埼玉の花火大会 2019年おすすめはここ! 厳選8

アウトドア・スポーツ

大きな音とともに夜空に上がる花火は幻想的で迫力満点。ついつい見とれてしまいます。

地元の花火大会も素晴らしいですが、2019年は他の地域の花火大会に出かけてみませんか?

ここでは埼玉県で行われる、おすすめ花火大会をご紹介いたします。

スポンサーリンク

埼玉のおすすめ花火大会1.こうのす花火大会

埼玉のおすすめ花火大会、最初にご紹介するのはこうのす花火大会です。こうのす花火大会が行われる埼玉県鴻巣市は、古くから人形の街として栄えてきました。

現在は元荒川沿いの桜や荒川土手のコスモス・ポピーなど、花の街として知られています。年に数回行われる花のお祭りの時には市外からも観光客が訪れて、市内全体が賑やかになります。

また、荒川の川幅が日本一として有名で、「川幅うどん」と名前のついた太いうどんを食べることができます。

鴻巣市の花火大会は、毎年秋に行われます。

各地の花火大会と日程がずれているので、出かけやすくておすすめです。

秋の夜空に広がる埼玉県内最大の2万発の花火は見事で、特に最後に上がる4尺玉は全国でも一番の大きさ。

お腹に響く花火の音と連続で打ちあがるこうのす花火大会の特大の花火は、一度「見る価値あり」です。

【こうのす花火大会】

開催時期:10月第2土曜日(例年)

開催時刻:18:00~

開催場所:鴻巣市糠田運動場

アクセス:鴻巣駅から徒歩30分

埼玉県鴻巣市本町6-4-20(主催:鴻巣市商工会 青年部)

■詳細情報

埼玉のおすすめ花火大会2.戸田橋花火大会

埼玉のおすすめ花火大会、次にご紹介するのは戸田橋花火大会です。埼玉県南東部の荒川沿いにある戸田市は、江戸のころから五街道の要所として栄えた街です。

江戸幕府の防衛のために橋がなかった戸田市は、舟運として重要な役割を果たしていました。

現在は、橋はもちろんですが電車や道路が市内を巡り、都内へのアクセスが良く便利な街となっています。

65年以上続く戸田橋花火大会は、夏の始まりに開催されます。この花火大会が市民への夏の合図となっているのです。

市街地にありながら次々に上がる戸田橋花火大会の打ち上げ花火は、迫力があり美しく、都会の喧騒を忘れさせてくれます。

また、戸田橋花火大会のおすすめは、対岸で「いたばし花火大会」が同時開催されることです。

市と区が共同して花火大会を行うことにより、大迫力の花火が荒川周辺を覆いつくします。

【戸田橋花火大会】

開催時期:8月第1土曜日(例年)

開催時間:19:00~

開催場所:荒川戸田橋上流 戸田市側河川敷

アクセス:戸田公園駅から徒歩40分(混雑が予想されるため)

埼玉県戸田市上戸田1丁目18番1号(主催:戸田橋花火大会実行委員会事務局)

■詳細情報

埼玉のおすすめ花火大会3.さいたま市花火大会

平成13年に旧浦和市・大宮市・与野市、平成17年に旧岩槻市を合併して誕生したさいたま市は、人口130万人を超える大型都市です。

もともと埼玉県の中心地にあった各市ですが、合併後はさらに便利に活気に満ち溢れた都市となりました。

元々各市で行われていたイベント行事は、ほとんどがそのまま残され、1年を通していつでも市内のどこかでお祭りなどが行われています。

さいたま市花火大会のおすすめは、3か所の会場で開催日をずらして花火大会が行われることです。(雨天を除く)

1か所を見逃しても、次があるから大丈夫という安心感が良いですね。

さいたま市花火大会で打ち上がる、3会場の合計1万3千発以上の花火は各会場の風景と重なり、さまざまな情景を作りだしてくれます。

また、5年おきに開催される合併記念の花火大会もあり、この時は3会場同時に花火大会が行われます。

直近では2018年の秋に行われましたので、次回は5年後の2023年の予定です。

【さいたま市花火大会3会場で開催】

開催場所1:大和田公園
開催時期:7月末

アクセス:大宮公園駅又は大和田駅から徒歩15分
開催場所2:東浦和 大間木公園
開催時期:8月中旬

アクセス:R東浦和駅から「観覧場所誘導ルート」を通って徒歩20分
開催場所3:岩槻文化公園
開催時期:8月下旬

アクセス:岩槻駅又は東岩槻駅から徒歩40分
※開催時間はいずれも19:30を予定

埼玉県さいたま市大宮区錦町682番地2 JACK大宮3F(主催:公益社団法人さいたま観光国際協会)

■詳細情報

埼玉のおすすめ花火大会4.越谷花火大会

埼玉県越谷市は、人口約34万人の大きな街です。

平坦な地形で緑も多く、市内の交通機関も充実しているため都内からのアクセスが良いので、ベッドタウンとして人気です。

また、古代からの歴史がある市内には、国や県・市が指定した73点もの文化財があり、越谷市を訪れた方でも貴重な文化財を観られるように、郷土の歴史を巡る散歩コースが設定されています。

越谷花火大会は、元荒川と葛西用水の中土手から花火が打ちあがります。中土手から上がる花火は、川にも花火が映し出されて幻想的な光の空間を楽しませてくれます。

また、速射連発花火されるスターマインを中心に、約5000発の花火が間近で打ち上げられるその迫力は感動的です。

越谷市の地形から見通しが良く、越谷花火大会は毎年多くの市民が夏の風物詩として楽しんでいます。

【越谷花火大会】

開催時期:7月下旬

開催時間:19:00~

開催場所:中央市民会館

アクセス:越谷駅東口から徒歩7分

埼玉県越谷市レイクタウン4-1-4(主催:一般社団法人 越谷市観光協会)

■詳細情報

埼玉のおすすめ花火大会5.熊谷花火大会

埼玉県熊谷市は県北最大の都市として、古い歴史ある街です。平安時代に活躍した熊谷次郎直実氏や、室町時代の成田氏、江戸の頃には中山道の宿場町として栄えました。

現在は、夏の暑さ日本一の記録を更新している「暑いぞ熊谷!」として全国的に有名です。

その暑い熊谷では、暑さを武器にさまざまな戦略で街を盛り上げています。

また、熊谷花火大会と並んで暑い夏に行われるのが「うちわ祭り」です。

3日間行われるこの祭りも、関東で規模の大きい歴史ある祭りとして有名で、多くの観光客が毎年訪れています。

熊谷花火大会は次回で70回を迎える歴史ある花火大会です。暑いけれど賑わいは衰えません。

熊谷花火大会で、頭上に上る色とりどりの花火は、まるで大輪の花が咲いているように夜空を彩ります。

熊谷花火大会の打ち上げ数1万発、その中に花火業者が競う「スターマインコンクール」があります。熊谷花火大会のおすすめはこのコンクール。

毎年業者の思いが伝わってくる感動的な仕掛けが施されていますので、見る価値充分の花火です。

【熊谷花火大会】

開催時期:8月第2土曜日(例年)

開催時間:19:00~

開催場所:荒川河畔(荒川大橋下流)

アクセス:熊谷駅から徒歩5分

埼玉県熊谷市宮町二丁目47番地1

■詳細情報

スポンサーリンク