visvim(ビズビム)」は、クリエイティブディレクターの中村ヒロキが2000年に設立した日本のファッションブランドです。シューズブランドとしてスタートしましたが、その後ウェア、アクセサリー、フレグランスと展開するトータルブランドへと拡大しています。

このブランドの真骨頂は、素材への強い思い入れです。糸の段階から関わり、モノづくりへの真摯な姿勢が、唯一無比の美しさを生み出しています。

そのため価格は少々高めになってしまうのですが、このブランドでしか味わえない着心地、履き心地が、経験した者にしか味わえない満足感を提供しています。

愛用者は国内外を問いません。ファッションに精通した、また本物を愛するセレブリティが名を連ね「エリック・クラプトン」はジーンズやスニーカーを愛用していると聞きます。また日本のストリートファッション界のカリスマ「藤原ヒロシ」もvisvimのファンだとか。

そうした姿勢は中村ヒロキが作り出すジーンズでも生かされています。素材作りでは自然な染めに注力したそうです。丁寧な縫製で立体的に構築されたシルエットは、履かずとも美しさが理解できます。

ただ高価なジーンズを履くという事ではなく、visvimという哲学を纏うという心掛けが必要なのかも知れません。

visvimは和に寄ったライフスタイルも提案しています。自宅でくつろぐとき、リラックスできるサイズを選び日本酒を楽しむ。日本人のアイデンティティが貫かれたジーンズと言えます。

出典:www.visvim.tv

おすすめの国産ジーンズ5. スぺルバウンド

『スペルバウンド』はジャパンデニムのメッカ、岡山県児島に本拠地を置くドミンゴ社が手掛けるメンズ向けカジュアルブランドです。バリエーションが豊富で、押さえられた価格で人気を得ています。

カジュアル全般、アウターなども展開していますが、ブランドの基幹を成すのはジーンズで、スタンダードなモデルから、デザインの施したものまで取り揃えているのでお気に入りを探す楽しさがありますね。

最近では加工技術の評判も高く、何年も履き込んだような風合いはジーンズを知り尽くした岡山県児島の職人たちにより生み出されています。

素材使いについても先見性があり、早くからストレッチデニムを採用してきました。しかしストレッチ素材にありがちな、ゴムのような質感を嫌い、よりデニムに近い質感をもちながらストレスフリーな履き心地を実現しています。

最近ではオフィスでもジーンズ姿を見かけることが増えてきました。そうした着用感なので、長いデスクワークでも対応してくれる頼もしいジーンズだと言えます。

スポンサーリンク
ファッション
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび