北海道はチーズ天国!お取り寄せも出来る本場の人気チーズ厳選8!

お取り寄せ

北海道と言えば、広い広い牧場をイメージする人も多いのではないでしょうか。酪農王国と言われる北海道では、その広い牧場でのびのび育った牛から絞られる新鮮な生乳を使った美味しい乳製品がたくさん作られています。

また、道内各地には個性的なチーズを作る小さなチーズ工房がいくつもあり全国にチーズ好きの人達から注目を集めています。

今回は、お取り寄せもできる北海道の人気のチーズ工房を8つご紹介します。

スポンサーリンク

北海道の人気チーズお取り寄せ1. 共働学舎新得農場

JR新得駅から車で約5分。「牛乳山」と呼ばれる山の麓に「共働学舎新得農場」があります。

共働学舎は、心や体に悩みを抱え社会に居場所を見つけられない人が共同生活をしてものづくりをする取り組みとして1974年に始まり、ここ新得農場は1978年にかつて町営の牧場だった場所に農場を開いたのがスタートです。

十勝平野を見下ろす「共働学舎新得農場」の牧場の牛たちは、夏の放牧中は新鮮な青草を食べのびのびと暮らし、冬には干草や粗飼料や野菜を餌にしています。

餌の違いによる季節の牛乳の変化を職人たちが見極め、「共働学舎新得農場」ではミルク本来の旨みを持つ上質なチーズを作っています。

「共働学舎新得農場」では、長期熟成したハード系のチーズや白カビ系、クリームチーズ、フレッシュチーズなどさまざまなチーズをつくっています。

その高い品質と美味しさはヨーロッパで数々の賞に輝き国際的に高い評価を得ています。中でも季節限定で販売される「さくら」は、口の中にほんのりと桜の香りが広がりきめ細やかな味わいで、国際的なチーズ品評会である「山のチーズオリンピック」で金賞を受賞しました。

2008年の洞爺湖サミットの晩餐会でも出され、各国首脳から絶賛されたそうです。

■詳細情報

北海道の人気チーズお取り寄せ2. チーズ工房アドナイ

オホーツク海に面した酪農の町、興部町にある「チーズ工房アドナイ」。

興部町にはノースプレインファームや富田ファームなど新鮮な牛乳を使った美味しいチーズを作る工房がいくつもありますが、「チーズ工房アドナイ」はまだナチュラルチーズが馴染みの薄いころから個性的なチーズをチーズを作ってきた工房です。

もともと千葉県の乳業メーカーでチーズの製造や開発に関わっていた工房主の堤田さんは、「ヨーロッパの農家が作るチーズ」をコンセプトに興部町の新鮮な牛乳を使った質の高いチーズを作り続けています。

本場ヨーロッパのチーズは、町や作る家ごとにその味が違うと言われています。「チーズ工房アドナイ」のチーズは、原料となる生乳を興部町内の信頼のおける農家さんから仕入れ、興部町だからこそできる味のチーズで全国に多くにファンを持っています。

「チーズ工房アドナイ」のおすすめは、「スカモルツァ・スモーク」です。

「スカモルツァ・スモーク」とは、イタリア南部で、モッツアレラとともに作られるひもでくくって吊り下げられて熟成させる洋ナシのような形が特徴のチーズで、一般的にスモークされモッツァレラチーズより弾力があるチーズです。焼くことで最高に美味しくなります。

■詳細情報

北海道の人気チーズお取り寄せ3. ノースプレインファーム

「ノースプレインファーム」は、生キャラメルで全国的に人気になった興部町で乳製品の加工や販売を手掛ける会社です。

牛乳、チーズ、バター、ヨーグルトなどの乳製品を始め、ソーセージやベーコンを作っています。また牧場には、直売所兼レストランの「ミルクホール」、旭川市にもレストラン「エスペリオ」を展開しています。

「ノースプレインファーム」は、牛に食べさせる牧草を育てるのに化学肥料や農薬を使っていません。平成25年には、農林水産省のJAS規格草地として認定され「有機JAS認定」を取得しました。

その牧草を食べる牛から搾られる新鮮で安心安全な生乳を使って、「ノースプレインファーム」のチーズは作られています。

「ノースプレインファーム」でおすすめのチーズは、「有機JAS認証 おこっぺ有機モッツァレラチーズ」です。

搾りたての牛乳を使って、その日の内につくり上げるフレッシュなチーズで、クセがなく風味たっぷりのチーズです。そのままサラダに使うか、ピッツァに使ってもとても美味しいです。

■詳細情報

北海道の人気チーズお取り寄せ4. ニセコチーズ工房

「ニセコチーズ工房」は、豊かな自然に囲まれたニセコ町で親子二人で営んでいる小さなチーズ工房で、羊蹄山の麓でのびのび健康に育った牛から搾った新鮮な牛乳とニセコの新鮮な水を使ってチーズを作っています。

チーズ工房にはCafeも併設されていて、晴れた日には羊蹄山やニセコ東山、アンヌプリを眺めながらチーズの風味がたまらない「カマンベールソフトクリーム」を味わうことができます。

「ニセコチーズ工房」のオーナーは、50歳を過ぎてから27年間勤めていた会社を辞めてチーズ作りの道に入りました。

フランスのマミロール国立乳製品学校でチーズ作りの技術を習得し、プサンソン近郊の小規模チーズ工房でチーズづくりを学びました。現在は、親子でチーズを作り、2代目が開発したブルーチーズ二世古 空(ku:)は2013年ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテストで優秀賞を受賞しています。

「ニセコチーズ工房」のおすすめは、ALL JAPAN ナチュラルチーズコンテストで優秀賞を受章した「ブルーチーズ二世古 空(ku:)」です。

ブルーチーズですが、青カビの風味は強烈ではなく、味は素朴で穏やかで少し苦味があり、ナッツのような風味がします。食感はセミハードチーズのようにしっかりとしています。 ブルーチーズの中ではかなり食べやすく、日本人の口に合うブルーチーズです。

■詳細情報

北海道の人気チーズお取り寄せ5. さらべつチーズ工房

帯広市から車で約40分の更別村。この更別村の「野矢ファーム」は、高級ブランドの大根として主に関西方面に出荷されている「百姓物語」を作る大根農家です。

「野矢ファーム」の野矢敏章さんと息子さんの譲司さんが作るチーズは、JAL国際線のファーストクラス・エグゼクティブクラスで提供され、また2008年の洞爺湖サミットで各国首脳に振舞われたことで全国的に有名になりました。

親子二人がチーズを作る工房は「さらべつチーズ工房」では、十勝の更別村の新鮮な牛乳を使い、自家培養の乳酸菌で発酵し1年以上熟成させて風味やコクの深いチーズを作っています。

「さらべつチーズ工房」では、100年前のチーズ作りを基本に、機械は使わず、撹拌や肩入れなどの工程をすべて手作業で行いチーズと向き合って作っています。

「さらべつチーズ工房」の一番人気のあるチーズは、JAL国際線で提供されたハードタイプのゴーダチーズ「酪佳(らくか)」です。熟成期間が長い「酪佳」は、深い味と強めの香りが特徴です。薄くスライス食べるのがおすすめです。

■詳細情報

北海道の人気チーズお取り寄せ6. チーズ工房NEEDS

JR帯広駅から車で約40分の十勝の幕別町に「チーズ工房NEEDS」はあります。工房の周りには大きなかしわの木が囲み、緑豊かな環境の中、隣接する新田牧場の新鮮で良質な生乳を使ってチーズを作っています。

「チーズ工房NEEDS」は、2003年にチーズ作りを始め、最初はなかなかチーズの出来上がりが安定しませんでしたが、10年を越えるころから東京のレストランにも出荷する有名チーズ工房となりました。

「チーズ工房NEEDS」のチーズは、生乳の風味が生かされたモッツァレラチーズからカチョカバロまで豊富な種類が揃っています。人気の製品は「大地のほっぺ」。

滑らかな舌触りと、あっさりの中にも深いコクと風味が口の中いっぱいに広がります。カットしてそのまま食べるなら辛口の白ワインにぴったりです。また、加熱するとさらに美味しくなるので、ピッツァやグラタンがおすすめです。

また、さけるタイプ、真空タイプ、水入りタイプとあるモッツァレラチーズも人気で、サラダやトマトと合わせてカプレーゼが定番ですが、パスタやハンバーグに合わせても美味しくいただけます。

■詳細情報

北海道の人気チーズお取り寄せ7. 月のチーズ

四方を山に囲まれ、清流や渓谷の自然が美しい滝上町の「月のチーズ」は、日本でも数少ないのフレッシュクリームチーズが美味しいと人気のチーズ工房です。

工房代表の月村良崇さんはナチュラルチーズ輸入会社営業職からの転進し、2007年に「月にチーズ」をオープンしました。月村さんが目指すのは、パリジャンたちが毎日朝市で量り売りで買うフレッシュチーズの味。

「月のチーズ」で作られるフレッシュクリームチーズには、安定剤、防腐剤、着色料など一切使われていません。「月のチーズ」のフレッシュクリームチーズは、乳酸菌が生きているため時間や温度などによって味が変っていくのが特徴です。

作りたてのときは少し酸味が強いですが、時間とともにまろやかになり、こってり濃厚な味わいになります。乳酸菌が生きているのは本物である証拠。口当たりが軽く、口に入れるとスッと溶けていきます。

「月のチーズ」のフレッシュクリームチーズは、有名女性誌で「女子的視点から選んだおとりよせ大賞」で準グランプリを獲得しました。本物の味わいと無添加の安心、そしてデザインの可愛らしさが女性のハートをキャッチしたんですね。

「月のチーズ」は個性的な4種類のラインナップです。スタンダードな「プレーン」、程よいグリーンペーパーの辛さが楽しめる「グリーンペッパー」、中川町の行者ニンニクとハーブを混ぜ込んだ「ハーブ&ギョウジャニンニク」、月のチーズオリジナルのハスカップソースに、滝上町の甘さ控えめのはちみつを混ぜて仕上げた「ハスカップ&ハニー」です。

■詳細情報

北海道の人気チーズお取り寄せ8. 夢民舎はやきた

「夢民舎はやきた」のある早来町は、日本で初めてチーズ工場が出来た町として有名です。

雪印メグミルクと社名を変更した雪印乳業により昭和8(1933)年に日本初のチーズ専門の工場が建てられました。その後、工場が大樹町に移転して、早来町にもう一度チーズの灯をともしたいと作らてたのが「夢民舎はやきた」です。

早来町内の牧場から届けられる新鮮な生乳のみを使って作られる「夢民舎はやきた」のチーズは、日本人の好みに合うようクリーミーで風味が豊か。ワインはもちろん、日本酒や焼酎にも良く合います。

「夢民舎はやきた」のおすすめチーズは、「夢民舎はやきた」が初めて生産した地場産チーズ第1号の「カマンベールはやきた」です。クリーミーでまろやかな舌触りで、コクと風味が豊かなのが特徴です。

また、そのカマンベールをスモークした「スモークカマンベールチーズ」も、チーズ本来の風味に加え燻製の香ばしさが加わった人気の商品です。

■詳細情報

酪農王国北海道の本物のチーズをお取り寄せで食べてみてください

いかがでしたか?今回は、お取り寄せもできる北海道の人気チーズ工房を8つ厳選してご紹介しました。

それぞれ地元の牧場からの新鮮な生乳を使って個性的なチーズを作っているこだわりのチーズ工房です。是非、お取り寄せして北海道の広い牧場をイメージしながら食べてくださいね。

スポンサーリンク