北海道の物産!贅沢お取り寄せグルメ厳選10

お取り寄せ

美味しいグルメが揃う北海道は、全国各地の物産展でもひっぱりだこ。北海道物産展では、人気のお店には長蛇の列ができるほどです。でも、北海道にわざわざ行かなくても、物産展に並ばなくてもお取り寄せなら、手軽に北海道のおいしいグルメを味わえます。

スポンサーリンク

北海道の物産 贅沢お取り寄せグルメ1. くにを鮭キムチ


北海道の物産 贅沢お取り寄せグルメ、最初にご紹介するのは「くにを鮭キムチ」です。「くにを鮭キムチ」はテレビでタレントの中居正広さんが大絶賛し注文が殺到。現在お取り寄せでも数か月待ちの人気商品「くにを鮭キムチ」。直接、製造している由仁町にまで「くにを鮭キムチ」を買い求めに行く人も多いですが、おひとり様1本限定、1日10~30本の販売と超入手困難な人気お取り寄せグルメです。

ゴロゴロと切られた鮭を贅沢にたっぷり使い、キムチに漬け込んだ「くにを鮭キムチ」は、鮭の脂の旨さに、野菜の甘さが加わり、そこにキムチ独特のピリっとした刺激が合わさって、ご飯のおともにもお酒のおつまみにもぴったりです。

原料には北海道産の野菜だけを使い、煮干しから取った出汁を加え、リンゴを使い甘みを加えて他では出せない深みのある旨さを出しています。

北海道の物産 贅沢お取り寄せグルメ2. 鮭ルイベ漬 佐藤水産


北海道の物産 贅沢お取り寄せグルメ、2番目にご紹介するのは「鮭ルイベ漬」です。各地で開催される北海道物産展でも人気のお取り寄せグルメが、佐藤水産の「鮭ルイベ漬」です。ルイベとはアイヌ語で「ル=溶ける、イベ=食べ物」のことで、北海道では馴染み深い凍らせた鮭のお刺身です。そのお刺身用の天然秋鮭と新鮮なイクラを鮭から作られた魚醤に一緒に漬け込んだ、「鮭ルイベ漬」は、鮭専門店の佐藤水産の人気のベストセラー商品です。

「鮭ルイベ漬」は札幌で活躍している調理人や料理研究家などの人たちが「死ぬまでに一度食べたい」「もう一度あの懐かしい味を食べたい」と選んだ商品80品が紹介されている雑誌「死ぬまでに食べたい」の一品に選ばれている、まさに死ぬまでに食べたいと取り寄せグルメです。

 

北海道の物産 贅沢お取り寄せグルメ3. 士別サフォークラム


北海道の物産 贅沢お取り寄せグルメ、3番目にご紹介するのは士別サフォークラムです。北海道民のソウルフードであるジンギスカン。今やすっかり北海道のグルメとして観光客にも人気ですが、そのジンギスカンに使われる羊肉はほとんどがオーストラリアやニュージーランドから輸入したもので、日本産はわずか数パーセント。しかも東京など首都圏のレストランで高級食材として使われるため、北海道産のラム肉は地元北海道でもなかなか食べられない貴重なお肉です。

道北の士別市では、昭和42年に顔と手足が黒いことが特徴的な食肉用種のサフォークをオーストラリアから輸入し、現在は4戸の農家で合わせて1,000頭以上を飼育しています。士別産のサフォークは、羊特有の臭いが少なく、適度に脂が入りしっかりかみ切れる柔らかさで、輸入の肉との違いは食べてみたら間違いなくわかります。2010年横浜で行われていたアジア太平洋経済協力会議(APEC)では、士別サフォークラムの料理が出されその美味しさが絶賛されました。その貴重なサフォーク、士別サフォークラムをお取り寄せで是非お試しください。