北海道 おすすめ温泉ランキング best10 大自然の秘湯も!

北海道

北海道の魅力と言えば雄大な自然ですね。その大自然に囲まれ露天風呂からは、素晴らしい景色が望める「温泉」が北海道各地にあり、観光客の人気の宿泊エリアとなっています。

今回は、北海道で人気の温泉郷、温泉地を筆者が勝手にbest10にしてご紹介します。

スポンサーリンク

北海道おすすめ温泉ランキング10.十勝岳温泉


「十勝岳温泉」は、観光で人気の美瑛や富良野の中間に位置する上富良野町にある温泉です。旭川空港から車で約1時間の距離で、標高は1,290mで北海道では最も高い場所にあり、秘湯ともいえる温泉地です。

標高1,912mの富良野岳の登山口にあり、富良野岳や三峰山、上富良野岳などを目指す登山客の拠点にもなり、登山の後には日帰り入浴を楽しむ人が多くいます。「十勝岳温泉」には、3軒の宿泊施設のみでそれぞれの施設で温泉の泉質が異なります。

なかでもおすすめの宿は「湯元 凌雲閣」で、2種類の源泉を引いた温泉は源泉かけ流しで男湯・女湯ともに2種類の泉質を楽しめます。

また、露天風呂からは十勝岳の雄大な姿を望むことができ、冬にはダイアモンドダストを見ることができるかもしれません。

なお、「十勝岳温泉」へ向かう道路は勾配が急なので、冬に車で向かう際は4WDの車が絶対におすすめです。

北海道おすすめ温泉ランキング9. 川湯温泉


「川湯温泉」は、弟子屈町にある温泉街です。湯量が豊富なため溢れ出した温泉が川に流れだして温泉街全体が硫黄の香りに包まれています。

強酸性泉のため循環することが出来ず「川湯温泉」のすべての施設が源泉かけ流しであるため、「源泉100%かけ流し宣言」をしています。

「川湯温泉」の近くには、現在も硫黄の噴煙が音を立てて噴き出している「硫黄山」や、日本最大のカルデラ湖である「屈斜路湖」、世界有数の透明度の「摩周湖」など人気のおすすめ観光スポットがあり、多くの宿泊客が訪れます。

「川湯温泉」でのおすすめの宿は「温泉浪漫の宿 湯の閣池田屋」です。源泉かけ流し100%の温泉はもちろん、「川湯温泉」で唯一の貸切露天風呂が人気の宿です。

また、1階の食事処「彩華亭」では、北海道の旬の食材をふんだんに使った料理長渾身の創作和食会席が味わえます。

北海道おすすめ温泉ランキング8. 支笏湖温泉


支笏洞爺国立公園の支笏湖の東岸にある温泉街が「支笏湖温泉」です。新千歳空港からは車で約30分、札幌からは約1時間10分のアクセスです。

「支笏湖温泉」は、1974年にボーリングにより湧出し、支笏湖の遊覧船の発着場所に位置することから、飲食店やおみやげもの店も多く賑わっています。

支笏湖の湖畔には、他に丸駒温泉と支笏湖いとう温泉がありいくつかのホテルや旅館がありますが、そのいずれも阿寒湖から支笏湖に移されて名物となった魚、チップ(ヒメマス)を使った料理が名物となっています。

「支笏湖温泉」でのおすすめの宿は、「レイクサイドヴィラ 翠明閣」で支笏湖のすぐ近くにあり、8部屋だけの贅沢なおもてなしが人気のホテルです。

すべての客室には天然温泉の内風呂が付いておりゆったりとしたくつろぎの時間を過ごすことができます。

北海道おすすめ温泉ランキング7.ウトロ温泉


世界自然遺産に認定された知床にある「ウトロ温泉」は、知床半島の西側の斜里町ウトロにあり、5軒のホテルといくつもの民宿や旅館が立ち並ぶ温泉街です。

知床観光の拠点として人気の温泉地で、ほとんどのホテルや旅館からは、雄大なオホーツク海の景観を楽しむことができます。

オホーツク海を真っ赤に染めながら沈む夕日や、冬には押し寄せてくる流氷など大自然の雄大な姿を間近に見ることができるのが「ウトロ温泉」の魅力でもあります。

「ウトロ温泉」でのおすすめの宿は、「知床グランドホテル 北こぶし」です。海側に面した最上階の7階には大きな窓からオホーツク海の絶景を望むことができ「知床の特等席」と呼ぶにふさわしい「展望和洋室」があります。

また、本館2階には信楽焼の浴槽で温泉が楽しめる露天風呂付き客室もあり、人気の部屋となっています。

北海道おすすめ温泉ランキング6.ニセコ温泉郷


「ニセコ温泉郷」は、倶知安町、ニセコ町、蘭越町のニセコ連峰山麓にある3つの町に点在する温泉の総称です。

「ニセコ温泉郷」には、ひらふ温泉、ニセコ五色温泉、ニセコ東山温泉、ニセコ昆布温泉などたくさんの温泉が含まれており、昭和33年には国民保養温温泉地に指定されています。

「ニセコ温泉郷」へは、新千歳空港からは中央バスやニセコバスで約2時間30分。札幌からは、札幌駅前ターミナルから中央バスの高速ニセコ号で約3時間です。

ニセコ地域には、冬は海外からもたくさんのスキーヤーがニセコのパウダースノーを求めて訪れ、夏は尻別川でのラフティングなど様々なアウドドアのアクティビティが体験でき、人気のおすすめ観光エリアになっています。

「ニセコ温泉郷」には、人気の高級リゾートホテルがいくつもありますが中でもおすすめのホテルは、「カサラ・ニセコビレッジ・タウンハウス」です。

ニセコビレッジスキーリゾートのすぐそばにあり、海外からのスキーヤーに人気のホテルです。情緒あふれる日本の古民家風の建物ですが、海外の設計家が手掛けた洗練されたデザインで日本の和の良さを感じることができる内装やインテリアになっています。

北海道おすすめ温泉ランキング5.層雲峡温泉


「層雲峡温泉」は、旭川市内から車で約1時間半の場所にある上川町の温泉街で、層雲峡の渓谷に囲まれています。

層雲峡は大雪山国立公園に位置して、石狩川を挟んで約24㎞に渡り「柱状節理」の段階絶壁が続く、壮大な景色を見ることができます。

層雲峡温泉街のすぐ近くには「黒岳ロープウェイ」の駅があり、ロープウェイで標高1,984mの黒岳の五合目まで上がることができます。また、その先はペアリフトで7合目まで行くことができ、アイヌの人たちが神々の庭(カムイミンタラ)と呼んでいた大雪山の雄大な自然を楽しむことができおすすめです。

「層雲峡温泉」でおすすめのホテルは、「層雲峡 朝陽亭」で、層雲峡の柱状節理の壮大な岩肌を見ながら入浴できる天空露天「朝陽山」と、大雪山連峰の美しい渓谷を眺めながら温泉を楽しめる展望大浴場「黒岳」と絶景の温泉が人気です。

北海道おすすめ温泉ランキング4.洞爺湖温泉


新千歳空港から車で約90分の場所にある洞爺湖は道内屈指の観光スポットです。

その洞爺湖の南側の湖畔にある「洞爺湖温泉」には多くのホテルや旅館が立ち並び、国内はもとより海外からも多くの観光客が宿泊しています。「洞爺湖温泉」では湖畔に建つ宿も多く、客室や露天風呂から見える洞爺湖の絶景が人気です。

毎年4月末から10月末までは「洞爺湖ロングラン花火大会」が開催され、宿泊客の目を楽しませています。

また「洞爺湖温泉」の近くには、有珠山ロープウェイや昭和新山クマ牧場、サイロ展望台など人気のおすすめ観光スポットもたくさんあります。

「洞爺湖温泉」でのおすすめのホテルは、2008年に洞爺湖サミットの会場になったことでも有名な高級リゾートホテル「ザ・ウインザーホテル洞爺」です。

洞爺湖と内浦湾を見下ろす標高625mの山頂に建ち、館内にはミシュランで星を獲得したレストランが3店舗も入っており、北海道の食材をふんだんに使った最高級の料理を味わうことができます。

北海道おすすめ温泉ランキング3.定山渓温泉


「定山渓温泉」は札幌市の南区にあり札幌の奥座敷的な温泉街です。札幌の中心部から車で1時間程で行けることもあり、年間に120万人が宿泊する北海道では人気の温泉地となっています。

支笏洞爺国立公園の中に位置して、自然豊かな渓谷の囲まれた「定山渓温泉」の歴史は古く、慶応2年に修験僧の美泉定山がアイヌの案内で源泉に出会ったことに始まると言われています。

そのことから美泉定山の名前を取って、この地が「定山渓」と呼ばれるようになりました。

「定山渓温泉」には「かっぱ伝説」があり、「かっぱ」は定山渓のマスコットとして親しまれ、「かっぱロード」や「かっぱ」をデザインしたユニークな水飲み場があります。

「定山渓温泉」でおすすめの宿は「ぬくもりの宿ふる川」です。7階に新しく作られたフロアは、大人の滞在がコンセプトで定員は大人2名限定の特別室が8室あり、和モダンの上質な雰囲気の中ゆったりとくつろぐことができます。

北海道おすすめ温泉ランキング2.湯の川温泉


「湯の川温泉」は、北海道の三大温泉郷に数えられる北海道を代表する温泉地です。

350年以上の歴史を持つ名湯で、函館空港から車で約5分と好アクセスのため、函館観光や道南観光の拠点として、函館エリアの宿泊客の約半分の130万人が宿泊するという、人気の温泉地です。

「湯の川温泉」の魅力は、アクセスの良さだけでなく、その素晴らしいロケーションにもあります。海に面し、函館山や津軽海峡の漁火を眺めながら部屋や温泉でくつろげ、函館らしい観光気分を味わえます。

また、函館や道南近海で水揚げされたイカなどの新鮮な海の幸を使ったおすすめ料理も魅力のひとつです。

「湯の川温泉」でのおすすめの宿は、「割烹旅館 若松」です。大正11年創業の老舗旅館で、昭和29年には天皇皇后両陛下もご宿泊された由緒ある宿です。

玄関前で湧き出る自家源泉を使った露天風呂では、津軽海峡を眺めながら温泉を楽しむことができます。

北海道おすすめ温泉ランキング1.登別温泉


「登別温泉」は、道央自動車道登別東ICから車で約10分の場所にあり、札幌からは約1時間40分、新千歳空港からは約1時間で到着します。

江戸時代には既に温泉があることが知られており、明治時代には温泉宿が建てられて、北海道で最大の温泉郷の観光地となり、毎年120万人以上の観光客が宿泊します。

「登別温泉」は1日1万トン、毎分3,000ℓの豊富な湯量と9種類もの泉質で「温泉のデパート」と呼ばれていて、登別温泉の湯めぐりは1日では入りきれないほどです。

周囲は北海道の豊かな自然に囲まれ、特に「登別温泉」の源泉である「地獄谷」は、その名の通り地獄のように温泉や噴気が噴き出していて、人気の観光名所となっています。

「登別温泉旅館組合」には、14施設のホテルや旅館が加入していますが、中でもおすすめの宿は「旅亭花ゆら」で、1室だけの「露天風呂付特別和室」は和室二間続きの部屋で、檜の客室露天風呂が付いており、登別温泉の自然豊かな景色を眺めながらゆっくりとくつろぐことができます。

温泉に入って、美味しい食事!これが北海道大人の旅の楽しみ方

いかがでしたか。今回は北海道で人気の温泉郷や温泉地をランキング形式でbest10までご紹介しました。

北海道には、まだまだ他にも人気の温泉や温泉宿、無人で無料で楽しめる山の中の秘湯など魅力的な温泉がたくさんあります。是非、北海道へ旅をしたら宿泊先以外にも温泉を探してみて楽しんでくださいね。

スポンサーリンク