エンメティ(EMMETI) イタリアが世界に誇るレザーブランドのおすすめ定番商品8選!コーデのポイントも!

ファッション

「EMMETI」(エンメティ)は、1975年フィレンツェ近郊のヴィンチという町で創業したイタリア発のラグジュアリーブランドです。レザーや毛皮を使ったアウターを提案し、男女を問わず大人の熱い視線を集めています。

エンメティは、「エレガンテ・スポルティーヴォ」をブランドコンセプトに掲げ、 スポーティでありながらエレガンスを忘れないスタイルを発信しています。

特に素材選びにはエンメティ独自の視点があり、レザーとファーまたレザーと異素材、しかしいずれも高品質な素材を組み合わせることで、グジュアリー感を醸しだしています。

アイコンモデルとも言うべき juri(ユリ)、アンドレア、一見タイトに映るシルエットですが、快適なフィッティングを得ることが出来るのも「エンメティ」の魅力と言えます。

詳細は後述しますが、エンメティのラインナップは2種類あります。いずれも他ブランドでは味わえない色香とオーラを有しています。特に昨今スタンダードになりつつあるプリーツ入りのパンツとは、相性の良さを実感するでしょう。

スポンサーリンク

エンメティのラインナップ。

エンメティは大きく二つのコレクションから構成されています。それぞれの特徴について紹介します。

エンメティコレクション

「エンメティ」コレクションは、ナッパレザー、スエードやムートンをふんだんに使ったハイエンドレザーウエア。juri(ユリ)やアンドレアが有名です。

ブランド自らの歴史と、メイド・イン・イタリーという誇りをミックスした「クラシックラグジュアリー」を表現しています。

ムートンダウンコレクション

エンメティの「ムートンダウン」コレクションは、ムートンとダウン、または異素材とのハイブリッドな組み合わせ。それぞれの素材が持つゴージャスで機能的な要素を組み合わせた「ライトウェイトラグジュアリー」を表現しています。

いずれのエンメティ・コレクションも男性がもつワイルドな一面と、女性がもつキュートな一面を引き出してくれるものです。ややラフに着る、ということで個性が光ります。

おすすめエンメティ1.juri(ユリ)

もっとも有名なjuri(ユリ)の紹介から始めます。

JURI(ユリ)はシングルライダースレザージャケット、エンメティのアイコンモデルです。中綿の無い春夏仕様になっていて、シンプルなシルエットが大人の色気を際立たせるラグジュアリーな仕上がりです。

素材はイタリア製の最高級ラムナッパレザー。柔らかく体に馴吸い付くようなuri(ユリ)ならではのフィット感が人気です。

適度な ハード感を備え、エレガントなテイストを引き出してくれるuri(ユリ)。スタンドネックを採用しているので、インナーはT シャツまたは軽いカットソーが似合うでしょう。

日本人の体型に合わせたサイズスペックを用意しているので、お直しなしでイケます。uri(ユリ)の着こなしは自在ですが、モノトーンコーデが新鮮です。

おすすめエンメティ2.アンドレア

エンメティのANDREA(アンドレア)はJURI(ユリ)と同じシングルライダースレザージャケットですが、中綿入りの秋冬仕様になったタイプです。

アンドレアの素材やシルエット、デザイン、そしてサイズスペックもJURI(ユリ)と同じです。インナーにはカシミアニットなど、上質な組み合わせでアンドレアの魅力が増幅します。

アンドレアの着こなしは、ファッションディレクター干場氏を参考に。キレイめなアイテムとの相性が光ります。

おすすめエンメティ(EMMETI) 3.ジャクソン

エンメティのJAXON(ジャクソン)は襟付きデザインでフロントはボタン仕様になっています。両胸を含む4つのフラップポケットをレイアウトし、着丈を長めにアレンジしたハンティングジャケットタイプ。レザージャケットながら使い勝手が広がるデザインです。

他ブランドを含め、juri(ユリ)やアンドレアのようなショート丈をお持ちであれば、こうしたタイプが気になると思います。

インナーの着こなしも自由です。Tシャツやカットソー、ハイネックのニットからシャツを使ったコーディネイトが楽しめるのも着丈のあるタイプならでは。

ウールパンツでキレイに着る、もちろんいいでしょう。しかしビンテージ感のある501や、スキニーパンツにオールブラックのナイキというヒネリも面白そうです。

おすすめエンメティ(EMMETI) 4.フェルナンド

FERNANDO(フェルナンド)はEMMETIが得意とする異素材を組み合わせから生まれた、ショートタイプのムートンダウンジャケット。前合わせにダッフルコートに見られるトグルを使っています。

ユリやアンドレアに代表されるレザージャケットとは違う魅力があります。上質でマットなナイロン素材をボディに使い、フードから伸びるフロントや裾にはムートンファーをアレンジしています。

さらに袖部分はラムナッパレザー、てんこ盛り的な組み合わせですがバランスに不自然さを感じることはありません。

身頃の中綿にはダウン90%とフェザー10%という軽量ながら保温性の高いパッキング。風の冷たい都会の冬にも充分立ち向かえます。フェルナンドはショート丈なので、フロントプリーツを施したパンツシルエットが生きてきます。