おすすめレザースニーカー8選!大人の夏カジュアルは涼しくかっこよく!

ファッション

レザーというと秋から冬にかけてのアイテムと思ってる人が多いのではないのでしょうか。

ファッションリーダーと呼ばれる人は夏、Tシャツの上に革ジャンをさりげなく涼しげな顔で羽織るのでとても大人っぽく粋です。

今年の夏、かっこよく足元が決まるおすすめのレザーシューズをご紹介します!

スポンサーリンク

夏のおすすめレザースニーカー1. カーシューのアルファロメオ

最近、ミラノのお洒落な男性はカーシューのモカシンを素足で履いています。

カーシューは、現在プラダグルーブの傘下にあり、ブランドの名前から解るようにドライビングシューズをメインアイテムとしたイタリアの靴メーカーです。

1963年、モタースポーツを愛する靴職人ジャンニ・モスティレが、車をより快適に運転するために、小さなラバースタッドをソールに埋め込見ました。

このラバースタッドのモカシンシューズが世界的に大ヒットとなりカーシューは一躍有名になりました。

カーシューの凄いところは最高級の革を使用していること、さらに1足1足、昔ながらの手縫いで仕上げているということです。

今回紹介するレザースニカーはアルファロメオをモチーフとしたモデルで、柔らかい上質の黒レザーが足をしっかりとホールドします。

またアクセントとして入れられた赤のラインがとてもお洒落でイタリアデザインならではです。

モカシンと同じように、ソールから踵にかけスタッドが施されています。

夏のおすすめレザースニーカー2. マテスのミカ(Mica)

マテスはスペインで1947年フランシス・マテス氏によって創業されました。

陸上競技において良い記録を出すには足にぴったりとフィットするシューズが不可欠と考えた当時17歳のマテスは自らデザインした短距離用のスパイクを発表しました。

その後、陸上競技を中心としたシューズを次々に発表し、スペインの陸上界に止まらず、様々なスポーツ業界に認められるメーカーになりました。

創業当初から一貫してまず木型を作り、その木型から型をとりレザーをカットし縫合する過程まで全て手作りという手間のかけ方とこだわりが凄いです。

履き口の柔らかさは熟練の職人による手作りだからこそなせる技でちょっと個性的なブランドをお探しであればこのマテスのMicaがおすすめです。

夏のおすすめレザースニーカー3. アディダスのスタン・スミス(Stan Smith)

アディダスの名レザースニーカーといえば1970年代に登場したバスケットシューズの「スーパースター」とテニスシューズの「スタンスミス」。

この名作が80年代後半になってストリート系ヒップホップアーティストであるラン・ディーエムシーが愛用したことから、リバイバルブームが巻き起こりました。

その後、一旦マーケットから姿を消した名作達ですが、最近になってまたファッションリーダーの中で白いレザースニーカーのブームが再来し、スーパースターもスタン・スミスも復刻されました。

スタン・スミスはもっとも売れたスニーカーとしてギネス記録も持っており、デザインはシンプルですがいかに世界中の人に人気があるモデルかがわかります。

スタン・スミスには様々なカラーバリエーションがありますが、夏は断然ブルーがおすすめです。

シュータンにはテニスの往年プレーヤーであるスタン・スミスの似顔絵とサインが施されており、このモデルを一目で判別できる嬉しいアイコンです。

夏のおすすめレザースニーカー4. ディーゼル S-NENTISH LOW

ディーゼルは1978年にレンツォ・ロッソが創業したジーンズを主力とするイタリアの人気アパレルブランです。

今回ご紹介するレザースニーカー S-NENTISH LOW はファッション性が高く、ご覧いただけばお判りのように、サイドからなんとソールにを通り、また反対側のサイドにまでグルリと回されたジップです。

サイドにジップを施したシューズは沢山ありますが、ソールまで回すという発想がさすがファッションにこだわりを持つ若い層に絶大な人気を持つディーゼルならではです。

また、上質で光沢のあるレザーを使っているので、スポーツスニーカーというより、洗練されたファッションアイテムとして、あらゆるコーデにマッチさせることが出来おすすめです。

