夏のリゾートはパイル地ポロ!大人におすすめのブランド8選!コーデのポイントも!

ファッション

メンズの夏の必須アイテムポロシャツ。ですが、似たようなポロシャツも多く、街着では周りの人と被ってしまう事もあります。

今回は、通常のポロシャツと違った、パイル地にスポットをあて、パイル地ポロシャツのおすすめブランドとコーディネートをご紹介していきます。

スポンサーリンク

パイル地とは

 

パイルとは織り方の一種で、繊維をループ状に織った事を言います。タオルやパジャマ、ソックスなどに使われる事が一般的に多く、一番身近な生地です。

また、吸水性が高いので、春夏ファッションの定番素材としても広く使われております。

## パイル地ポロの良さとは

 

夏の定番アイテムポロシャツ。ポロシャツの中でもデザイン、素材は様々あります。

一見デザインのみで選んでしまうポロシャツですが、実は、素材によって着心地やその見た目も大きく変わってきます。

今回は、ポロシャツに使われる素材の中から夏の定番のパイル地の特徴を解説していきます。

機能面がとても充実している

 

タオルをイメージすると分かりやすいですが、保温性や吸湿性があり夏にはしっかり汗を吸収してくれる非常に万能な素材です。

また、肌触りもソフトで湿気の多い日本では、ストレスなく快適に過ごす事ができます。

印象も変わる

出典:zozo.jp通常のコットン生地と比べ、パイル地は夏の季節感を感じさせてくれます。

また、色物などでパイル地を使っているポロシャツであれば、その見た目は柔らかく、ナチュラルな印象なので、普段ならあまり着こなせないピンクやオレンジなども着こなしやすいのが特徴です。

メンズ パイル地ポロおすすめブランド BAYFLOW(ベイフロー)

2014年に日本で設立されたライフスタイルブランドの「ベイフロー」。

上品さや清潔さ、ヘルシーさをテーマに掲げ、サーフテイストなアイテムを取り揃えております。サーフブランドとの別注も展開するなど注目度の高いブランドの一つです。

出典:zozo.jp

気持ちい自然の風をイメージしたパイル地のポロシャツは、見た目だけでなく、着心地もとても快適です。

また、色褪せたカラーリングもこなれ感やメンズらしさをしっかり演出しております。夏らしくホワイトパンツで合わせると爽やかさが出ます。

メンズ パイル地ポロおすすめブランド LACSTE(ラコステ)

1933年にフランスで設立された老舗アパレルブランドです。

元々が、テニスなどのスポーツ選手が愛用しているブランドでしたが、現在は、ポロシャツと言えばラコステのイメージになりました。ワニのロゴマークが非常に特徴的です。

ポロシャツのカラーバリエーションやサイズ展開も豊富に展開し、お腹周りが気になる大人の方でもしっかりカバーできるシルエットが揃っております。

トレンドのオープンカラーのポロシャツは、一枚着るだけで今年らしさをしっかり演出できます。

メンズ パイル地ポロおすすめブランド nano・universe(ナノユニバース)

国内セレクトショップの中でも抜群に人気を誇るショップ「ナノユニバース」。

ナノユニバースの特徴は、トレンドをしっかり意識しながらも、誰でもスタイル良く着こなせるモードなアイテムが多数展開しているのが特徴です。

ナノユニバースならではの、きれいめパイル地ポロシャツ。通常よくある袖口のリブを取り外しすっきり見せ、リゾート感を感じさせてくれます。

緩めのジョガーパンツや極太パンツなどで、リラックス感ある着こなし方がおすすめです。

メンズ パイル地ポロおすすめブランド 45R(フォーティファイブ・アール)

45Rは1977年に設立した日本のファッションブランドです。

「気持の良い服を着て喜んでもらいたい」という思いから、デザインだけではなく、素材、染め方など45Rならではの視点で他にないアイテムを展開しております。

ZOZOTOWNで見る

一度着れば必ず納得するアイテムが豊富にあるブランドで、まさに大人の方にうってつけのブランドです。

シルエットは今期注目されている緩めのシルエットでラフなイメージですが、生地をしっかりする事でメリハリ感あるポロシャツです。

メンズ パイル地ポロおすすめブランド HYSTERIC GLAMOUR(ヒステリックグラマー)

1984年に日本で立ち上げたブランドの「ヒステリックグラマー」。

設立当初は、レディースのみの展開でしたが、今ではメンズも多数のアイテムがリリースされております。60年代から80年代のロックやアートをキーワードに独自のアイテムを展開しております。

出典:zozo.jp

あまり見かけない、パイル地のオープンシャツ。パイル地の柔らかいイメージをヒステリックグラマーらしくロックに作り上げたアイテムです。

細身のデニムやダメージデニムで合わせ、モードで男らしい着こなし方がおすすめです。

メンズ パイル地ポロおすすめブランド B:MING by BEAMS(ビーミング バイ ビームス)

国内大手セレクトショップBEAMSから生まれたライフスタイルショップです。

世代を問わず、現代のファッションと雑貨なども含むライフスタイルを中心に展開しております。

ZOZOTOWNで見る

誰でも気兼ねなく立ち寄れるショップで、アイテムもトレンドを取り入れたベーシックなアイテムが数多く展開されております。

トレンドのゆとりあるシルエットでリラックス感とリゾート感をしっかり演出できるアイテムです。

メンズ パイル地ポロおすすめブランド CRIMIE(クライミー)

2002年に日本で設立したメンズアメカジブランドの「クライミー」。

男らしい色気のあるアイテムを提案しております。パイル地のポロシャツも柔らかさの中に男らしさをしっかり取り入れたアイテムとなっております。

ZOZOTOWNで見る

メンズ パイル地ポロおすすめブランド Champion(チャンピオン)

言わずと知れたスポーツブランドの「チャンピオン」。主にカットソーなどスエットアイテムではアメリカでは最先端のブランドです。

スポーツブランドらしくカラーバリエーションも豊富で、価格もロープライスな事から年代問わず人気のブランドです。

ZOZOTOWNで見る

ボーダーのマリンテイストなパイル地のポロシャツも季節感があり、とてもおしゃれです。

フロントにはボタンではなく、ガゼットで、アクセントを入れております。一枚で着心地もおしゃれ度もアップしたアイテムです。

メンズ パイル地ポロシャツを使ったリゾートコーデ

出典:wear.jp

シンプルなパイル地のポロシャツを使ったコーディネートです。

ポイントは、ピンクカラーのショーツに合わせ、リゾート感や高級感を演出しております。まさに真夏のスタイリングに相応しいコーディネートです。

メンズ パイル地ポロシャツを使ったアメカジコーデ

出典:wear.jp

絶妙な色合いを取り入れたパイル地のポロシャツのコーディネートです。

少し厚手を選ぶ事で、パイル生地の存在感をより演出できます。また、モノグラムのチノショーツで、アメカジを出しております。

メンズ パイル地ポロシャツを使った70’sサーフコーデ

出典:wear.jp

夏らしいカラーリングのパイル地ポロシャツを使ったコーディネートです。

70年代によく使われていた海と夕焼けの色をモチーフにしたサーフカラーです。同系色のブルーで統一する事で、子供っぽくならず、大人のサーフスタイルの完成です。

夏のリゾートはパイル地ポロ!大人におすすめのブランドとコーデのポイントのまとめ

今回は、パイル地のポロシャツにスポットをあてて、おすすめブランドとコーディネートをご紹介していきました。

いつもと違う見た目の着心地は、とても新鮮で、夏のヘビロテアイテム間違いなしのパイル地ポロ。あなたも夏に向けて、自分に合ったパイル地ポロを見つけてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
ファッション
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび