世界のセレブはなぜエドワードグリーンを選ぶのか?おすすめの逸品 人気best8!

ファッション

高級英国靴と言えば、ジョンロブまたはエドワードグリーンを思いうかべる方が多いのではないでしょうか。

いずれ劣らぬ名品を残すブランドで、高いクオリティや持ち合わせる佇まいが物欲を刺激してくれます。と言っても即断するにはなかなかの価格、じっくり吟味して納得のパートナーを探しましょう。

靴選びで最も大切なのはフィット感でしょう。長い時間着用するので、履いていることを忘れるとまでは言いませんが快適である必要があります。

その前提となるのがブランドが持つ木型です。ですからエドワードグリーンのフィット感が馴染むという方は、次の候補も同じブランドからとなっていきます。気が付けば・・・という状態です。

英国高級靴の双璧をなすエドワードグリーンですが、事業という点では大きな試練の時代がありました。ブランドの財産ともいえる木型を手放す経験も。

その建て直し、現在に受け継がれた木型や事業の基盤を作ったのはイタリアのシューズデザイナーでした。そして今のステイタスにつながる新たな木型作り、スタイリッシュなデザインを与えてくれたのは若いシューズデザイナーです。

彼らにつながるエドワードグリーンの経緯を追いながら、ジョンロブとは違う色香溢れるモデルを紹介します。

スポンサーリンク

エドワードグリーンとは?

はじめにエドワードグリーンについてご紹介します。

エドワードグリーンの歴史

1890年創業、英国靴の聖地ノーザンプトンで紳士用の靴を作る小さな工房が始まりです。紆余曲折を経て130年ほどの歴史が刻まれた老舗ブランドです。

「できる限りの上質を求める」というポリシーに従い、丁寧なもの作りを続けるうちに履き心地の良さが評判となります。その評判は広がり「英国でも稀代の才能」という名声を得るまでになります。

しかし、大戦後1950年代以降は産業構造が大きく変わり、良質なものでも売れない時代に直面、エドワードグリーンにも変革が求められます。1979年アメリカ企業に売却されると、倒産寸前まで追い込まれていきます。

窮地に至ったエドワードグリーンを救ったのは、イタリアのシューズデザイナー、ジョン・フルスティック氏でした。彼は、時流に影響されない強い事業基盤を作ることに取りかかります。

創業のポリシーである「できる限りの上質を求める」に立ち戻り、クオリティーの追求と履き心地の良さを追求しました。

ラルフローレンやブルックスブラザーズなど有名ブランドの靴のOEM生産を請け負うなど経営的な手腕も見事です。

現代のエドワードグリーンの基盤を築き上げたのはジョン・フルスティック氏と言ってもいいでしょう。

しかし試練は続きます。提携を予定していたエルメスとの交渉がうまく進まず、会社や工場、木型などの財産も失う事になってしまいます。

そうした逆境に立ちむかったのはベテラン職人たちでした。新たな工業を作り、木型などの新たな財産づくりに着手し始めます。

2004年からはトニー・ガジアーノがデザイナーに就任すると、伝統あるモデルを基本としながら新鮮な味わいの作品が大きな話題になりました。

エドワードグリーンの魅力

エドワードグリーンのシルエットを総括すると『曲線の美しさ』ではないかと感じます。一方ジョンロブは直線的でシャープなシルエットが魅力。そしてどちらも美しい。

エドワードグリーンの曲線美は、女性のプロポーションにも通ずるものがあります。特に古いモデルにその傾向が見られます。

ガジアーノ氏が就任後、木型の見直しなどはありましたが、そうした特徴は程よく残されています。それは先人たちへのリスペクトなのでしょう。

クラシックでありながら、現代の空気も深く呼吸するエドワードグリーン。代表的なモデル、気になるモデルを厳選しました。

エドワードグリーン おすすめの逸品1. DOVER

Doverは、ドレス、カジュアル問わず合わせやすいブランドでも1、2を争う人気のモデルです。まずはこのモデルから始めましょう。

特徴的なUチップのステッチは「スキンステッチ」と呼ばれ、良い革でなければ裂けてしまいます。熟練の技が必要とされます。

色や素材別に6パターン展開。カジュアル向けにスエードも一足追加で大人買い。

エドワードグリーン おすすめの逸品2. CHELSEA

最も愛されているストレートチップ『CHELSEA(チェルシー)』は、スーツスタイルとの相性が良く、あらゆるビジネスシーンで足元を引きしめます。

画像からも丁寧な作り込みが分かると思います。アイレット横のスワンネックやダブルステッチはため息級の美しさです。

ビジネス向けを想定してクッション性に富んだレザーソールを採用、長時間の移動も苦になりません。長く、大切に履きたい、頼りがいのある一足です。

エドワードグリーン おすすめの逸品3. BERKELEY

こちらは、ヨーロッパで展開する限定モデル。ごくシンプルなキャップトゥ(ストレート地チップ)ですが、クラシック感があふれています。

アイレット横にはスワンネックの飾りステッチが見えます、キャップトゥ付近にはメダリオンが刻まれ静かに主張する佇まいが老舗ブランドならではの奥行きを感じさせてくれます。

ネイビーやチャコールのスーツには黒、ライトグレイやコットンスーツならブラウン。物欲が止まらない。

エドワードグリーン おすすめの逸品4. WESTMINSTER

ダブルモンクウストラップはノーズが長く見えるので、パンツ丈をノークッションで仕上げると足長効果があります。

さらに2つのバックルが男らしいアクセントになり、スタイリッシュで色気のある表情が加わります。

スーツスタイル、ジャケパンスタイルなら黒かブラウンで。デニムなどカジュアルに使いたいならブラウンスエードも用意しております。

スポンサーリンク
ファッション
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび