男がはまるシングルモルト・ウイスキーの魅力!おすすめ8銘柄はコレ!

グルメ

大麦麦芽のみを使ったモルト・ウイスキーの、単一蒸留所の原酒で造られたものが「シングルモルト・ウイスキー」です。それぞれの蒸留所の気候や土、水などの風土がその味わいの違いに出る、大人向けの「男がはまる」ウイスキーです。

ここでは、そんなシングルモルト・ウイスキーのおすすめ銘柄を厳選してご紹介します。

スポンサーリンク

シングルモルト・ウイスキーおすすめ1.ザ・マッカラン

英国の誇るハロッズの「ウイスキー読本」で、「シングルモルトのロールスロイス」と称されたシングルモルト・ウイスキーの頂点にある銘柄が「ザ・マッカラン」です。

マッカラン専用に作られた「麦芽」に、マッカラン蒸留所の近隣にある湧水を使い、他にはイースト菌のみ。さらに、「ファイネストカット」と呼ばれる蒸留液の中間部分しか使わないというこだわりが、ザ・マッカランの伝統であり、約束された品質であるといえます。

そしてザ・マッカランのこだわりの最たるものが、「樽」です。自社で管理する森林でオーク樽の原料を栽培し、伐採の後1年間天日で乾燥、樽に加工した後に専用のシェリー酒を詰めて3年間熟成。この長いプロセスを経て、はじめて「ザ・マッカランの樽」が完成します。

このような徹底したこだわりによって作られた「ザ・マッカラン」のシングルモルト・ウイスキーは、赤みのある強い琥珀色に輝き、鮮やかな芳香を放ちます。

これはまさにシェリーがたっぷりしみ込んだザ・マッカランの樽であればこそのものといえます。

シングルモルト・ウイスキーおすすめ2.グレンリべット

1824年に、英国政府公認第一号の蒸留所として認められた「グレンリベット蒸留所」が造るシングルモルト・ウイスキーが、「グレンリベット」です。

シングルモルト・ウイスキーとして人気の銘柄で、近年では「グレンフィディック」に売上げで追いついて「売上げ世界一のシングルモルト・ウイスキー」とされています。

主にヨーロピアンオークとアメリカンオークによる樽で熟成され、3分の1はシェリー樽で熟成された原酒を使用しています。

完成したグレンリベットは美しく輝く琥珀色で、花の香りを思わせ深みのある味わいに仕上がります。フルーティーさとウッディーな味わいのバランスが秀逸です。

グレンリベットはシングルモルト・ウイスキーの中ではとても飲みやすく、その入門酒に最適のおすすめ銘柄といえるでしょう。

シングルモルト・ウイスキーおすすめ3.グレンフィディック

人気のシングルモルト・ウイスキー「ザ・マッカラン」や「グレンリベット」などと共にスコッチウイスキーの最大の生産地「スペイサイド」を代表する銘柄が「グレンフィディック」です。

グレンフィディックは、1963年にそれまで(ブレンデッド)ウイスキーの原酒として使われていたシングルモルトを初めて市場に出したことにより、その名はスペイサイドに留まらず世界的な人気を得て、「世界一の売上げを誇るシングルモルト・ウイスキー」の座を獲得しました。

2015年には「グレンリベット」に世界一の売上げの座を奪われましたが、その後もシングルモルト・ウイスキーの2トップとして相変わらずの人気を誇っています。

グレンフィディックはフルーツや蜜の香りと甘みを感じさせる、とても飲みやすいシングルモルト・ウイスキーです。それが大人気の理由でもあるのでしょう。

シングルモルト・ウイスキーおすすめ4.グレングラント

「グレングラント」は近年人気急上昇の銘柄で、2017年の「ウイスキーバイブル」で「ベストシングルモルトスコッチ」に選ばれたほどの高評価を得ています。

スコッチの聖地と呼ばれる「スペイサイド」の天然湧水を使い、「精溜器」によるフルーティさと甘みを引き出す造りがグレングラントの特徴です。

スコットランド以外で初めて売られたシングルモルト・ウイスキーとしても知られ、イタリアでは断トツのナンバーワンブランドになっているほどです。

グレングラントの飲み口は、シングルモルト・ウイスキーの中でも軽くフルーティなもので、とても親しみやすいものです。

シングルモルト・ウイスキーを軽く一杯、そのリラックス効果を期待するにはとてもおすすめの銘柄といえるでしょう。

グルメお取り寄せ
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび