甲子園球場で野球観戦!大人のデートにぴったりな楽しみ方は!チケットの取り方、グルメやホテル情報も!

アウトドア・スポーツ

セリーグの人気球団「阪神タイガース」は、読売ジャイアンツに次いで2番目に歴史が長い球団です。阪神タイガースと読売ジャイアンツは伝統の1戦と言われ、毎回スタンドが満員になるほどたくさんの観戦者が球場に足を運びます。

その阪神タイガースの本拠地が「阪神甲子園球場」で、春と夏には高校野球も開催されています。今回は、甲子園球場でのデートを楽しむための野球観戦方法、グルメ情報、ホテル情報など知ってから行けば数倍楽しめる諸情報をお届けします。

スポンサーリンク

甲子園球場の楽しみ方1. 野球観戦方法は?

甲子園球場の楽しみ方!その一つ目は阪神タイガースの公式戦チケットの購入方法をご紹介します。公式戦のチケットには「公式戦一般チケット」と「企画シート」「企画チケット」があります。

「公式戦一般チケット」には、1塁側の年間シート「アイビーシート」や3塁側年間シートの「ブリーズシート」、1塁側と3塁側の「アルプス席」、ライト側とレフト側の「外野席」、「レフトビジター専用外野席」の席種があります。

チケットの電話やインターネットでの予約は、タイガース公式サイトにある”阪神タイガース入場券専用受付サイト”、”阪神タイガース入場券専用受付ダイヤル”の「虎チケ」を利用すると手数料がかかりません。他にはローソンチケットやチケットぴあで予約できます。

店舗での販売は、ローソンとミニストップのLoppi、チケットぴあ、セブンイレブン、阪神ステーションネットの梅田阪神プレイガイド、山陽電車のご案内センター、阪神甲子園球場で発売の3日目から購入することができます。

他にも両サイドが通路で快適な「セコムツインシート」「セコムトリプルシート」、スポーツ居酒屋的な空間の「三ツ矢サイダーボックス」、囲まれたプライベートな空間でデートにぴったりの「Sポイントボックス」などの企画シート。

最大5,600円もお得な「月1チケット」、家族での観戦にぴったりの「LINEチケットファミリーシート」、選手がデザインしたボブルヘッドがついている「ボブルヘッド付きチケット」などの企画チケットも販売されています。