北海道 移住するならこの町!おすすめbest10!

ライフスタイル

観光地として人気の北海道。その北海道の大自然に囲まれて暮らす生活に憧れて移住してくる人も多くいます。しかし実際には、冬の寒さや雪、そして交通の便の悪さなど課題もたくさんあります。

今回は、北海道への移住を考えている人に道産子がおすすめする「移住するならこの町」をご紹介します。

スポンサーリンク

札幌市

都会から北海道に移住する人にとって最も住みやすい街は、北海道の中心で道庁所在地で人口196満人の大都市「札幌市」です。

札幌の札幌駅周辺には大丸や三越、東急などの百貨店が並び、駅から続く地下街や地下歩行空間を通り、雨や雪に濡れることなく買い物をすることができます。また市内のあちこちには大型のショッピングセンターもあります。

交通面では、地下鉄や市電、バス、JRのルートが市内に張り巡らされていて車がなくても不自由なく生活できます。

また、多くの大学や専門学校、高校があり教育面でも充実した環境です。北海道の空の玄関口である新千歳空港までJRで最速37分で到着でき、道外への移動にも便利です。

また位置的にも北海道の中心に近いため、道内のどこに移動するにもアクセスが容易です。

■詳細情報

旭川市

旭山動物園で観光客に人気の「旭川市」は北海道第2の都市です。

明治34(1901)年には陸軍第七師団が置かれ軍都として発展し、旭川のシンボルである「旭橋」や、現在は市立郷土博物館として保存活用されている「旭川偕行社」など歴史的な建造物が作られ、今も残されています。

「旭川市」には、旭川医科大学病院や市立旭川病院、旭川厚生病院、旭川赤十字病院の4つ大きな病院の他にも多くの病院があり医療が充実しています。

位置的には北海道のほぼ中央に位置するため、古くから札幌、稚内、北見網走、帯広への交通や流通の拠点となっています。

道北の空の玄関口である旭川空港は、就航率99.1%を誇り、冬の雪でもほとんど欠航することがなく、東京羽田まで1時間45分とビジネスにも観光にも安心して使うことができます。

宝島出版社の「田舎暮らしの本」で企画された「第6回日本住みたい田舎ベストランキング」では、「旭川市」が総合、若者世代、シニア世代の各部門で北海道エリアの第1位に選ばれています。

■詳細情報

東川町

北海道第2の都市旭川市に隣接する「東川町」は、移住に対する積極的な支援を展開して、少子化で北海道の各町が人口が減る中、2016年の国勢調査では道内の人口増加率で2位になっています。

「東川町」は、水道普及率が道内最低の2.2%の町です。それは、北海道最高峰「旭岳」からの雪解け水が地下に流れ、美味しい地下水を水道料金を気にすることなく使えます。

その美味しい地下水を使った移住してきた人たちが開くお洒落なカフェが「東川町」にはたくさんあり観光客に人気です。

移住に力を入れている「東川町」では、新たに転入された世帯に東川町での暮らしの応援と歓迎の意味を込めて東川町産のお米「ほしのゆめ」5㎏をプレゼントする「WELCOME(ウエルコメ)事業」や、新たに住宅を建築された方に新築を記念して苗木をプレゼントする「新築苗木プレゼント事業」など面白い取り組みを行っています。

■詳細情報

函館市

北海道に移住してくる人にとって最大の問題は、冬の寒さと雪です。

札幌市、旭川市に次いで北海道で3番目に人口が多い街の「函館市」は、道南に位置し三方を津軽海峡、太平洋、内浦湾の3つの海に囲まれているため、北海道の中では比較的降雪が少なく、温暖な気候で住みやすい街です。

「函館市」には、函館空港があり羽田、成田、名古屋、大阪の他、札幌丘珠空港や奥尻島にも定期便が飛んでいます。また、平成28(2016)年には、北海道新幹線の新青森ー新函館北斗間が開業して、本州とのアクセスがより便利になりました。

函館は、日本で最初に自由貿易港として開港し諸外国の文化を取り入れたため、異国情緒あふれる街並みが広がり、周りには美しく豊かない自然に囲まれた街です。

函館市では移住相談窓口として「移住サポートセンター」を開設して、移住を検討している人からの相談や移住後の暮らしのサポートまで行っています。

■詳細情報

千歳市

北海道の空の玄関口である新千歳空港のある「千歳市」は、平成27年国勢調査速報では、前回の平成22年に比べ人口が2,044人増えて、北海道では最も人口が伸びた街です。

また、北海道の中で平均年齢が一番若い街でもあり、子育て世代が多いことから出産や育児に対する支援が厚く「子育てするなら千歳市」と言われています。

「千歳市」の西側には支笏洞爺国立公園の支笏湖まで森が続き、この森の中を流れる「内別川」の「ナイベツ川湧水」は名水百選に選ばれています。

市内を流れる「千歳川」には、鮭が遡上するなど「千歳市」は自然が豊かな暮らしやすい街です。

「千歳市」には、新千歳空港があり道外はもちろん海外にも定期便が飛びアクセスがとても良い街です。北海道の中心地である札幌市へもJRで40分程で行け、買物などにも便利です。

■詳細情報

帯広市

「帯広市」は、北海道の十勝平野の中心に位置しています。日本の食糧供給基地である十勝では酪農や畜産、小麦や豆類、てん菜、馬鈴薯などの畑作が盛んで、美味しいものがたくさんあります。特に、豚丼は全国的にも有名です。

「帯広市」の気候は、降水量が少なくて、年間の晴天日数は全国でも有数の地域で「とかち晴れ」という言葉があるぐらいです。市街地から車を15分も走らせると十勝平野の広大な田園風景が広がります。

「とかち帯広空港」までは市街地から車で30分程、羽田空港まで1日7往復運行されていて東京へのアクセスが便利です。また、車では道東自動車道と道央自動車道を使い約3時間で札幌に向かうことができます。

「帯広市」では、民間事業者と連携して、移住を考えている方へ短期間の「ちょっと暮らし体験」を行っていて指定されたホテルやユースホステル、コンドミニアムに割安の価格で宿泊することができます。移住を検討されている方は、観光気分で利用してみてはいかがでしょうか。

■詳細情報

苫小牧市

「苫小牧市」は、北海道の中央部、太平洋に面する場所に位置しています。気候は年間を通じて穏やかで、夏の平均気温は21度前後と涼しく、冬は晴れる日が多く北海道では最も降雪量が少なく、とても暮らしやすい地域です。

「苫小牧市」には、北海道の海の玄関である国際拠点港湾「苫小牧港」があり、フェリーターミナルからは八戸、仙台、大洗、名古屋に定期便が就航しています。

また北海道の空の玄関である「新千歳空港」までは車で約40分で全国各地へのアクセスが容易になっています。

「苫小牧市」の周辺には、ラムサール条約に指定された日本を代表する渡り鳥の飛来地「ウトナイ湖」や溶岩ドームをもつ樽前山など豊かな自然があり、北海道の自然にあこがれる人にはおすすめの移住エリアです。

■詳細情報

室蘭

北海道の南西部に位置する「室蘭市」は、北海道を代表する工業都市として栄えてきました。

新日鐵住金や日本製鋼所があり「鉄のまち室蘭」と言われています。気候は夏は涼しく、冬は北海道の中では暖かい地域で暮らしやすい環境です。

「室蘭市」には、3つの総合病院があり、その総合病院間や診療所とも連携を取っているので安心して医療を受けることができます。

また、全ての小学校に「スクール児童館」や「児童クラブ」「児童センター」のいづれかが開設させていて、放課後の児童の居場所が提供され子育て支援が行われています。

最近は「工場夜景」が人気となり、ものづくりの町「室蘭市」は全国的にも注目を浴びています。

平成25(2013)年には日本夜景遺産に登録されたJXエネルギー室蘭製造所の工場群や
白鳥大橋の明るく輝く夜景は、ナイトクルージングが組まれるほど人気です。

■詳細情報

釧路市

北海道の東部、太平洋沿岸に位置する「釧路市」は、道東の経済の中心地で人口が約17万人とちょうど住みやすい大きさの街です。

真夏でも最高気温は25℃を超えることはほどんどなくエアコンなしでも快適に過ごすことができます。「釧路市」は霧の街と言われますが、冬には晴天の日が続き積雪も多くありません。

釧路市内から約20㎞の「たんちょう釧路空港」からは、東京羽田空港、新千歳空港、札幌丘珠空港へと飛行機が飛んでいて、国際空港の新千歳空港を経由して日本全国や海外にもアクセスすることができます。

「釧路市」には、日本有数の水揚げ高を誇る「釧路港」があり、釧路市民の台所でもあり人気の観光スポットでもある「和商市場」などで新鮮で安い魚介を購入することができます。

また「釧路湿原」など手つかずの大自然が残されており、釧路川でのカヌーツーリングなど様々なアウトドアのアクティビティが楽しめます。

■詳細情報

伊達市

「伊達市」の中心部は噴火湾に面し、1年を通じて温暖な気候で「北の湘南」と呼ばれています。「伊達市」の北側には有珠山、南側には穏やかな内浦湾があり農業と漁業が主な産業の自然豊かな街です。

「伊達市」の人口は3万5,000人弱で、街には必要な施設がコンパクトにまとまって都会と田舎の間ぐらいの規模で、移住するにはおすすめの街の規模です。

「伊達市」は介護や福祉施設が充実していて、市民も障がいのある人や高齢者に対する理解が厚く共に支えあって暮らしています。

北海道の中心都市「札幌市」までは、道央自動車道を車で走り約90分の距離です。「伊達市」内陸部の大滝区には「北湯沢温泉」があり、自然に囲まれた温泉でゆっくりとした時間を過ごすことができます。

■詳細情報

冬の北海道の暮らしも楽しんで貴方も道民の仲間入り

いかがでしたか?今回は「北海道に移住するならこの町」で、10の市や町をご紹介しました。

北海道は、実際に住むと冬の寒さや雪は厳しいですし、車がないと生活できないぐらい交通の便もよくありません。しかし、それでも豊かな自然や美味しい食べ物など魅力がいっぱいです。

北海道への移住を考えている方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
ライフスタイル
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび