セレブのステイタスシンボル ベルルッティの革製品 おすすめ10選!パティーヌが光る、靴、鞄、財布等

ファッション

ベルルッティの創業は1895年、イタリア生まれのアレッサンドロ・ベルルッティがパリで注文靴作りを始めました。

丁寧なモノ作りが富裕層を中心に評判となり、王室や芸術家などの多方面から顧客を増やしていきます。その評判はヨーロッパ全域に及ぶほどでした。

タンビニオが3代目に就き、現代ベルルッティの基盤を作ったと言われています。オーダ―メイドだけでなく既成靴市場への参入、そしてベネチアン・レザーを使うことが許されると、より個性的なモノ作りが加速していったのです。

そして女性当主、4代目のオルガがベルルッティの代名詞とも言うべき『パティーヌ』という技法を生み出します。色を塗り重ねることで深い色合いを生み出し、それを職人が磨き込むことで自在に色を引き出す。時間と熟練が作り出すベルルッティならではの技法です。

独特の深い艶をもつベネチアンレザーに、自在な色付けを楽しむことができ、自分だけの靴やバッグ、小物などを所有できる。その唯一感がセレブたちを魅了しています。

さらに「カリグラフィ」や「スカー」、「タトゥー」など素材に文字や文様を刻み込むという技法が、耽美にも似た美しさを加えています。

現在ベルルッティは、靴作りやバッグ製造だけでなく、アパレルや各種レザー製品などにも進出しています。そしてベルルティはルイ・ヴィトンとともにLVMHグループのファッション&レザーセクターの重要な一員を構成しています。

スポンサーリンク

芸術家に愛されたベルルッティ。

出典:www.cinematoday.jpベルルッティの靴は多くの芸術家に愛されています。顧客にはジャン・コクトー、エディット・ピアフ、ランソワ・トリュフォー、アンディー・ウォーホル、イブ・サンローラン。錚々たる顔ぶれです。

ローファータイプの『アンディ』は、アンディ・ウォーホールのためにデザインしたものがモチーフにになっています。

ある日、サンローランがアンディを連れてきました。しかし気に入った靴が見つからず、せっかくなのでイチから作りましょうとなり、オルガ自らデザインしたのだそうです。

アンディもいたく気に入り彼の足元を飾ったのです。アンディと言えばタキシードに501というスタイルが有名ですが、その足元を飾っていたのはベルルッティだったのかも知れません。

挑戦するベルルッティ

ベルルッティは評価に安住することなく、そして伝統に安息することもありません。常に進化、挑戦を忘れないブランドです。

2019年秋冬コレクションからは、新たにクリス・ヴァン・アッシュがクリエイティブディレクター就任します。彼は長きに渡りDiorHommeを支えてきた存在です。期待は高まる一方、その動向から目が離せません。

ベルルッティのおすすめアイテム1.Itaubaレザージップ

ルイ15世の美しい手紙からインスパイアされた『スクリット』模様を斜めにレイアウトしました。、ベルルッティのアイコンモチーフが刻まれれた、サイズ大き目、ジッパー付きの財布です。

もちろんパティーヌ可能ですが、ある程度使い込んでから施すかべきか、はじめから施すべきか。悩まし時間ですが、楽しい時間です。

ベルルッティのおすすめアイテム2.Essentialレザーコンパクト財布

ごくシンプルで実用的なベルルッティの二つ折りタイプの財布。特徴的な意匠がありませんが、素材の良さが際立っています。上り立つような色香が端々に宿っているのでしょう。

上質なヴェネチアンレザーにパティーヌするか、このまま自分色に馴染ませるか。忘れてならないのは、靴と同じように時折シャンパンで磨き、香りづけを楽しむこと。

そして月の光にかざして陰影を楽しむことです。

ベルルッティ のおすすめアイテム3.マネークリップ アリゲーター

レザーとメタル(真鍮)のコンビネーションで構成された、ラフでカジュアルな使い方が似合う紙幣を留めるだけにマネークリップ。

ベネチアンレザーを使ったタイプと、アリゲーターを使った2種類が用意されています。大人なら、使い込むほどに鈍い光沢を放つ後者を選びましょう。

キャッシュレスが進む中で、マネークリップの使い方に悩みます。紙幣は数枚、そしてカードを1枚はさみポケットやクラッチに入れておくということではいかがでしょう。

ベルルッティのおすすめアイテム4.ALESSANDRO DÉMESURE オックスフォード Nero

靴作りからスタートしたベルルッティなので、靴を紹介しないわけにはいきません。こちらは創業者アレッサンドロへのオマージュが込められた代表作『アレッサンドロ』シリーズです。

中でも1枚革で仕上げたホールカットはエレガントの極み。黒好きなフランス人なら、このタイプを選ぶはず。月明かりの下で息づく魔物。

スーツやジャケットパンツとの相性がイイのはもちろんですが、デニムに使ってみても意外性がハマります。

ベルルッティのおすすめアイテム5.SCARS DÉMESURE オックスフォード TOBACCO BIS

「SCARS=スカー」とは傷のことです。端正な顔立ちを、大胆な切り返しがまるで傷跡のように横切ります。

正面から見ると、美しいホールカットのベルルッティのオックスフォードシューズ。それをわざわざ大胆な解釈を加える。背徳感にため息がもれます。

後ろ側半分に施したカリグラフィーも、計算された悪戯(いたずら)でしょう。内張りにふかい緑に染めるなど、邪(よこしま)な仕掛けが溢れています。

ベルルッティのおすすめアイテム6.ANDY DÉMESURE ローファー

前述のとおり、ローファータイプのアンディは、4代目のオルガがアンディ・ウォーホールのためにデザインしたものがモチーフにになっています。

アメリカやイギリスブランドが作るローファーと違い、ロングノーズがエレガントな顔立ちに仕上がっています。イタリアのようであり、フランスのようであり。つまりはベルルッティなのですが。

ベルルッティのおすすめアイテム7.PERSPECTIVE ブリーフケース

「パースペクティブ」はヴェネチアカーフスキンを贅沢に使った、細い面立ちのベルルッティのブリーフケースです。ハンドルも同様素材を使っていますが、色調にコントラストを与えることで立体感が生まれます。

機能性も充分に備えた、ビジネス仕様です。タフな時間を一緒に過ごす、頼もしいパートナーです。家族の写真も忘れず忍ばせてください。

パティーヌ可能なので、自分のイメージを決めておいてください。

スポンサーリンク
ファッション
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび