九州のおすすめオートキャンプ場厳選8!おしゃれなソロキャンプもOK!オートキャンプ場とは?

アウトドア・スポーツ

テントを設営するサイトのすぐ横まで車を乗り入れることができるオートキャンプ場は、手軽にキャンプが楽しめるのでファミリーや女性のソロキャンパーにも人気です。

今回は九州でおすすめのオートキャンプ場を厳選して8か所ご紹介します。

スポンサーリンク

九州おすすめオートキャンプ場 1.大分農業文化公園オートキャンプ場

九州のおすすめオートキャンプ場、最初のご紹介は「大分農業文化公園オートキャンプ場」です。

大分県杵築市山香町の「大分農業文化公園オートキャンプ場」は、東九州自動車道の大分農業文化公園インターチェンジから約4分とアクセス抜群の場所にあります。

オートキャンプ場は、日指ダム湖を囲むように広がる東京ドーム25個分もの広大な広さを広さを誇る「大分農業文化公園」の中にあり、30区画のオートキャンプサイトと1棟貸切りタイプのコテージと連棟でテラスハウスタイプのコテージとがあります。

オートキャンプサイトの30区画全てには、AC電源とイスとテーブルのセットがついています。場内には、炊事棟やトイレ、シャワー室、コインランドリーなどの充実した施設が揃えられています。

公園には、世界中の蝶の標本が展示された「花昆虫館」や大分の焼酎やワイン、地ビールやさまざまな特産品が並ぶ「豊の国物産館」、じゃがいもやサツマイモなどの野菜を栽培している体験農場などの施設が併設されています。

また、「大分農業文化公園オートキャンプ場」には、すべり台やロープの吊り橋など大型遊具がある「レイクサイドキャッスル」や「風のリズム公園」などもあり、ファミリーで楽しく遊べます。

■詳細情報

大分農業文化公園

住所 大分県杵築市山香町大字日指1-1

九州おすすめオートキャンプ場 2.オートキャンプ森のかわなべ

九州のおすすめオートキャンプ場、次のご紹介は「オートキャンプ森のかわなべ」です。

「オートキャンプ森のかわなべ」は、鹿児島県南九州市川辺町にあるオートキャンプ場で、南薩縦貫道の川辺インターチェンジからすぐの場所にあります。

「オートキャンプ森のかわなべ」は緑豊かな森林に囲まれたキャンプ場で、場内には42区画のオートキャンプサイトとフリーサイト、アメリカのエアストリーム社製のキャンピングトレーラーが付いた大小2つのトレーラーサイトがあります。

トレーラーには、流し台、トイレ、シャワー、ソファー、冷蔵庫、IH調理器、電子レンジ、エアコンなど快適に過ごせる装備が揃えられています。

オートキャンプサイトは、A・B・C3種類の区画サイトがあり、全てのサイトにAC電源が完備されています。最も広いCサイトは、広さが約18m×8mあり、キャンピングトレーラーも駐車することができます。普通車なら3台駐車可能で、3家族でも利用できます。

「オートキャンプ森のかわなべ」の場内には、アスレチック遊具が設置された広場や、ボルダリングジム、ドッグラン、MTBコース、キャンプファイヤーピットなどの施設もあります。

■詳細情報

オートキャンプ森のかわなべ

住所 鹿児島県南九州市川辺町野崎8138-1

九州おすすめオートキャンプ場 3.くにの松原キャンプ場

九州のおすすめオートキャンプ場、3番目ご紹介は「くにの松原キャンプ場」です。

「くにの松原キャンプ場」は、鹿児島県曽於郡大崎町にあるオートキャンプ場で、ウミガメの産卵で知られる日南海岸国定公園に位置する益丸海岸に面しています。

キャンプ場内には、オートキャンプサイト、フリーキャンプサイト、8人用のバンガローが2棟、6人用のバンガローが4棟あり、全てのバンガローの前にはバーベキューテーブルが設置されています。

オートキャンプサイトは、テント1張とタープ1張に十分な空きスペースがあり、AC電源と木製のテーブルが設置されています。利用料金は1区画2580円です。

「くにの松原キャンプ場」の場内には、50mの屋外プールや幼児用プール、スライダーの他、展望遊具、遊歩道などがあり子供から大人まで自然の中で楽しめます。松原遊歩道では、ウォーキングや自然散策が楽しめ、またセグウェイに乗って遊歩道を1周するツアーも人気です。

■詳細情報

くにの松原キャンプ場

住所 鹿児島県曽於郡大崎町益丸226-1

九州おすすめオートキャンプ場 4.バルンバルンの森(洞門キャンプ場)

九州のおすすめオートキャンプ場、4番目のご紹介は「バルンバルンの森」です。

「バルンバルンの森」は、大分県中津市本耶馬渓町、森の中にある小さなキャンプ場です。廃園寸前だったキャンプ場を夫婦でコツコツ手を加え、まるでジブリ映画のような世界観でかわいいツリーハウスやカフェ、ハンモックなどが並んでいます。

「バルンバルンの森」では、「森のTiny house」とテントを持ち込んでのオートキャンプサイトと2つの宿泊スタイルが選べます。

「森のTiny house」には、オリジナルのカウンターや家具、冷蔵庫、キッチンなどがついた部屋の「カフェスタイル」やロフトベッドがついた「スタンダード」など7棟の宿泊施設があり、その棟にも部屋にはハンモックが吊るされています。

「バルンバルンの森」の施設内には、大人も子供もワクワクできるツリーハウスが2つあり、そのツリーハウスの横が2組限定のオートキャンプサイトになっています。AC電源と水道、外灯が完備されペットもOKです。

キャンプ場の場内には他に、フリーキャンプサイトの「星空満天フリーサイト」もあり20張りのテントが設営できます。

■詳細情報

バルンバルンの森

住所 大分県中津市本耶馬渓町曽木459-9

九州おすすめオートキャンプ場 5.スノーピーク奥日田

九州のおすすめオートキャンプ場、5番目のご紹介は「スノーピーク奥日田」です。

大分県日田市前津江町の標高950mの山の上にある「スノーピーク奥日田」は、スノーピーク直営のキャンプ場です。直営のキャンプ場ということでスノーピークのショップも併設され購入だけでなく、スノーピークのテントなどをレンタルすることもできます。

「スノーピーク奥日田」には、区画電源オートサイトなど60以上の区画があり、区画電源オートサイトの利用料は、1サイト6名まで、車1台、/テントとタープ1張で3,780円(税込)です。

キャンプ場の場内には、管理棟やスノーピークストア、炊事棟、水洗トイレ、アスレチック、自動販売機、お風呂、コインシャワー、屋根付大広場などの充実した施設があります。

「スノーピーク奥日田」の魅力は、スノーピークのテントやタープなどがレンタルで使えること。購入前に実際に使ってみて、気に入れば併設するショップで購入できるので安心です。

■詳細情報

スノーピーク奥日田 | スノーピーク * snow peak

住所 大分県日田市前津江町大野64-1

スポンサーリンク