北海道 魅惑の絶景!一度は訪れたいおすすめポイントbest10!

北海道

雄大な自然が魅力の北海道は、どの観光スポットに行っても北海道らしい素晴らし景色が見られるのが自慢です。

今回は、その北海道でも特に絶景と言われるような他では絶対に見られない景色のおすすめスポットを、筆者の独断でランキングをつけて10位までご紹介します。

スポンサーリンク

北海道絶景ポイントランキング10位 サロマ湖

「サロマ湖」は、オホーツク海に面し常呂町、佐呂間町、湧別町の3つの町にまたがる北海道で最も大きな湖です。海水と淡水が交わる汽水湖としては日本最大で、ホタテやカキの養殖が盛んに行われています。

佐呂間町にある標高376mの幌岩山山頂にある「サロマ湖展望台」からは、広さ151.8平方キロメートルと海のように広いサロマ湖を一望することができます。

サロマンブルーと言われる青く輝くサロマ湖の湖水と森の緑、そして雲の白さのコントラストは息を飲むほどの美しさです。晴れた日には、遠く知床半島まで見渡すことができ、この展望台からの景色が一見の価値ありです。

「サロマ湖」を訪れたらぜひ見てもらいたいのが、北海道三大夕陽にも選ばれる夕陽の景色。湖面をオレンジ色に染めながらサロマ湖に沈む夕陽の景色は、まさに絶景です。

■詳細情報

北海道絶景ポイントランキング9位 十勝岳望岳台

美瑛駅から車で約40分。「十勝岳望岳台」は美瑛町白金の十勝岳の中腹にある展望台です。

標高930mの「十勝岳望岳台」からは、目の前に迫る噴煙あがる十勝岳や大雪山連峰の主峰である旭岳、美瑛岳、上富良野岳の雄大な景色が望める他、眼下には富良野、美瑛や旭川市までを360℃の大パノラマで見渡すことができます。

「十勝岳望岳台」は、十勝岳周辺の登山の玄関口となっていて夏山シーズンには登山の愛好家で賑わいます。周辺には1周1㎞ほどの遊歩道が設けられていて、夏にはさまざまな高山植物を観察することができます。

■詳細情報

北海道絶景ポイントランキング8位 摩周湖


「摩周湖」は道東弟子屈町にある湖で、日本で一番、世界ではバイカル湖についで2番目の透明度を誇る湖です。

摩周ブルーと呼ばれる神秘的な青さの湖面と、その湖を取り囲みような断崖絶壁、そして摩周岳や斜里岳の風景はまさに絶景です。

昔、歌謡曲で「霧の摩周湖」がヒットして、霧のイメージが強い摩周湖ですが、霧がかかり幻想的な摩周湖も魅力的ですが、すっきりと晴れ摩周ブルーに輝く摩周湖の景色も格別です。

「摩周湖」の絶景を眺めるなら「摩周湖第1展望台」がおすすめです。第1展望台は標高550mの高さにあり、目の前に遮るものがなく眼下の摩周湖はもちろん根釧原野から釧路平野、そして太平洋までの絶景を見渡すことができます。

■詳細情報

北海道絶景ポイントランキング7位 トマム 雲海テラス

札幌から道東自動車道を車で約2時間。占冠村にある北海道最大級の滞在型リゾート「星野リゾートトマム」の中にある「雲海テラス」。ゴンドラに乗って約13分、トマム山の標高1088mにある「雲海テラス」からは、早朝に幻想的な雲海を見られるかも。

「雲海テラス」は星野トマムリゾートのホテルの宿泊者ではなくても利用することができますが、雲海を見られるのが早朝なのでやはり星野トマムリゾートに泊まるのがおすすめです。

星野リゾートトマムには「トマム・ザ・タワー」と「リゾナーレトマム」の2つのラグジュアリーなホテルがあり北海道の旅を満喫することができます。

「雲海テラス」から眺める雄大な十勝の山々と、白く広がる神秘的な雲海の景色は、気象条件が揃わないと見ることができない貴重な絶景です。

■詳細情報

北海道絶景ポイントランキング6位 宗谷岬

「宗谷岬」は、北緯45度31分22秒の位置にある日本最北端の地。その岬の先端には「日本最北端の地の碑」が建てられています。

高さ5.44mのモニュメントは北極星の一稜を象った三角錐をデザインしています。夜にはライトアップもされ、日本最北端の地を目指してきた観光客の記念撮影のスポットとして人気です。

この「日本最北端の地の碑」に向かって立つと、前方の三方が海で、正面には43㎞先のサハリンの島影が見え、ここが日本のてっぺんであることを実感することができます。

「宗谷岬」周辺のお土産店では「日本最北端到着証明書」が販売されていて、証明書には到着日のスタンプが押され宗谷岬観光の人気のお土産となっています。

■詳細情報

北海道絶景ポイントランキング5位 神威岬

ニセコ積丹小樽海岸国定公園に含まれる積丹半島の北西部から日本海に突き出した岬が「神威岬」です。

岬の先端には、神威岩と神威岬灯台があり、神威岩にはアイヌの首長の娘チャレンカが源義経を慕ってこの岬まで追ってきたが、義経一行がすでに海のかなたで去ったことを知って身を投げ神威岩になったという伝説があります。

「神威岬」の先端まで約30分、尾根伝いに800mほど続く「チャレンカの道」と名付けられた遊歩道を歩くと断崖絶壁の下70mには、積丹半島が誇る積丹ブルーと呼ばれる青く透き通ったが左右に広がり、その景色はまさに絶景です。

「神威岬」の駐車場には、お土産の販売や食事が取れる「カムイ番屋」があり、積丹ブルーの青いソフトクリーム「しゃこたんブルーソフト」が人気です。

■詳細情報

北海道絶景ポイントランキング4位 知床五湖

世界自然遺産に登録された知床。その知床にある「知床五湖」は、知床に観光で訪れた人は必ず立ち寄ると言われるほど人気のスポットです。

「知床五湖」は原生林に周りを囲まれた5つの湖で、湖面に写る樹木や知床連山の景色が美しく春には残雪をまとった知床連山とミズバショウやエゾエンゴサクの花々が、秋にはカエデやモミジなどの紅葉が見どころとなっています。

「知床五湖」を散策するには、「高架木道」と「地上遊歩道」の二つのルートがあります。「高架木道」は往復1.6㎞のルートで、期間中は無料で開放されています。一湖をのみを見られるルートですが、勾配もゆるやかに設置されているので車いすやベビーカーでも利用できます。

「地上遊歩道」は、五湖すべての湖を巡る約3㎞のコースも設定されており、森の中を歩き「知床五湖」を散策ことができます。

「知床五湖」が最も美しいと言われる5月~6月は、ヒグマの活動期となるため、この時期はプロのガイドが同行する有料ツアーの参加者だけが「地上遊歩道」を歩くことができます。

■詳細情報

北海道絶景ポイントランキング3位 青い池

人気の観光地「美瑛」で最も有名なスポットが「青い池」です。

「青い池」は、人造の池でもともとは昭和63(1988)年に噴火した十勝岳の火災泥流被害を防ぐために、美瑛川に建設された堰堤のひとつに水が溜まったものでした。

この付近の湧き水に含まれるアルミニウムが、美瑛川の水と混ざることによってコロイド粒子が生成され、このコロイド粒子が水中に差し込んだ太陽の光を衝突散乱させて池が青色に見えると言われています。

青い水面と立ち枯れのカラマツが神秘的な雰囲気を漂わせる「青い池」には、その姿を写真に収めようとプロ・アマ問わず多くのカメラマンや観光客が訪れ、今では観光バスが停まるほどの人気の観光スポットとなっています。

冬には期間限定でライトアップされ、真っ白な雪が「青い池」に舞い降り、立ち枯れの木に白く雪が積もる景色はさらに幻想的です。

■詳細情報

北海道絶景ポイントランキング2位 旭岳

「旭岳」は標高2,291m、大雪山連峰の主峰であり、北海道最高峰の山です。登山者だけでなく全国から観光客が集まる人気の観光スポットです。

東川町の旭岳温泉にある山麓駅からは、大雪山旭岳ロープウェーが旭岳5合目標高1,600mの姿見駅まで運行しているので、誰でも気軽に旭岳の雄大な姿を間近に見ることができます。

姿見駅の周辺には、1周約1時間、約1.7㎞のトレッキングコース「姿見の池周遊コース」があり、登山初心者でも旭岳を彩る可憐な高山植物や、かわいらしい姿を見せるエゾリスを見ることができます。

登山経験者は、ぜひ北海道最高峰の旭岳山頂を目指しましょう。山頂までの登山道は岩場が続きますが、2時間~3時間で登れます。

北海道の一番高い場所からの眺めは、大雪山連峰の雄大な山々の姿や眼下に広がる上川盆地の景色など、登った人でないと味わえない絶景が広がります。

■詳細情報

北海道絶景ポイントランキング1位 雨竜沼湿原

「雨竜沼湿原」は、空知管内の雨竜町の標高約850~900mの山地にある湿原です。

東西4㎞、南北2㎞、広さ100ヘクタールの広さの湿原の中には、大小700を超える池塘(ちとう)と言われる沼が点在しています。

「雨竜沼湿原」は、ラムサール条約の登録指定湿地として登録されていて、北海道の天然記念物や北海道遺産にも指定されています。

「雨竜沼湿原」の景色を見るには、登山口であるゲートパークから2時間程の登山が必要で、木々に囲まれた登山道を登って行くと突然視界が広がり美しい「雨竜沼湿原」の景色が現れた時には、それまでの登山の疲れが吹っ飛ぶぐらいの絶景が見られます。

「雨竜沼湿原」には1周約3.5㎞の木道が整備され、200種類以上の花や植物を観察しながら散策することができます。南暑寒岳までの登山道の途中には、湿原展望台があってここからは、広大な湿原全体を見下ろすことができる絶景ポイントです。

■詳細情報

北海道の大自然を肌に感じる絶景スポット

いかがでしたか?今回は北海道で絶景が見られる一度は訪れたいポイントを10か所ご紹介
しました。

どのポイントも他では見られないような北海道の大自然が魅力的な景色が広がる人気の観光スポットです。その絶景を見るために少し歩いたり登ったりしなければならない場所もありますが、苦労するだけの価値はありますよ。

スポンサーリンク
北海道
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび