ライダースと言えばBelstaff( ベルスタッフ) セレブに愛される本格レザーブランドの人気定番アイテム8選

ファッション

ベルスタッフは、モーターサイクルジャケットやフライトジャケット作りから始まったブランドです。モーターサイクル用のライダースジャケットの原点を作ったブランドと言われています。

ベルスタッフは、創業は1924年、ハリス・グロスバーグによってイギリスで誕生しました。高強度で防水性の高く、通気性を有するワックスコットンでジャケットを作ると、パイロット、ライダーなど過酷な状況で働く人々に大きな支持を得ることになります。

1950年代には、ベルスタッフのマスターピースとも言うべき「トライアルマスタージャケット」を発表しています。医学生だった頃のチェ・ゲバラがこのジャケットを着て南米大陸横断の旅を成功させたことで注目されるようになります。

その後、ベルスタッフは多くのライダーたちから支持され世界的なブランドとして成長すると、70年代にはナイロン繊維の新素材「ベルフレックス(Belflex)」を発表。この素材を採用した「XL-500」は大きな反響を得ることになり、現在でもロングセラーを続けています。

映画などでも使われることが増えるとベルスタッフの人気は加速し、名優スティーブ・マックイーンに愛用するライダースジャケットとして憧れの存在になるほどです。

創業当時からベルスタッフでは英国産の生地を使い、英国で作り続けています。多くの服飾ブランドが生産拠点を海外にシフトする動きがある中でも、プロダクト管理に努める姿勢がもモノ作りの基本にあるようです。

現在はマーケティングなどブランドの拠点をイタリアに移しましたが、新たな環境のもと無骨でセクシーさを増幅したファッションブランドとしてのイメージが定着してきました。

ベルスタッフのフェニックスが羽を広げたロゴは、「いかなる時代も困難を乗り越えて永遠に続いていくように」という思いが込められています。

ここではライダースジャケットを中心にベルスタッフのレザーアイテムをピックアップしました。いずれも大人の色気が溢れたものばかり。しっかり受け止めてください。

スポンサーリンク

Belstaff( ベルスタッフ) のおすすめアイテム1:OUTLAWブルゾンジャケット

ベルスタッフの製品は、どのモデルも材質や加工技術、縫製などが優れているのは当然のことです。それぞれのジャケットがアイテムが発するニオイを受けとめてください。

伝統的なモトクロスジャケットのデザインを忠実にトレースしたジャケットは、もはやベルスタッフを象徴するレザージャケットと言ってもいいかも知れません。

デイヴィッド・ベッカムをメインキャラクターに迎え制作されたショートフィルム『アウトロー(Outlaw)』では、彼のメインコスチュームとして採用され、熱い視線を集めていました。

ベルスタッフのジャケットとビンテージバイクとのコントラストはため息ものでしたが、日常のシーンでも十分な魅力を放っています。

細身のシングルタイプのライダースジャケット、スタンドカラーなのでインナーはTシャツやカットソーが似合います。

ウールパンツに薄手ニットでキレイ目に着こなしても、ワイルドな一面は残ります。大人ならではの余裕で着こなしてください。

Belstaff( ベルスタッフ) のおすすめアイテム2:COOPERジャケット

ベルスタッフにしては大人しい印象のレザージャジャケット。1950年代に発表したスクータージャケットからインスピレーションを得てアップデイトしたものです。

衿をつけ、短すぎないウエスト丈のレザージャケットにすることで上品な印象さえ残っています。そしてチェック柄のライニングも一役買っています。

しかし羽織ってみると分かるのですが、ベルスタッフ定番のメタル金具であり、袖部分にベルスタッフロゴが、ブランドが持っているワイルドな側面を主張しています。

キレイ目に着たいところですが、おろしたてのサラで使うのは避けましょう。しばらくし室内で着てカラダに馴染ませ、肘あたりにシワが出てきたら外出することをお勧めします。

少しワイドなパンツを合わせれば、クラシックな気分を味わえます。ネクタイを忍ばせてもいいでしょう。年齢問わず使いやすいデザイン、むしろグレイヘアになってからのほうが似合うかも知れません。

Belstaff( ベルスタッフ) のおすすめアイテム3:GANGSTER バイカージャケット

1969年にGangster(ギャングスター)という名前のライダースレザージャケットがベルスタッフから発表されると、その自由なデザインが人気を博しました。

いったん終息した同モデルがアップディトして再登場すると、以前にまして大きな注目を浴びてます。

デザインは衿を取り外したデニムジャケットのようです。胸ポケット、前合わせはスナップボタン、袖口はカフスがついています。

首元とウェスト部分に鈍く光るバックルが装着されていて、また肩に縫い付けたプロテクターパーツのおかげで、バイク向けジャケットとだということが分かります。

他にも、両サイドに伸縮性をもたせマチ付きジップでフィット感を調整できるような機能性なおも男好きのする、ベルスタッフならではのディテールです。

黒を中心にしたモノトーンコーデがシックリくるでしょう。ブラックデニム、そしてブーツもベルスタッフで統一します。

Belstaff( ベルスタッフ) のおすすめアイテム4:TRELOWジャケット

ベルスタッフの2019春夏メンズ新作アイテム。ジップ使いとキルティングパーツさらにアンティークレザーのような色調しかもツートンという、本気モード全開のバイカージャケットです。

もちろんバイクに乗る時に最適です。より本気ならレザーボトム、バイカーブーツ、グローブも忘れずに。

しかし街で使うなら、もっと気楽に羽織りましょう。ワイルドなイメージを生かして、ダメージに効いたデニムに白Tという組み合わせで。

もしくは無地ネイビーの軍パンという選択もありでしょう。ジッパーなど締めず、ジャラ付けしたアクセサアリーを見せるのもいいでしょう。

足し算コーデの仕上げに使えば、キリっと締めててくれる頼もしいアウターです。

Belstaff( ベルスタッフ) のおすすめアイテム5: PANTHERジャケット

ベルスタッフのマスターピースモデル、チェ・ゲバラも愛用したレーシングジャケットTrialmasterをカーフレザーで仕立てたのがPantherです。

着丈長めのライディングジャケットで、クラシックなレースを伝える画像で見かけるデザインになっています。ショート丈が子供っぽいとは言いませんが、このデザインは大人が似合うように出来ています。

フィールドコートまたはM65のつもりで着こなせば難なくハマるはず。ウェストのベルトの扱いに困ったら、だらりと垂らしておけばいいでしょう。くれぐれも後ろに結んだり、バックルで閉じたりしないこと。ヌキ加減が楽しいのです。

画像は最も明るいコニャックという色。他にも濃いめのブラウン・ブラックがラインナップされているので、髪の色や瞳の色(濃淡)と見合わせながら決めてください。

専用のキルティングライナーWaistcoaが用意されています。重ね着すれば、寒い季節でも暖かく過ごせます。

Belstaff( ベルスタッフ) のおすすめアイテム6:MULDERバッグ

レザーバッグなどのレザーアイテムをアートの領域まで高めたと言ってもいいビル・アンバーグと、伝説のライダーエディ・モルダーとのコラボレーションから生まれたベルスタッフのバッグがローンチしています。

ベルスタッフらしからぬ色調は2種類あります。レッド、ホワイト、ブルーのしなやかなナッパレザーを使用して、実用性とクラフトマンシップを融合させた内容になっています。

円筒状のユニークなデザインですが、収納スペースは充分に用意されています。フラワーモチーフの装飾、ベルスタッフのシグネチャー金具、エンボス加工で刻印したビル・アンバーグ x エディ・モルダー x ベルスタッフのブランドロゴが効いています。

気付いたら、パートナーのものになっている可能性がありますが、それも想定内。それほど魅力的だということです。