日本の最高級リゾートホテル6選!一度は泊まりたい魅惑のセレブリゾート!

旅行

現在、日本国内には、ラグジュアリーでセレブなリゾートホテルが数多く存在します。忙しい日常生活をほんの一瞬でも忘れさせてくれる、非現実的なリゾート空間。たまにはのんびりと贅沢を満喫してみましょう!

そこで今回は、日本の最高級リゾートホテルを厳選してご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

日本の最高級リゾートホテル1.ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ

日本のおすすめ最高級リゾートホテル、まずは北海道虻田郡のこちらのホテルをご紹介します。

美しい洞爺湖の西側、山の上に位置するザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパ。日本を代表するリゾートホテルといっても過言ではない、国内外から高い評価を得ているホテルです。

ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパには、フランス料理の「ミシェル・ブラス トーヤ ジャポン」をはじめとして、ミシュランガイドで星を獲得したレストランが3店も入っています。世界的にも最高級の食事も楽しめるのも特徴です。

北海道の素晴らしい景色が楽しめる客室、「サミットスイート」は、贅沢な間取りに最高級の家具、ベッドルームもふたつあり、家族での利用もおすすめのお部屋です。

ホテル内の温泉「山泉」では、羊蹄山などの自然の景色を眺めながらゆったりと湯浴みが楽しめます。数寄屋造りの高級感あふれる温泉で、日本ならではの四季折々の情景を堪能できます。

ザ・ウィンザーホテル洞爺 リゾート&スパへのアクセスは、道央自動車道の虻田洞爺湖ICから車で25分ほど。また、最寄りの駅のJR洞爺駅からは車で16分ほどの距離。なお、洞爺駅からホテルへの無料シャトルバスも利用できます。

日本の最高級リゾートホテル2.坐忘林

つづいてご紹介するリゾートホテルは、北海道の倶知安町にある坐忘林です。北海道ならではの大自然、ニセコの素晴らしい空気に溶け込んだ宿、坐忘林。客室は全15室という比較的小規模な宿です。

坐忘林はそれぞれの客室が独立した形になっているので、プライベート感を大切にしたい方には嬉しい造り。

客室から眺められる自然の風景が素晴らしく、季節ごとの風情や時間の移り変わりなど、いつまでも眺めていたくなります。

ガラス張りで広く見渡せるので、外の自然の風景も部屋のインテリアの一部になっているかのよう。居心地は抜群です。

2015年にオープンした坐忘林は、モダンでスタイリッシュな建物やインテリアの美しさも見どころ。

客室には内湯や露天風呂、源泉かけ流しの温泉も楽しめます。お湯はミネラルが豊富に含まれていて、美肌効果や健康面での効能もあるお湯です。

坐忘林でいただく料理は、日本の四季が感じられる旬の食材を生かした絶品料理。伝統的な要素と現代的なアイデアを見事に融合したおいしい料理です。

坐忘林へのアクセスは、倶知安駅から車で10分ほど。倶知安駅からだと無料のシャトルバスも利用できます。なお、札幌駅からホテルまでは車で1時間45分ほどの距離になります。

日本の最高級リゾートホテル3.アマネム

三重県志摩市にあるアマネムは、伊勢志摩の素晴らしい自然に囲まれた日本を代表するリゾートホテルのひとつ。日本の伝統的な美をホテル全体から感じられる設いも見どころです。

アマネムでは、天然の塩泉でじっくりと体を癒やすことができます。疲労や皮膚疾患など様々な効能があるお湯です。伊勢志摩の雄大な景色とともに存分に楽しんでください。

日本の伝統的な建築の要素を取り入れながら、モダンで上品なデザインのアマネムの建物。スイートは天井が高く造られていて、窓も大きく風もよく通ります。おしゃれで、しかも快適に過ごせるお部屋になっています。

また、快適なデイベッドが用意されているホテルの屋外プールは、自然の景色との境目がないインフィニティプール。昼間の太陽の下でのんびりと過ごすのも良いですし、夕暮れ時の、空がオレンジ色に染まる時間もおすすめです。

ホテルのレストランでは、最高級の松阪牛をはじめとした鮮度の高い食材を使用。三重県ならではの季節感のある日本料理を味わえます。

アマネムへのアクセスは、近鉄賢島駅から車で20分ほど。賢島駅からは無料送迎も行われています。事前に予約をして利用できます。

日本の最高級リゾートホテル4.ガンツウ(guntu)

日本のおすすめ最高級リゾートホテル、つづいてご紹介するガンツウはちょっと変わったタイプのホテル。

なんと船のホテルです。瀬戸内海に浮かぶ非日常感あふれる最高級リゾートを、ぜひ体験してみてください。

木のぬくもりが感じられる上品なインテリアも魅力。スタイリッシュでシンプル、そして使いやすい家具。広々とした船内で、最高級のリゾートを満喫しましょう。

ガンツウの客室は、贅沢なテラス付きのスイートルーム。もちろん外の景色が存分に楽しめるような造りになっています。ソファやベッドに寝そべって、のんびりと海を眺めるのも良いですね。

船内には素晴らしい景色も楽しめる大浴場や、快適な縁側、ラウンジやエステもあり、様々な過ごし方ができます。おしゃれで洗練されたダイニング、カフェバー、ショップもあります。

ガンツウへのアクセスは、まずは尾道のベラビスタマリーナへ。そこが船の発着地点となります。

マリーナへは、JR松永駅から車で15分。尾道駅、福山駅からは車で30分ほどの距離になります。なお、広島空港や福山駅からマリーナへの送迎も行われています。

【ベラビスタマリーナ】広島県尾道市浦崎町1364-6

スポンサーリンク
旅行
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび