生成りデニムなら秋冬もさわやかコーデ自由自在!おすすめメンズブランド&おしゃれコーデのコツ!

ファッション

『生成りデニム』もちろん色味から由来した名称ですが、ブルーデニムの元になった素材だということが分かりました。

その成り立ち、そして似ていますが『ホワイトデニム』との違いは何か?

便利なアイテムなのですが、取り扱っているブランドを探すのに苦労しました。魅力を再確認しながら、秋冬はもちろんですがオールシーズンアイテムとしてワードローブに加えてください。

スポンサーリンク

生成りデニムとは?

通常デニムと聞くと、藍染めされたインディゴブルーの状態を思い出します。では『生成りデニム』とは何を指すのかというと、それは染色前のデニム生地のコト。

母なる大地から取れたコットン、その風合いを生かしていることからマザーコットンと呼ぶこともあります。

綿糸のカスや葉くずの絡まりがネップ(織り粒)として表れ、素朴で表情豊かな特徴があります。このデニムで作るデニムパンツにもその個性が残っているので、根強い人気があります。

色は『生成り』。これを藍染め(インディゴ染め)すればブルーデニムとなり、漂白することでホワイトデニムになる訳です。

生成りデニム魅力

色は薄いのですが、生地自体の厚さはブルーデニムと変わらないのでオールシーズン対応可能です。

ホワイトデニムを履きたけれど汚れが気になる、という方であればホワイトほど気を遣わない、使い勝手のいいデニムだと思います。

秋冬にホワイトデニムをコーディネートしたいけど、バランスが取りづらいという場合でも生成りデニムならさわやかにキマります。

カジュアルな雰囲気を残しつつ、ブルーデニムほどリラックスしない、そうしたシーンにも相応しいアイテムです。チノパン代わりにジャケットと合わせれば、オフィスカジュアルにも使えそうです。

おすすめの生成りデニム1. ウェアハウス

こちらはBeamsが取り扱う、ウェアハウスの生成りデニムです。ウェアハウスと言えばビンテージジーンズを忠実に復刻することで評判のデニムブランド。双方の感性を融合させた商品に仕上がっています。

ウェアハウスらしい、やや無骨なイメージのデニムなのですが、ビームスというフィルタ―を通ることで現代のニオイを纏いました。

フラワープリントのシャツと合わせるというコーデもビームスならではの提案です。しかしデニムの持つ個性が、男らしさを際立たせています。

真っ白ではないので、秋冬でも活躍してくれます。その季節ならスエードのチャッカブーツで。

おすすめの生成りデニム2. Fire Service

出典:zozo.jp

『QUALITY DAILY WEAR MADE in JAPAN』と題した、ビームスが提案するデイリ―ウェアです。トレンドに左右されず、ずっと愛用したくなるクオリティの高いベーシックアイテムを“made in JAPAN”をベースに生み出しています。

14オンスのしっかりとしたツイルに近い素材を使っていますが、シルエットは現代風にスリムフィットで提案。

履き込むほどに、洗うほどにカラダに沿って馴染んできます。上品な素材感を生かし、足元はパラブーツのアヴィニオン、アウターは秋口ならM65、寒くなったらロング丈のピーコート、フレンチテイストで。

おすすめの生成りデニム3. Levis

最近はああまり見かけませんが、501にも生成りを提案した時代があったようです。デッドストックから見つかりました。

白に近いようですが、素材はLevisらしい、しっかりとした打ち込みを感じます。現行の501と同じスリムフィットなのでコーディネイトに迷うこともないでしょう。

せっかくなのでアメリカらしい着こなしを楽しみましょう。ネルシャツ、色落ちしたボアGジャン、久しぶりにアイリッシュセッターを履きたくなりました。

おすすめの生成りデニム4. Gas

シルエットの美しいパンツ作りと言えばイタリアメイドを思い出しますが、生成りデニムがなかなか見つからず、やっとGasで発見しました。

アーバンストリートを標榜するブランドらしいシルエットを提案しています。ブランドが薦めるコーデは白いタートルニットなどで優しく仕上げること。甘くなり過ぎないように、ハンドニットなどの温もりが必要です。

シルエットはキャロットというクレジットが示されています。ややサルエル風になっているので、適度なルーズ感とストリートな気分を味わうことができます。

足元はボリュームのあるスニーカー、リバイバルしているFLLAのバスケットシューズでマークアップしてください。

おすすめの生成りデニム5. Lee

LEEの生成りデニムと言えばウェスターナーを思い出す方も多いと思います。光沢のあるツイル素材で、履き込むほどに柔らかく変化してきます。特にヒップを包むようなフィット感は他では得られないと思います。

そうしたLEEらしい味わいを残した生成りデニムを、アメリカンカジュアルのアイコン『JCrew』別注商品に見つけました。

シーズンレスに使える生地感なので、春夏はロールアップしてローファーに合わせ軽やかに

。秋冬はレギュラーレングスでブーツに合わせたコーデが楽しめます。

そもそもLEEのシルエットはブーツとの相性が良く、カウボーイに愛されてきました。お手持ちのサイドゴアまたは長く使えそうなウエスタンブーツを新調する計画も練られては。

おすすめの生成りデニム6. Paul Smith

ポールスミスのデニムラインから生成りデニムが提案されています。デザインソースは硝子工場の職人が着るユニホームだとか。

働く男の雰囲気を残しながら、生地作り段階で赤い糸を織り込むことでストリートにも馴染む質感を生み出しました。

前合わせはボタンフライ、ポケットのステッチも無く全体にラフに仕上げることで男好きのするパンツになっています。

カバーオールでラフに着こなしても、タイドアップすればオフィス仕様に。頼もしい仕事着なのです。

おすすめの生成りデニム7. HAND ROOM

このブランドが作るジーンズを見てみると、デニム好きと分かる仕掛けが随所に見つかります。ブルーデニムも素晴らしい出来上がりなので、生成りデニムも大いに期待できます。

旧式の織り機を使った、厚さ12ozのセルビッジホワイトデニムです。味わいを考え、縦糸に白、横糸に生成りを使いました。もちろんフロントはボタンフライ。

シルエットは腰回りに余裕を持たせ、裾に向かってテイパードしているのでチノパン感覚で使える嬉しい仕上がりです。

さらに優れているのは、テフロン加工を施すことで撥水機能が備わっている点。汚れを気にせず履けるのでシーンのONOFFを問いません。

おすすめの生成りデニム8. Denime

レプリカデニムという地位を作り上げたドゥニームにも生成りデニムがありました。セルビッチ付13.0ozデニムを使用した、定番シルエットの66モデルです。

縫製糸を同色にすることで目立たなく上品な仕上がりになっています。 同素材のGジャケットとのセットアップも楽しめます。 生成りカラーならではの柔らかい印象が好感度アップにつながるでしょう。

夏を楽しむなら、プルオーバーの白いBDシャツ、マドラスチェックなどの半袖シャツに、短かめにロールアップしてトップサイダー。

秋からはデニムのウエスタンシャツやネルシャツ、厚手のソックスにビルケンのボストンなどを合わせてアウトドア風に。

紅葉には生成りデニム。

シーズンレスに使える生成りデニムなのですが、敢えて季節感を考えるなら、雪景色はホワイトデニムが似合うかなと。

なので紅葉の時期なら『生成りデニム』がいいのかな、と思った次第です。お手持ちのトップスや靴などを見比べて、あなたらしいコーディネイトを楽しみましょう。