おすすめの高級ラーメン厳選8 コスパも最高、値段が高いのにはわけが有ります!

グルメ

庶民の食べ物として人気のラーメンは、今や日本の国民食とも言えるほど子供から大人まで誰もが好きな食べ物です。

日本全国にラーメン専門店は約32,000店もあり、中華料理店や食堂やファミレスなどを含めると20万軒ものお店でラーメンを提供しているといわれています。

そんなラーメン店ですが、行列が絶えない人気店から昔ながらの価格のままの格安店まで様々のお店があります。

今回は、高級ラーメンが食べられるお店を8店ご紹介します。さて、コスパが良いかどうかは食べてみて確かめてみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめの高級ラーメン1. 鉄板焼き 貴真 トリュフ香る塩ラーメン

「鉄板焼き 貴真」は、 東京渋谷の代官山にある鉄板焼きのお店で、お洒落な店内には鉄板カウンター席や個室を備え、神戸牛などブランド牛や厳選された高級食材を使った鉄板焼きを楽しむことができます。

「鉄板焼き 貴真」の月曜日から金曜日12:00~17:00、土日祝の11:00~17:00のランチタイムには、人気ラーメン店「らーめんせたが屋」の前島社長が監修した高級ラーメンを味わうことができます。

ラーメンのメニューは、「特製ダレの代官山ラーメン」980円、「トリュフ香る塩ラーメン」1,080円、「スペシャルラーメン」2,500円の3種類。

「特製ダレの代官山ラーメン」は、神戸牛のテールやお肉をじっくりと煮込んだ醤油味のスープに、ストレートの細麺が入り、その上にはチャーシューではなくミディアムレアの神戸牛が乗せられています。

「トリュフ香る塩ラーメン」は、塩味で麺の上の神戸牛にはトリュフがのり、トリュフの香りが引き立っているラーメンです。なお、ラーメンにはセットで「トリュフ卵かけご飯」や「神戸牛ミニチャーシュー丼」を注文することもできます。

おすすめの高級ラーメン2. 銀座ル・コチア トリュフヌードル

「銀座ル・コチア」は、銀座の人気フレンチ店。素材にこだわりぬいた本格的なフランス料理が味わえるお店です。

肉や魚は全国各地から仕入れ、野菜は長野県に800坪の畑を所有し、オーナー自らが育てたものを使っています。

「銀座ル・コチア」では、特にイタリア産の「フレッシュ黒トリュフ」を使った料理が人気で、11:30から14:00のランチタイムには、「フレッシュ黒トリュフ」を使い、トリュフの芳醇な香りが凝縮されたスープの「トリュフヌードル」が味わえます。

「トリュフヌードル」にはしっ鶏サラダとパンがついて1,800円。また、要予約ですがトリュフヌードルコース3,000円もあります。

「銀座ル・コチア」は、東銀座駅から徒歩1分、銀座駅からは徒歩3分のビルの2階と3階に店を構え、2階にはテーブル席、3階にはカウンター席と合わせて16席。ランチの「トリュフヌードル」は、3階のカウンター席の利用となります。

おすすめの高級ラーメン3. 麺屋ま石 雲丹三種盛り鯛らーめん

「麺屋ま石」は、東京の銀座にある高級ラーメン店。お店は、東京メトロの銀座駅から徒歩1分のビルの1階にあります。店内には、コの字のカウンターに7席のみと、さながら高級寿司店のようです。

それもそのはず「麺屋ま石」は、築地や日本橋、銀座を中心に寿司店を展開する「築地虎杖」のプロデュース。和食の技法を取り入れ「鯛」の旨みを最大限に引き出したこだわりの「鯛らーめん」が味わえるお店です。

ラーメンのメニューには、その「鯛らーめん」をベースに、駿河湾産の桜エビをふんだんに使った「桜海老鯛らーめん」1,300円、北海道産のホタテ貝柱と昆布だしで甘みを引き出した「帆立鯛らーめん」1,400円、広島県産の牡蠣を使った「牡蠣鯛らーめん」1,500円などが並びます。

特に国産ウニ3種の食べ比べができる「雲丹三種盛り鯛らーめん」2,500円は、高級な海の幸である鯛とウニを使った贅沢なラーメンです。

おすすめの高級ラーメン4. 鴨シャブ 竹亭 赤坂店 鴨らーめんロース

赤坂駅から徒歩5分の場所にある「鴨シャブ 竹亭 赤坂店」は、絶品の「鴨らーめん」が味わえる高級鴨肉のお店です。

清潔感があり落ち着いた雰囲気の店内にはカウンターとテーブルを合わせて20席ほどが用意されています。

「鴨シャブ 竹亭 赤坂店」は、夜にコースを頼めば1万円以上の高級店。しかし、月曜日を除く平日の11時半からは50食限定で、自慢の鴨肉を使ったラーメンが味わえます。

ランチメニューだけの絶品ラーメンは、「鴨らーめん モモ」1,200円と「鴨らーめん ロース」2,000円、ニンニクが入ってピリ辛の「戦国めん」1,200円の3種類。

夜のメニューよりはリーズナブルとは言え、ラーメンとしてはかなりの高級価格です。なお、ラーメンには鴨ごはんがサービスでついてきます。

「鴨らーめん」のお味は、鴨から出汁を取ったさっぱりと上品なスープが、鴨料理店でなければ出せない美味しさで、クロレラを練り込んだ細麺との相性もばっちりです。

おすすめの高級ラーメン5.中華そば すずらん 叉焼麺

東京の恵比寿にある高級ラーメン店の「中華そば すずらん」は、JR山手線の恵比寿駅から徒歩2分程の場所にあり、お店の外観からは高級な和食店のような雰囲気が漂います。

店頭には、ガラスのショーケースが置かれ、本物そっくりで美味しそうな「フカヒレの姿煮込そば」や「国産ワタリガニ(活)のかき玉汁そば」などの食品サンプルが並べられています。しかし、ここには価格が表示されていません。

「中華そば すずらん」は、店内撮影禁止となっていて、ネット上にも最近のメニュー表が掲載されていないので、正式な値段がわかりません。

しかし、叉焼麺は1杯2,500円とかなりの高級ランクに入る価格です。知らずにお店に入ったら驚いて心臓が止まるレベルです。

さて、その2,500円の叉焼麺ですが、美しい澄んだスープは出汁がしっかりと効いていて、低加水率のコシのある麺がスープとの相性ばっちりで、上にきれいに並べられたチャーシューは柔らかく絶品です。

おすすめの高級ラーメン6.登龍 麻布店 魚翅皇麺

「登龍 麻布店」は、都営地下鉄大江戸線の麻布十番駅から歩いて2分程の場所にある焼き餃子が看板メニューの高級中華レストランです。

本場四川料理の流れをくみながら、北京、上海、広東でつちかわれた伝統の手法もいかした中華料理が味わえます。

「登龍 麻布店」の店内は、中華料理店の雰囲気そのままに円卓が置かれ、85席と広い空間になっています。

「登龍 麻布店」のメニューには、27種類もの豊富な麺料理が並んでいて、一番安い「北京皇麺」で1,800円、特選麺の部にある「鮑魚皇麺(アワビソバ)」は、なんと1杯20,000円という超高級ラーメンです。

同じく特選麺の部に書かれた「魚翅皇麺(フカヒレソバ)」は、1杯9,000円で、中華料理の高級食材であるフカヒレの姿煮がまるごと入った贅沢なラーメンです。

おすすめの高級ラーメン7.赤坂璃宮 赤坂本店 特製タンタン麵

日本における広東料理の第一人者である譚彦彬氏がオーナーシェフで、ご子息の譚澤明氏が総料理長を務める中華の名店が「赤坂璃宮 赤坂本店」です。

日本の四季を感じる旬の食材と本場中華の高級食材を巧みに組み合わせた、広東料理が味わえます。

「赤坂璃宮 赤坂本店」は、千代田線の赤坂駅から徒歩1分、銀座線の赤坂見附駅から徒歩5分の場所にある赤坂Bizタワーの2階と3階にお店があり、2階のフロアはクラシカルな中華の雰囲気の落ち着いた空間、3階は開放的なダイニングのフロアになっています。

「赤坂璃宮 赤坂本店」のメニューには、厳選されたこだわりの食材を使った広東料理やコースメニューが並んでいますが、麺やスープ、ご飯のセットも用意されています。

中でも「特製タンタン麺」は1,800円は、本格的な辛さと甘みのあるスープの味が楽しめる高級ラーメンです。

おすすめの高級ラーメン8.まりお流 チョモランマ

奈良県にあるこってり系ラーメンの聖地ともいわれる「まりお流」は、濃厚なスープのラーメンが味わえると若い人を中心に人気のラーメン店です。

「まりお流」のお店の場所は、近鉄奈良線の新大宮駅から徒歩20分ほど、奈良交通バスの柏木町停留所や四条大路二丁目停留所からは歩いて4分ほどです。

開店前に行列が出来るほどの人気店で、開店とともにカウンターとテーブル、お座敷と合わせて50席ある店内はほぼ満席となります。

「まりお流」の名物ともいえる超こってりのラーメンの「チョモランマ」は、濃度25でドロドロのスープにたっぷりとパルメザンチーズが入った濃厚な味わいです。

「まりお流」の超こってりラーメン「チョモランマ」は並で1杯が2,400円、大きな2種類のチャーシューと玉子がのったプレミアムは1杯3,200円と、チョモランマだけにかなりお高いラーメンです。

一度は食べてみたい高級ラーメン

いかがでしたか?今回は高級ラーメンが食べられるおすすめのお店を厳選して8店ご紹介しました。

さすがに毎日は無理としても、1度は食べてみたいですよね。是非、給料日にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
グルメ
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび