今人気のログハウスに泊まる!北海道で自然に囲まれたログハウスに宿泊できる場所はここ!

アウトドア・スポーツ

木のぬくもりや香りを感じられ心身ともに癒されるログハウス。北海道には、そんなログハウスやコテージ、バンガローがある自然に囲まれたキャンプ場がたくさんあります。

今回は、北海道でログハウスに宿泊できるおすすめのキャンプ場をご紹介します。

スポンサーリンク

北海道 人気のログハウス 1.ウィンケルビレッジ

北海道で人気のログハウスやコテージに宿泊できる施設、最初のご紹介は「ウィンケルビレッジ」です。

人気ログハウス「ウィンケルビレッジ」は、札幌から札樽自動車道を使い約40分、朝里インターチェンジから約3㎞、車で5分のゆらぎの里・朝里川温泉にあります。

「ウィンケルビレッジ」の場内には、客室露天風呂付のコンドミニアムや木造の別荘型コテージ、オートキャンプサイトなどがあります。

コテージは、全11棟あり木造2階建てでロフト付き、テラスもありテラスではバーベキューも楽しめます。また室内には寝具、電化製品、キッチン、食器、調理器具、浴室が完備されています。

また「ウィンケルビレッジ」の受付では、ダッチオーブンやバーベキューセットなどのレンタル、炭やジンギスカンセットの販売も行っているので、各コテージについた専用スペースでキャンプ感覚でバーベキューを楽しめます。

北海道限定のビール「サッポロクラシック」の10リットルサーバーも予約できるので、北海道のビールとジンギスカンをコテージで満喫できます!

■詳細情報

ウィンケルビレッジ

住所 北海道小樽市朝里川温泉2-686

北海道 人気のログハウス 2.グリーンステイ洞爺湖

北海道で人気のログハウスやコテージに宿泊できる施設、次のご紹介は「グリーンステイ洞爺湖」です。

北海道虻田郡洞爺湖町にある「グリーンステイ洞爺湖」は、周囲が支笏洞爺国立公園に指定されている美しい湖「洞爺湖」の湖畔にあるキャンプ場です。

場内には、オートキャンプサイトやキャンピングカーサイトの他に、ロッジ、キャビン、バンガローなどの宿泊設備もあります。

ロッジは、広さが2LDK(約40㎡)あり13人まで利用でき、電源と上水道、水洗トイレ、駐車場などが完備されています。バンガローはログハウス調の造りで電源、上水道、キャンピングテーブルが付いたタイプが4棟、電源のみのタイプが14棟ありどちらも5人用です。

場内の施設も充実していてトイレや温水シャワー、ランドリー、売店などが設置されています。また、寝袋や調理器具などのレンタルもあるので手ぶらで楽しめます。

■詳細情報

洞爺湖町 – Toyako Town

住所 北海道虻田郡洞爺湖町月浦56

スポンサーリンク