大人が似合う高級革サンダル!ワンランク上のおすすめメンズブランド8選!

ファッション

暑い夏がやってきます。

ファッションに清涼感を取り入れ、季節感を楽しむにはシューズを変えることが簡単にできておすすめです。

大人なメンズはチープなビーチサンダルを履くことよりも、ワンランク上の革サンダルを履いた方が断然おしゃれです。

リゾートやタウンなど幅広く映えるブランドから8モデルを厳選し、紹介しますのでご覧ください。

国内外のブランドや、シューズ専門もしくはトータルファッションブランドから、幅広いテイストで各ブランドの一押しメンズ革サンダルをおすすめしていきます。

一口に革サンダルと言っても、革素材はスムースかスエードか、型は鼻緒のトングタイプか甲を覆うスライドタイプか、種類は予想以上に多くあります。

お好みに合う革サンダルを見つけていただける様に、ご参考にしてください。

スポンサーリンク

おすすめメンズ革サンダル TATAMI

230年以上に及ぶビルケンシュトック社のフットベット技術や経験が結集され、1990年に誕生したブランド「TATAMI(タタミ)」。

中でも幅広でメンズサイズも展開している「Rhein(ライン)」が、おすすめ革サンダルです。

肉厚で柔らかなスエードは、甲の部分を心地良い肌ざわりを与えてくれます。

フットベットのコルク素材をブランドの従来品よりも30%増量することで安定感が増し、かかとにクッション材を入れることで負担を軽くしたり、弓なりに反らせたりすることで軽快に歩くことができる様になっています。

見た目からは想像できない隠れた機能性は、うんちくを語れるメンズに嬉しい革サンダルです。

おすすめメンズ革サンダル ISLAND SLIPPER

メイド・イン・ハワイにこだわり一足一足を職人手作りするブランド「ISLAND SLIPPER(アイランド・スリッパ)」。

中でもブランドの定番モデルとなる「PT202」が、おすすめ革サンダルです。

クッションの効いたインソールと、しっとりとした質感のフットベットが、上質な履き心地を与えてくれます。

大人なメンズの方が海辺のリゾートへ出かける際に、自信を持って履けるビーチサンダルです。

写真の無地スムースレザー以外にもスエード素材や、花柄や迷彩柄などの遊び心を持ったファッション要素の高さも見逃せません。

アウトソールは1.8cmのしっかりとした設計ですので、耐久性も兼ね備えています。

おすすめメンズ革サンダル UGG

メンズレディース問わずにムートンブーツで人気のブランド「UGG(アグ)」。

中でもブランドアイコン素材であるムートンの心地良さを感じられる「XAVIER TF(ゼビア・ツインフェイス)」が、おすすめ革サンダルです。

スポーティな印象が強いスライドタイプのサンダルですが、甲部分を革素材にすることで一気に上品さが高まります。

ワンマイルアイテムにもこだわりたい大人メンズにもってこいです。

他にも水に濡れた後の足先を冷やさないように用いることも効果的です。

ムートンの革素材は暑さが心配になりがちですが、透湿性が高いため中で蒸れにくく快適な履き心地を得ることができます。

おすすめメンズ革サンダル Chaco

アウトドアのシーンに定評があるブランド「Chaco(チャコ)」。

中でもブランドの代表的なZシリーズから、革サンダルの「M’s WAYFARER(メンズ・ウェイヘラー)」がおすすめです。

アウトドアシーンに活躍するアウトソールはそのままに、ストラップを上質なフルグレインレザーに変更しています。

ブランド独自開発のアウトソールはグリップ性とトラクション性に長けているため、大人なレジャーシーンにも活躍できる革サンダルです。

足首まで固定できるので、不安定さが苦手なメンズの方におすすめです。

ドレスとカジュアルの中間くらいのテイストですので、コーディネートに難なく溶け込む万能な革サンダルです。

おすすめメンズ革サンダル PARABOOT

デッキシューズで有名なブランド「PARABOOT(パラブーツ)」。

中でもグルカサンダルの「PACIFIC(パシフィック)」が、おすすめ革サンダルです。

革靴のイメージが強いブランドですが、サンダルの歴史も古いことは知る人ぞ知る話です。

デッキシューズにも採用されているブランドオリジナルのアウトソールは、グリップ性とクッション性が高いため、長時間履いても疲れにくくおすすめです。

同ブランドの革サンダルは街中でも見る機会が少ないので、他の人と差をつけたい大人メンズに最適な革サンダルです。

素足で履くことは勿論ですが、ソックスのカラーやデザインを革の隙間から見せる様なコーディネートも楽しめます。

おすすめメンズ革サンダル VISVIM

東京を代表するシューズブランド「VISVIM(ビズビム)」。

中でも同ブランドのハイエンドラインから展開している革サンダル「HANA SANDAL-FOLK(ハナ・サンダル・フォルク)」がおすすめです。

ホーウィン社の植物なめし革を贅沢にも採用することで、革の毛穴が生かされ透湿性が高まる仕様です。

ミッドソールには天然コルク、アウトソールには革張りとラバーのコンビ素材といった様に、随所にもこだわる大人メンズにおすすめです。

鼻緒に付いたブランドタグが、ワントーンの中にポイント効果として存在感が高まります。

最初は少し固めな印象の履き心地かもしれませんが、天然コルクとレザーが足型に沈み込み、履いている本人専用の足型が形成されるので長く履いて愛着が湧いてくる革サンダルです。

おすすめメンズ革サンダル GUCCI

イタリアの有名メゾンブランド「GUCCI(グッチ)」。

中でも「WEB&LEATHER THONGS SANDAL(ウェブ&レザー・トング・サンダル)」が、おすすめ革サンダルです。

ブランドのアイコンカラーをストラップに用い、ファッションのアクセントに最適な革サンダルです。

ラバーソールでクッション性能を高めつつ、フットベットの光沢感は高級感があり見事な融合を果たしています。

同色の型押しブランドロゴも鼻緒の中心にあり、ロゴ好きメンズにはニクい演出となっています。

革サンダル先端の長さを伸ばすことで、つま先の前に余白が生まれ、履いた時のバランスを絶妙に計算した名作です。

おすすめメンズ革サンダル BOTTEGA VENETA

編み込んだ革製品が特徴的なブランド「BOTTEGA VENETA(ボッテガ・ヴェネタ)」。

中でもブランドアイコンの編み込みを採用した「ESPRESSO INTORECHATO CALF LAKE SANDALS(エスプレッソ・イントレチャート・カーフ・レイク・サンダル)」がおすすめ革サンダルです。

イタリアの熟練職人が手作業で編み込むため、驚くほどに頑丈な革サンダルに仕上がります。

メゾンブランドらしく、フットベットにはレザーを用いることで、高級感と履き心地の良さを両立しています。

落ち着いた配色を嫌いなメンズは少なく、長く愛用できる革サンダルです。

他のカラーは赤や白があり、同ブランドらしい挑戦的な姿勢も忘れていません。

大人メンズこそ上質な革サンダル

簡単に済ませればチープなサンダルでも足の汚れは気になりませんが、せっかく履くなら上質な革サンダルで大人メンズの格を上げれば自ずと自信に繋がります。

特にメンズファッションは、暑い時期は重ね着といったコーディネートがしにくく、シンプルな着こなしが増える分、革サンダルを用いることでトータルファッションのおしゃれ度が高まります。

シーンに合わせて好みのブランドや革サンダルを選んでください。

スポンサーリンク