モテる40代のスーツ術!おしゃれコーデのポイント!

ファッション

経験と実績を積み重ねた40代、仕事で着慣れたスーツがモテるアイテムになります。モテるスーツスタイルがオフィシャルな場でもプライベートでも大きな力になることを、40代の方はすでに感じとっていらっしゃると思います。

40代のモテるスーツ、シックに着こなしてこそのおしゃれコーデのポイントをご紹介いたします。

スポンサーリンク

40代モテるスーツの基本

スーツは男性の体型をもっとも美麗に見せる装いと、昔から言われてきました。これは年代を問いません。したがって、40代のモテるスーツのおしゃれコーデは、ご自分の体型にフィットするサイズを選択する段階から始まります。

モテる40代のスーツスタイルを完璧にするための、正確なサイズ選択を基本に、スーツの色と型、シャツやタイ、その他の小物たちとのコーデをご提案したいと思います。

モテるスーツ術 サイズの選択

40代のモテるスーツ術、まず最初に重要なポイントはスーツのサイズの選択です。スーツの原点は、イタリアン、フレンチその他、あれこれと挙げていっても、やはりブリティッシュ・スタイルにあります。「背広」の語源を考えてもそう言えるはずです。

40代の体型は、それまでの過ごし方でそれぞれ個性的です。しかし、どのような個性であれ「スーツは肩と胸で着る」という感覚を出発点においていただいくことをお勧めいたします。

モテるスーツの基本はジャストサイズです。ただ、現在のジャストサイズと言われるものは、余裕感を身にまとうことができる40代にとって窮屈に思えます。

ですから、上着のサイズを選ぶとき、胸の裏ポケットに手のひらを入れて、ラペルに変な皺がよったり、表地が無理に引っ張られていないかなどをチェックしてみてください。

手のひらがポケットの中のものを楽に出し入れできる、この程度にゆとりのあるチェストサイズが40代にとってベストです。

着丈についても、社会人になりたての人とは違う40代ですから、ヒップが半分以上は隠れるものにしたいです。

上着の袖の長さも、おしゃれに見えるバランスがあります。裄丈が手首の踝状のところ(茎状突起)までくるシャツを選んだとして、この袖口が1~1.5センチほど見える程度がモテる長さです。

こういった点については、購入する際に細かく修正をしておきますと、実際にお召しになったときのおしゃれ感がアップされます。

トゥラウザースについて注意したいのは、履き心地が見た目と比例することです。つまり、履いただけで大きな皺がよってしまったり、履き心地も見た目も窮屈なものはモテるスーツスタイルのためになりません。

40代のモテるスーツスタイルとしては、1本か2本のプリーツが入ったトゥラウザースのものをお勧めしたいです。

店頭で見つけることができたら、内倒しのプリーツが2本あり、腰回りがゆったりしたものを選ばれたらいかがでしょうか。

実際、おしゃれなスーツのトレンドを見ますと、しばらくは少しのゆとりを持たせたジャケット、プリーツ入りのトゥラウザースがファッショナブルなものでありそうです。

(たとえば、 VOGUE 五大陸などをご覧ください)。

モテるスーツ術 スーツの色

40代のモテるスーツ術、次に重要なポイントはスーツの色選びです。ヘアー、瞳そして肌の色、これらを欧米圏の人たちは衣服選びの基本にします。英国が発祥の地であるスーツもまったく同じです。

ヨーロッパのセレクトショップなど(たとえば LODENFREYをご覧ください)で服を選ぼうとすると、お店の方がさっと全身を見て、その人の雰囲気から似合うスタイルを指摘する一方で、瞳の色を確認しようとされます。

この記事を読まれる方の多くは髪も瞳も黒だと想います。多少はヘアーにグレーが混じりだしたかもしれません。となると、モテるスーツの基本カラーは「黒、灰、紺」の三色になります。

出典|RALPH LAUREN

後ろの色から行きますが、三番目のネイビーはビジネスシーンなら当たり前のものです。ほとんどの方がネイビーの無地、そして上の写真にあるようなストライプ柄のスーツをお持ちでしょう。

ですから、ここはビジネスでもオフでもモテるスーツとしてチェック柄、たとえばウインドペインをお勧めします。

なぜなら、チェック柄がこの2~3年のトレンドと言われているにもかかわず、周囲に着こなしている人があまり多くないからです。これを着こなしてこその40代のモテるスーツではないでしょうか。

グレーは上質な無地とチェック柄をお勧めします。40代なら、明るいグレーもダークグレーやチャコールグレーも似合うと思います。明るいグレーなら軽やかなイメージを、黒に近いグレーのスーツは落ち着いた40代を演出してくれます。

お出かけの目的やその場所の雰囲気に応じて、身につけるグレースーツを変えてゆくのもモテる40代なら可能でしょう。

黒のスーツ、無地のそれをそのまま着るのは喪服のイメージがつきまとい、何かと難しいものです。そこで、シックな40代を見せるには、シャドウチェックをチョイスすることをご提案します。

これならば、仕事のあとのコンサートやディナーでもレディのエスコートにぴったりです。この生地のもので、ラペルドベスト(襟付きのウエストコート)のスリーピース、あるいは細身のダブルブレストスーツを選んだならば、40代の魅力をより引き立たせると思います。

40代モテるVゾーンと小物コーデの基本

仕事でも重要な職務を果たすのが当たり前になった40代、タフであると同時にいつまでも清潔感を保っていることが大切でしょう。

そのために必要なシャツとタイ、小物類について、40代のためのおしゃれコーデをいくつかご提案したいと思います。

モテるスーツ術 シャツとタイ

40代のモテるスーツ術、次はシャツとネクタイのコーデです。シャツは、まず第一に白をお勧めしたいです。しっとりとした上質なスーツへとコーデするシャツに、他の色は無用と言っても良いくらい白がお勧めです。

単なるホワイトシャツでは不十分と思われたなら、無地のスーツに織り柄のホワイトシャツはいかがでしょうか。ただ、チェック柄のスーツに織り柄チェックのシャツを合わせる場合、チェックの大きさを思い切り変えたほうがよろしいと思います。

同じ大きさのチェックを重ねるのは、見る方にゴチャゴチャ感を与えてしまいます。

ホワイトシャツでもうすこし遊び心を入れたいのなら、ホワイト&ホワイトのクレリックシャツ、身頃が織り柄でカラーとカフスが無地といったものをコーデするのも素敵です。

モテるスーツ姿の40代でこそ、装飾過剰なシャツは問題外にして、引き算の美学を愉しんでいただきたいと思います。

素敵にスーツを着こなしてモテる40代には、ここ数年の間、クールビズの風潮に乗った装飾過剰なシャツは問題外です。

スーツとシャツのコーデ、40代という輝く時期にこそ引き算の美学を愉しんでいただきたいと思います。

タイはそれぞれのお好みでチョイスするのがベストです。ただ、モテるスーツのコーデとなると、シャツがホワイト、これには落ち着いた色調の小紋プリントかペーズリー、あるいは無地のタイを合わせることをお勧めします。

信頼感と落ち着き、これを醸し出すことができるからです。

カラーシャツを着たい場合、やや難しい上級テクニックになりますが、スーツと同色にしてしまいましょう。

もちろんこの場合のタイは、スーツ、シャツと同色です。そう、ワントーンで決めることをご提案いたします。

モテるスーツ術 アクセントは小物だけ

40代のモテるスーツ術、次はアクセントの小物使いです。ベースとなるスーツとシャツ、それにタイが決まりました。あとは小物類です。これで遊び心を表現できるのが、大人の40代のスーツコーデ、モテるコーデです。

仕事帰りのデートなら、ダブルカフスのシャツにカフリンクスは難しいかもしれません。ですから、カフリンクスをアクセサリーとしてつけるかどうかは、その日の仕事内容に応じて決めるほうが無難と思います。

キーボードを打っている時間が長い日、カフリンクスはときに邪魔に思えてしまうでしょう。

40代のモテるコーデで、忘れて欲しくないのはポケットチーフです。シャツの色に合わせる、これが基本で失敗がありません。

出典|五大陸

ポケットチーフを使う習慣がなかった方は、これに慣れるまで白シャツに白のポケットチーフをお勧めします(織り柄のものが素敵です)。

差し方は、胸ポケットと平行線になるようなTVホールドでも、ふんわりと優しげでほんのりゴージャス感のあるパッフドでも、無造作に差し込んでチーフの四辺の角を見せるクラッシュドでも、そのときの気分で選びます。

お勧めはパッフドですが、重要な商談などのときにはTVホールドが無難かもしれません。

ただし、タイと同じ布地のポケットチーフを合わせることだけはNGです。お仕着せのままで満足していると誤解されるからです。

ずぼらな印象を与えかねないセットに思えますので、こうしたチーフは別のタイのときに使って、おしゃれなコーデにしてしまうことをお勧めします。

ポケットチーフはかなり派手な色柄でも、胸ポケットからのぞかせる量で、その方らしさを控えめに表現するアクセントになります。

たとえば地味に見えるネイビースーツにホワイトシャツとネイビータイ、これにワインカラーとネイビーで彩られた大きなペイズリー柄のチーフを合わせて、少しだけポケットからのぞかせるのも強いアクセントになります。

この意外感が、多くの方におしゃれにスーツを着こなしていると思わせるはずです。

もう一つ大事なアクセントがあります。ブレーシーズです。要は、アメリカ英語でいうサスペンダーです。

上着を脱いでシャツ姿で仕事に集中している場合、スーツの裏地やタイの色に合わせたブレーシーズが、その姿をいつもと違った印象を見る人に与えてくれるはずです。

出典|ISETAN MENS net

ブレーシーズは挟んでパッチンのクリップタイプでなく、トゥラウザースのブレーシーズ用ボタンにきちんとつけられるものを強くお勧めします。

もしトゥラウザースにボタンがついていなければ、洋服修理屋さんでつけてもらってでも、ボタン止めにこだわっていただきたいと思います。

モテる40代のスーツコーデ まとめ

モテる40代のスーツ術、おしゃれコーデの基本のポイントは「シンプルに」です。

忍ぶれど色に出にけりでなく、忍ぶだけ忍んでも色に出てこない抑制感、この点をいつも意識したスーツのコーデをお勧めいたします。

このコーデが、40代という、まだ若々しいと同時に成熟した大人である時期のモテるスーツ術です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク