定番アイテムスタジャンを大人っぽく着こなす!おすすめメンズブランドとコーデ!

ファッション

学生や趣味のサークルで、お揃いのジャンパーを作った経験があれば、スタジャンという響きに懐かしさを覚える方も多いのではないでしょうか。

スタジャン、つまりはスタジアムジャンパーのコトですが、実は和製英語で本来はaward jacket=アワードジャケットと呼びます。

award つまり何かを記念してお揃いで作り、その証として記念する頭文字(レター)などのワッペンや刺しゅうを施しました。

襟の形はスタンドタイプが一般的ですが、折り返したものなども見かけます。身頃部分の材質はメルトン、袖部分はレザーになっていて色使いは2トーン仕様になっています。一般的には袖部分は明るい色(白やベージュ)が多いように感じます。

胸や背中、袖部分にレターやお気に入りのワッペンで飾り、お揃いでありながら他との違いを競った、という思い出をお持ちの方もいるのでは?

基本を踏まえた、大人仕様のスタジャンを取り上げてみました。学生気分を引きずるのは少々考えものですが、若々しい気分や感覚は忘れたくないものです。少年の心を忘れない大人って、好感度高いそうです。

スポンサーリンク

メンズ定番スタジャンブランド1.Vanson

出典:zozo.jp

古き良きアメカジを感じさせてくれるバンソン(Vanson)は、1974年にアメリカ・マサチューセッツ州ボストンで誕生しました。

注目されるきっかけは、モーターサイクルの際に着用するレザージャケット市場に参入した事でした。アメリカだけでなくヨーロッパやアジア特に日本からの需要も急速に高まり、アメリカを代表するレザーブランドへと成長していったのです。

日本での地位を確立したのは、1980年代後半のアメカジブームです。当時のアメリカンウェア(特にレザー)は華奢な日本人には着こなすのが難しいものが多かったのですが、バンソンのジャケットはタイトな身幅と細目の腕が日本人の体形にもマッチし、支持を集めることになりました。

バンソンから超クールなスタジャンを紹介します。仕様はそのものなのですが、身頃部分にもレザーを使い、レターも無しという徹底ぶりはいっそ清々しささえ覚えます。まさしく大人向けのアワードジャケットです。

画像のように、ブラックデニムを持ってくるとワントーンコーデが楽しめます。靴もスニーからブーツまで汎用性の広さを感じます。

レターやワッペンはつけず、経年による汚れや擦り傷を楽しみましょう。

出典:zozo.jp

メンズ定番スタジャンブランド2.WACHO MARIA

出典:wear.jp

ワコマリアは元Jリーガー森敦彦氏が率いるメンズファッションブランドです。森氏自身が「自分が女なら、きっとこんな男に惚れる。」と感じ、それを具現化させたアイテムを発表しています。

ブランドがキーワードとして掲げるのは「女と音楽、酒にハット」。ミリタリーやワークのクラシカルなデザインを基本に、森氏が感じる最先端のエッセンスを掛け合わせたデザインは、刺激に溢れ、オリジナリティが高く、国内外からも注目を浴びています。

ワコマリアのスタジャンは、メルトンだけで構成され素材の切り返しはなし。ベロアのような質感が独特のエロさを醸しています。そして背中にしょったマリア像がタトゥーのような存在感を放っています。

明るいキャンパスというイメージではなく、ダウンタウンの酒場に集まる仲間のために作られた”ワル”いニオイが魅力です。しかし襟元のリブにあしらった星模様に可愛らしさが残り、ほっと一息。

コーディネートは、ダメージの効いたデニムでニオイを合わせるのが一番ですが、太めのチノパンでも◎。ウォレットチェーンなどジャラジャラ系のアクセも忘れずに。

出典:wear.jp

メンズ定番スタジャンブランド3.Golden Bear

スタジャンと言えば、コレ!というほどレターや刺しゅうの入れ方まで模範的な作り込みがこのブランドならではの完成度です。

「Golden Bear(ゴールデンベアー)」の歴史は古く、1922年サンフランシスコにて創業されたと言いますから、創業以来100年弱になります。

現在も「MADE IN U.S.A.」を貫き続け、生産拠点を海外に移す傾向のなかでは稀な存在となっていて、そのためコアなファンも離れることはありません。

クオリティが高いだけでなく、特徴的なディテールを持っていて、いくつかはゴールデンベアー社が特許を持っているほど。そうしたオリジナリティが他ブランドとの差別化につながっています。

紹介した画像には4タイプありますが、大人が着るなら袖部分がグレーになっているタイプはいかがでしょうか。

ホワイトの501またはウエスターナーを短めにカットし、明るいブラウンのローファー。気分はアンソニー・パーキンスです。

メンズ定番スタジャンブランド4. N.HOOLYWOOD

出典:zozo.jp

ブランドの始まりは2000年、デザイナーの尾花大輔氏が「ミスターハリウッド(MISTER HOLLYWOOD)」をオープンさせます。

2002年春夏シーズン、「N.ハリウッド」のブランドで東京コレクションにデビューすると大きな反響を得ることになります。

モードのニオイがするN.HOOLYWOOD、通称Nハリですが、尾花氏は元古着屋のバイヤーでしたから(古着屋「VOICE」で働いた後、古着屋「o-getter」の立ち上げに参加。)、こうしたアメリカのニオイが強い商品があっても不思議はありません。

しかしモノトーンで仕上げるあたりは、単にアーカイブを参照にしたのはなく尾花氏のエッセンスが織り込まれた証拠です。

顔つきはアメリカですが、そのままコーディネートしてはN ハリのギミックを堪能できません。太めで七分丈のパンツに合わせるなど、Nハリのボトムラインから選んでみてはいかがでしょう。

メンズ定番スタジャンブランド5. McGREGOR

出典:zozo.jp

ライセンス製品が量販店で入手できることからファッション性が低いと思われがちですが、トラッドテイストが効いた、良質な製品を提供しています。

本来はアメリカのファッションブランドで、1921年にイギリス出身のデビッド・ドニガーがアメリカで創業、100年近い歴史を持っています。

スコットランドの伝統ある氏族のマックレガー家の象徴、タータンチェックや王冠・紋章をモチーフに様々なアイテムを作り評判となります。歴史と伝統に育まれた由緒正しい提案が得意です。

こちらは良質なラムレザーを使用したオールレザーのスタジャン=アワードジャケットです。ブラックレザーとネイビーを組み合わせ、大人のアイテムに仕上げました。

クールな印象ですが、レターを入れる遊びも忘れていないので緊張感はありません。ニットを着込めばカレッジっぽい印象が生まれ、シャツを覗かせれば頼りがいのある兄貴分といった表情が。多面性を備えた一着です。

出典:zozo.jp

メンズ定番スタジャンブランド6. Avirex

出典:zozo.jp

アメリカンなアウター、レザーウェアと言えば必ずといっていいほどの常連ブランがアヴィレックスです。現在もアメリカに本社を置く老舗カジュアルブランドですが、ミリタリー色の強い同社がスタジャンを作ると、こんなに色気のあるものに仕上がります。

こちらは、1997年にリリースされた「シグネチャー・ヴァーシティJKT」と呼ばれるモデルの完全復刻版、フランス産のアンティークラムレザーをすることで奥深い光沢を放っています。

さらに、このモデルはHIPHOPアーティストのビデオクリップで着用していたことで話題になったので、見かけた方も多いのでは。

サイズをやや小さめにリザイズすることで、日本人の体型にも合うシルエットが完成しました。十分に主張の強いアイテムなので、他はシンプルなもので大丈夫です。引き算が肝要です。

出典:zozo.jp

メンズ定番スタジャンブランド7.off white

出典:zozo.jp

OFF-WHITE(オフ・ホワイト)は、「カニエ・ウェスト」のクリエイティブディレクターであるヴァージル・アブローによって、2014年の春夏シーズンからスタートした若いブランドです。

ヴァージル・アブロー氏は、ラグジュアリー・ストリートウェアのキーマン的な存在ですが、カニエ・ウェストのスタイルアドバイザーという側面だけでなく、DJやギャラリーオーナーなど、彼のマルチは常に注目されています。

オフホワイトのアイテムには、トップスでは「WHITE」という文字がバックプリントに、ボトムスではフロントにレイアウトされ、象徴的な存在となっています。

また太めのストライプを斜めに描いたグラフィカルデザインが力強い印象を放っています。

ファッション性が高すぎて、取り入れる術が見つかりづらいオフホワイトですが、このスタジャンならイケるかなと思わせてくれました。しかし独特のサイジングやカッティングが放つ世界観を使いこなすには覚悟が必要かも知れません。

ただし、カモフラパンツを合わせる提案や、インナーとの着丈のバランスなど今のストリートを理解するには最高のバイブルです。

出典:zozo.jp

メンズ定番スタジャンブランド8.Remi Relief

出典:zozo.jp

レミ レリーフ(REMI RELIEF)は、デザイナー後藤 豊(ごとう ゆたか)が担当する日本のメンズファッションブランドです。

ここ数年で人気が沸騰、多くの雑誌で取り上げられ、セレクトショップなどで見かける機会が増えました。

コンセプトは「HIGH QUALITY OF LIFE」。「質」に重きを置き、糸、撚糸、編み立て、プ リント顔料、加工と全てに注力し、「究極なアメリカンベーシック」を作り出しています。

その仕上がりは『古着より、も古着らしい。』と評されるほどで、質感は古着のテイストを持ちながら、サイズや耐久性は今のスペックに落とし込むというイイとこどりなのです。

そのためレミ レリーフが作り出すスタジャンは、見るからに懐かしい一面を持ちながら羽織ってみると今の気分を味わえるというデジャブな一着になっています。

今の気分ならオーバーサイズで細身のデニム、主張のあるスニーカーで。古着テイストを楽しみたいなら、履き込んだレプリカデニムにキャンバスのオールスターで。どちらに寄せるか迷います。

出典:zozo.jp

 

スポンサーリンク
ファッション
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび