大人の手土産8選!いざというときに選びたい逸品はこれ!

ライフスタイル

手土産が必要な時、何を選べばよいのか悩んでしまいませんか?常に買っているようなものではないので、情報も少ないのが普通でしょう。

今回は、いざというときに選びたいおすすめの手土産をご紹介します。東京のなるべく中心部にある人気の店で、その店でしか買えない価値のある逸品を厳選します。

ジャンルも和菓子から洋菓子、惣菜、食事ものまで広げてみました。どれもが喜ばれること請け合いの大人の手土産です。

スポンサーリンク

大人の手土産おすすめ1.ゆしま花月 「かりんとう」

大人の手土産、最初のおすすめとしてご紹介するのは、ゆしま花月の「かりんとう」です。ゆしま花月は、地下鉄銀座線の上野広小路と千代田線の湯島駅の間くらいにある小さな店舗ですが、ここの「かりんとう」(540円税込~)は、手土産として大人気の逸品です。

「ゆしま花月」は戦後間もなくの昭和22年に駄菓子屋から始まり、その後、花柳界であった湯島の手土産として人気を集める「かりんとう」を販売しました。

小麦粉にイーストを練り込み、成形した後に3つの異なる温度の釜で「3度揚げ」をするのが、この「かりんとう」の心地よい食感の秘密です。さらに、煮詰まる寸前で火止めする「あめ」がまるでガラスのように周りを包みます。

ゆしま花月は、最近ではオンラインショップを開設したり、銀座に新ブランド店を出していますが、本店は昔のまま作業場を兼ねた販売店舗で、数人入れば満員という小さな店です。

ゆしま花月の「かりんとう」は、包装紙や缶のデザインも「和の風情」を感じさせてくれます。まさに、おしゃれな大人の手土産といえるでしょう。