黒のレザースニーカーはどうしても重厚で無難に思われがちですが、このディーゼルのS-NENTISH LOWは足元へ注目が集まること間違い無しです。

夏のおすすめレザースニーカー5. ディアドラのヘリテージ B.ELITE ITA DESIGN

1993年度のFIFA世界年間最優秀選手に選ばれたイタリアのサッカープロリーグセリエAのロベルト・バッジオがデビューから引退まで愛用したサッカーシューズとして、ディアドラといえばイタリアの「サッカーシューズ」のイメージをもたれている方が多いと思いますが、元々は登山靴メーカーです。

現在ではシューズだけにとどまらず、あらゆるスポーツジャンルのアイテムを展開しています。

ディアドラ・ヘリテージシリーズは、70年代から90年代にディアドラと契約をした選手が着用したモデルを今風にリバイバルさせたものです。

ストーンウォッシュ、ダメージ、ヴィンテージ風といった加工技術を使って、クラシカルだけどモダンというカテゴリーを確立しました。

今回紹介するヘリテージは公式オンラインストア限定販売のレザースニーカーB.ELITE ITA DESIGNです。

上質な革を採用したMADE IN ITALY のレザースニーカー、おしゃれな大人の男におすすめです。

色は白をベースにした写真のタイプ以外に黒をベースにしたよりファッション性の高いモデルもあります。

夏のおすすめレザースニーカー6. カンペールのビートル

カンペールは、スペインのマヨルカ島発祥の親子4代に引き継がれるシューズブランドです。

カンペールの最大の特徴である独特の丸みを帯びたフォルムは年齢性別問わず、世界中で人気です。

また、リピーターが多いことから、デザインだけでなく優れた品質であることも証明されています。

スニーカーでありながら、どことなくラグジュアリー、革靴でありながら足にフィットし歩きやすく疲れないというのがおすすめです。
また裏地にはメッシュ素材を採用しているので、レザーシューズでありながら通気性がよく快適です。
シューレースにはゴム紐が使われているので、紐を結んだまま脱ぎ履き出来るというのも嬉しいポイントです。

夏のおすすめレザースニーカー7. ニューバランスのM576 GRS

ニューバランスは1906年にボストンで創業しました。創業時は矯正用インソールを製造していたことから、足に合う靴に関しては100年以上もの歴史を持っています。

1972年に、ジェームス・デービス氏が当時まだまだ小さかった会社を買取り、より優れたランニングシューズを開発するために、自ら走って、「インステップレーシング」という独自のコンセプトを確立することに成功し、多くのランナーから信頼を得ました。

ニューバランスは普通のスニーカーよりちょっとポッチャリした印象がありますが、それは全て足のことを最重要に考えた結果です。このポッチャリとした外観が逆にニューバランスを象徴する形であり、今ではこのフォルムが逆に可愛らしいとして、世界中に根強いファンがいます。

4大コレクションが開催されるニューヨーク、ロンドン、パリ、ミラノの都市では圧倒的にニューバランスの人気が高く、履き心地とファッショナブルの両方の点においてニューバランスはおすすめです。

今回紹介します、M576 GRSは英国性でM576シリーズの中でも一目で質感、スタイルの違いが分かるので高いですが、おすすめのレザースニーカーです。

夏のおすすめレザースニーカー8. オニツカ タイガー メキシコ66

オニツカタイガーは、1949年にスポーツシューズブランドとして誕生した日本のメーカーです。
2002年にはシューズメーカーから、トータルスポーツファッションブランドとして大きな転身を遂げました。それによりスポーツユースからタウンユースに重点をおき、よりファッショナブルにより洗練されたデザインに生まれ変わりました。

MEXICO 66というレザースニカーは、1966年に開催されたメキシコ大会に向けて開発されたシューズを2015年に少しだけデザイン変更を加えて発売されたモデルです。

中でもMEXICO 66の限定モデルはスニーカーヘッドの間でもとても人気なので、限定モデルはおすすめです。

大人レザースニーカーは上質な素材とシンプルなデザインがおすすめ

大人のレザースニーカーは、奇抜なデザインやカラーリングで選ぶのではなく、やはり上質な革を使用した品質で選ぶのが断然おすすめです。

また、色々とコーデしやすいように、デザインも出来るだけシンプルなものがおすすめです。