秋冬の定番M-65ジャケットを大人っぽく着こなす!おすすめメンズブランドと大人コーデのコツ!

ファッション

M-65と言えば映画『タクシードライバー』という方も多いでしょう。他にも映画や雑誌のファッションスナップでは気になる方々が、さらりと着こなしています。

出自は軍モノなので、その放出品などが古着屋を通じて市中に出回り、価格がリーズナブルなことも手伝って、ファッションというよりもお手軽なアウターとして使われていったようです。

特徴や定義などは後述に譲るとして、軍モノならではのタフな作りと醸しだす雰囲気は男ゴコロをくすぐるには充分なスペックです。

実際に戦場や訓練で着用したものが多いので、傷ついたもの、ダメージが補修されたもの、不明なシミや焦げの跡などが見つかります。しかし、それさえもアジとして価値を生むこともあります。

街で着用するにはオーバースペックなのかも知れませんが、その加減さえファンを増やす理由なのです。ここでもキーワードは『機能性』。

しかし、男を惹きつける要素をファッションに高めた商品が各ブランドから発表されています。これまでにはない素材使いもありますが、『機能性』という前では納得です。渾身のモデルを選出しました。

スポンサーリンク

背景を理解して、M-65を着こなす。

M65は、アメリカ軍の戦闘服であり野戦用のジャケットとして生まれました。名前の由来は、1965年に正式採用されたことから。一般的にM-65フィールドジャケットと呼ばれています。

タフな野戦に対応できるナイロン混紡素材が採用され、フードを収納したスタンドカラー、袖口は取扱いが簡易なベルクロが用いられるのが特徴的です。

正式採用されたのはAlpha Industries社、Rothco社が製造するものですが、これべースに様々なモデルがいくつかのブランドによって作られています。

色も基本的なオリーブグリーンだけでなく、ウッドランドパターン、デザートパターン、カモフラージュ柄なども生産され、よりファッションとして注目されるようになってきました。

現在は軍への納入は終了しているのですが、アウターとしての人気が高いため、アメリカ国内、中国などの工場でほぼオリジナルと同じスペックで製造されています。

現在でもファッションアイテムとしての人気は高く、タイドアップしてテーラードジャケット代わりに羽織ったり、カラーパンツと合わせたりなどコーディネートはフレキシブルです。

自分らしいカタチや素材を見つけ、自由に着こなしましょう。

おすすめM-65 1. ロスコ

https://item.rakuten.co.jp/californiastyle/roth-002

ROTHCO(ロスコ)はアメリカ東海岸のマンハッタンで1953年に設立した老舗ブランド。ここで作られた製品がM65として正式にアメリカ軍に採用されました。つまりオリジナルスペックなのです。

現在でも本格的なミリタリーウェアやアウトドアアイテムなどを取り扱っています。現在でもアメリカ陸軍や海軍に納入している信頼性の高いブランドなのです。

仕様をみると、取り外し可能なキルティングが装着され、季節によって着こなしを変化させることが可能です。スタンドカラーのジップ部分にはフードを収納してあります。そして袖口はベルクロで開閉可能。どこまでも本気モードです。

ただし注意したいのはサイズ選びです。アメリカ仕様になっているうえに、軍モノという事で大き目でゆったりした作りになっているようです。そのままの雰囲気を楽しむか、ジャストサイズにリフォームするか、悩むところですね。

さらに新品は、生地がけっこう固いという情報もあります。数回洗濯をしてから着るか、または古着屋をめぐるというのもアリです。本格派を目指すなら外せない一着でしょう。

おすすめM-65 2. ヒューストン

HOUSTONは日本のブランド、スタートしたのは1972年のです。一部のマニアを除いて、ミリタリーをカジュアルに着こなすという習慣がなかった時代に、オリジナルのフライトジャケットを製造して話題になりました。

HOUSTONブランドの母体は現・ユニオントレーディング株式会社ですが、1947年に埼玉で創業しました。その後小売業(牧野商会)を始め、米軍基地の払い下げ衣料をリペアして販売するようになります。

HOUSTONの誕生は1972年。事業を改編しながら確かな地位を確立してきまいた。いわば戦後日本の歩みと共にミリタリーやアメカジというファッションを広める役割を果たし、多くのファンの支持を集めてきた企業であるブランドです。

HOUSTONが注目されたのはM-51=モッズコートでしょう。「モッズコート」とも呼ばれる「M-51」ですが、テレビドラマや映画「踊る大捜査線」で青島巡査部長が着用していた通称「青島パーカー」も、HOUSTONが衣装協力し、提供したものでした。

さて、M-51フィールドジャケットの後続として使われているM-65ジャケットです。こちらはライナーにダウンを装着しているので保温性も高く、真冬でも大丈夫。

さらに取り外しが出来て3シーズンを着れます。ミリタリーアイテムらしいざくっりとしたデザインで大人が似合うアウターです。

HOUSTONでは、デザインや仕様が一部異なるM65も販売しています。紹介したのは、その

中でもっともシンプルなモデルです。見比べてお気に入りを探してください。

おすすめM-65 3.ピューテリー

イタリア人はアメリカもの、軍モノが好きなのだと感じることがあります。雑誌でファッションスナップを見ると多く取り上げられています。

しかし彼らのズルいのは、自分なりのリペアやリフォームを加えていること。アメリカものでありながら、においは既にイタリアものに仕上がっているところでしょう。

M65をイタリア仕様に落とし込むと、こうなる。その答えがPEUTEREY(ピューテリー)から届きました。

PEUTEREY(ピューテリー)は2000年設立の新しいブランドですが、高級感のある洗練されたアウターをメインに展開しています。

キーワードは「スポーティー&エレガント」、色使いをダークに絞るコトで街が似合うドレッシーな雰囲気を確立してます。

スペックを見てみましょう。リモンタ社に別注したナイロン素材はシックな雰囲気でありながら、ミリタリーテイスト溢れたに仕上がりになっています。もちろんフードを内蔵したスタンドカラーを採用しています。

フロントは、グローブ装着のままでもボタンを操作できるように、大きめのスナップボタン式を採用。全てのパーツがやや大きめであり、インパクトがありデザイン性の高さ、クールな表情が印象的です。

M-65 フィールドジャケットという男らしさ、ブラッククロスや機能性あふれる各パーツの美しさ。内蔵したダウンの量も薄く、膨張感ななくオン・オフ問わずコーディネイトしやすいシルエットです。

大人なら、また既に他ブランドのM65をお持ちであれば、次の候補としてラインナップするべき一着と言えそうです。

おすすめM-65 4.MIDA

2013年にイタリア・フィレンツェで誕生したアウターブランド「M.I.D.A(ミダ)」。
フィレンツェ郊外で世代や国籍を超え、大人のために贈られる上質なアイテムを生み出しています。

2018S/Sからは日本を代表するデニムブランドResolute(リゾルト)を率いる林芳亨氏がディレクターに就任しました。

従来のミリタリーやワークをベースにしたスタイルを残しつながら、氏の豊富な見識が生かされた製品が届きました。

こちらは『製品染めポリエステルナイロンダウンライナー付きM-65ジャケット』という製品です。

ブランドを代表するロングセラーモデルは、マイクロファイバー糸を高密度に打ち込み、高収縮加工を施してシームパッカリングと使い込んだような風合いがまず目を引きます。

アメリカものは、サイズ感が大き目で、だぼっとしていて男臭いのですが、こちらは肩はコンパクトに、身頃は適度に細く、袖幅も細目になっています。より今っぽく着こなすことができます。

もちろん4つのフロントポケット、フード内蔵のスタンドカラー、腕の可動域を広げるアクションプリーツ、エポーレットやウエストドローコードなど、M-65ジャケットの基本的かつ機能的なディテールはしっかり押さえています。

着丈バランスが特に素晴らしい。日本人の体型に合わせて作り込まれているので、着たときのしっくり感がポイントですね。

インポートは身体に合わない、そんな悩みをお持ちだった方にはお勧めしたい一着です。

おすすめM-65 5.タトラス

アウターブランドとして高い人気のTATRAS(タトラス)から、定番アイテムM65ジャケットを、よりエレガントな印象にアップデートしたBergamottoというモデルの紹介です。

イタリアらしく厳選したファブリックは、名門テキスタイルメーカーLIMONTA(リモンタ)社の生地。これまでのモデルよりも光沢感が増し、よりしなやかな質感になっています。

コットンナイロンの奥行きのある色合いが使い込まれた印象を演出し、機能的にもシワに強く撥水加工も施されているので、冷たい雨でも活躍してくれる一着です。

シルエットもイタリアならでは。身体に吸い付くような美しいラインながら、程良いゆとりを持たせることでインナーに厚手のニットなどを重ね着をしても、ストレスを感じません。

M65の仕様にならい、ウエストのドローコード、比翼付きのジップとボタンのダブル仕立て、さらに袖口は2段階に調節が可能、ボタン部分は補強テープなどアップデートもぬかりなし。

さらにさらに、最上級のグースダウンを採用したインナーダウンベストは着脱可能。ベストのみ、アウターのみ、ベストプラスアウターの3WAYで着まわせるフレキシブルな作り込みになっています。

『これ一着あれば他のアウターは必要なし』とは言いませんが、ウールパンツからデニムまで守備範囲の広い頼もしい一着であることに疑いはありません。

おすすめM-65 6.アルファ

元祖という表現を使うと、どうもウソっぽいのですが、前述のとおりアメリカ軍に正式採用された1社がAlpha Industries社でした。ですからこのモデルへのオマージュとして、各ブランドが様々な提案をしているのです。

仕様やスペックを見てみましょう。フードを内蔵したスタンドカラー、胸とウエスト下に配置した4つの大型ポケット、背中のアクションプリーツ。もちろんあります。

数多のフィールドジャケットのデザインの基本となった機能性に優れたデザインです。

他にも、フロントジッパーの上からボタンで留められる比翼仕立て、 体と服をを密着させ動き易くするための裾とウエストのドローストリング、手の保護をするための袖口折込式フラップなど、ミリタリーならではのディテールに溢れています。

軍への納入品に比べて、市販品は少しすっきりした作りになっているようです。ですが作り込みに手加減はありません。本気モードのフルスペックです。

映画『タクシードライバー』のデニーロのを真似てタフに着こなすのもあり。またはイタリアおやじのように細身パンツでローファーを素足履きするのもあり。キレイに着るのではなくキレイ目に着こなすことをコンセプトに据えることです。

おすすめM-65 7.バズリクソンズ

骨太のアメリカンカジュアル『Sugar Cane』などを展開する、東洋エンタープライズのミリタリーブランド、バズリクソンズから M-65、しかもユーモア満載の パッチバージョンを紹介します。

モチーフになっているのは、空前の好景気を迎えていた1960年代のアメリカ。一人一台とも言える車社会に突入した時代のことです。全米各地に「カークラブ」が次々に誕生し、街中を徘徊及びクルージングするようになりました。

こちらはその時代の流れを汲むジャケットで、かつてアメリカ軍に所属していた者が愛着のあるM-65を手放さず、退役後に自身のカーライフに関わる自慢のパッチを張りカスタムしたものだと言われています。

背面には自慢の車で疾走する様子がフリーハンドで描かれています。自由の国アメリカを謳歌・象徴するようなアイロニーにあふれた1着です。

クセが強いので、ダメージの入ったデニムなどで真っ向勝負という向きか、ホワイトデニムとビットローファーでサラリと着こなす方向と大きく二通りあります。どちらも決まる懐の深さはM65の真骨頂と言えそうです。

おすすめM-65 8.アヴィレックス

AVIREXの創業は1975年。古き良き時代のアメリカン・スピリッツ、フライトジャケットの歴史、機能的デザインを知り尽くしたAVIREXは、その確かな縫製技術を認められ、ミリタリー・スペック(通称ミル・スペック)を有しています。

そのため米軍の制式コンストラクターとして長きに渡り、フライトジャケットを納入してきました。

1986年には海軍へ「G-1」を、そして1987年の米国空軍誕生40周年、1997年の50周年には記念の制服としてアメリカを代表するフライト・ジャケット「A-2」を作成しています。

また、フライトジャケットの魅力を多くの人たちにもわかってもらうため、タウンユースでもミリタリーウェアを多く送り出しています。

馴染んだ着こなしに見えるエイジング加工を開発、映画「Top Gun(トップ・ガン)」、「Memphis Belle(メンフィス・ベル)」に採用されるなど、フライト・ジャケット/ミリタリーの代表的ブランドとして世界中に知れわたるようになりました。

胸にレイアウトされたタグシール以外は、すべて基本スペックを満たしています。生地の感じも言う事なしの出来栄えです。すでにユーズド加工されているので、買ったその日からヌケ感が漂います。

ウールパンツを網み上げのミリタリーブーツにインするなど、ガチなコーディネートでも嫌味は無いでしょう。ウォッチキャップは黒で攻めます。

M65と言えば、タクシードライバーのデニーロ。

映画『タクシードライバー』の主人公が着ていたM65が、当時ファッションを生業とする人々の評判となりました。衝撃的な展開だけでなく、デニーロというキャラクター、そしてトラビスという主人公の印象、さらにM65が絶妙なシンクロをみせたためでしょう。

あれから何年経過したのでしょう。しかし今でもM65=タクシードライバーという方程式は引き継がれています。

映画では、M65を着こむ事でくたびれた印象が強く残りました。それが映画を支えていたといってもいいでょう。

しかし現代ではそうした影のある側面ではなく、男くさいタフな一面をファッションとして取り上げるようになりました。

同じミリタリーでもMA1ほどの大きなブームにはなりませんが、その時代にあった沿い方でM65が存在感を放っています。

定番のオリーブグリーンだけでなく、黒やカモフラといったバリエーションも豊富なので複数枚所有される方もいるのではないでしょうか。

少しくたびれてきてからが『映える』とSNSにアップする方も多くいます。さて次はどのブランドのどれにしようか。迷う楽しみが、こいつの魅力かもしれません。

スポンサーリンク
ファッション
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび