大人がはまるクロスバイク 海外のおすすめメーカー、車種8選!

アウトドア・スポーツ

クロスバイクとは通勤通学から長距離のツーリングにも対応した、スポーツタイプの自転車です。シティサイクルよりもタイヤが細く重量も軽いためスピードが出やすいほか、ハンドルがフラットバーで前傾姿勢になるのも特徴です。この記事では2019年モデルを中心に、海外メーカーのおすすめクロスバイクを8つ紹介していますので、是非チェックしてみてください。

スポンサーリンク

海外メーカーのおすすめクロスバイク1.ジャイアント「ESCAPE R3」

海外メーカーのおすすめクロスバイク、1つめは台湾の自転車メーカー「ジャイアント」の「ESCAPE R3」です。元は鰻の養殖を行っていたジャイアントの創業者が台風による壊滅的な被害に遭い、次のビジネスとして1972年に設立しました。

はじめはOEM生産が中心でしたが1981年に自社ブランドの「ジャイアント」を立ち上げ、今では世界のトップレーサーにも使用される世界的に有名な自転車メーカーとなりました。

ジャイアントの「ESCAPE R3」はクロスバイクの定番として知られており、5万円台で購入できるためクロスバイク初心者の方におすすめです。「ESCAPE R3」2019年モデルの主な仕様としては重量が10.7kgと軽いのが特徴で、タイヤ幅が28C(28ミリ)と細めのためスピードが出やすくなっています。

ちなみにシティサイクルの重量は20kg前後あり、タイヤ幅は35Cほどです。またトリガーシフトによる3×8の24段変速が付いており、サイズはXS、S、Mの3種類が用意されていて、値段は52000円(税抜)です。