フィットビット・アルタを使ってみた感想!活動量計+心拍計+睡眠チェック機能の人気ウエアラブルギア!

ライフスタイル

今流行りのウエアラブルヘルスケアグッズで人気の高いフットビットは優れものだ!と聞き、早速(遅ればせながら)フィットビット・アルタをAmazonで購入し、使ってみました。使い方や使ってみた感想をまとめましたので、フィットビットや他のウエアラブルギアの購入を考えていらっしゃる方は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

Fitbitのセッティング、使い方

Fitbitにはシリーズがいくつかありそれぞれ機能が異なります。私はランニングはあまりしないので、基本的なな機能が付いた、altaHR(アルタ エイチアール)というシリーズにしました。機能としては、活動量、万歩、心拍、睡眠時間やその質が計れるので、一般人には十分。

上の写真がフィットビット・アルタのギアの一式ですが、ベルト付きの本体と充電用のコードのみととてもシンプル。利用時には専用の無料アプリを自身のスマホにダウンロードして使います。

フィットビット・アルタは初期セッティングも思いのほか簡単で、iPhoneならApp Store、AndroidならGoogle Playでフィットビットアプリをダウンロードし、アプリ上で、設定をします。下の写真が、iPhone用のフィットビットアプリのダウンロード画面です。

アプリの用意ができたら、フィットビット本体とアプリの同期を行います。その際、スマホのBluetooth機能をONにするのをお忘れなく。

フィットビット本体は、充電用コードにセッティングし、PCのUSBポート(穴)に繋いでおきます。フィットビット本体の液晶に表示されている個体識別番号をアプリ上に入力しセッティング開始。

セッティング時には利用者の年齢、性別、身長等の情報と個人の目標に関するアンケートの回答などを入力します。個人の身体情報などはより詳しい運動量を把握するためにもキッチリ入力することをおすすめします。

また、アンケートにもキッチリ答えればおすすめの使い方、機能を推薦してもらえます。目標はあまり高いものを設定しすぎない方が良いと思います。やはり達成感が無いとなかなか長く続けられないと思いますし、達成時に通知が来るのもうれしいものです。(通知設定はオフにもできます。)

私の場合は、日々の歩数と距離、消費カロリー、睡眠時間とその質を毎日把握したかったので、その項目の目標設定をしましたが、その他にも摂取カロリーや、摂取水分量、減量(ダイエット)などの目標設定が可能な様です。

アプリを含めフィットビットのセッティングはものの5分程度で完了しますので、早速使い出したいところですが、暫くPCに繋いだままフィットビット本体に十分充電をしてから使いましょう。PCのUSBポートでの充電というのが少し不便な気もしますが。

Fitbit alta HR(フィットビット アルタ エイチアール)のサイズ選びとサイズ感

Fitbit alta HR(アルタ エイチアール)の装着感を一度試してみたかったので量販店で購入しようとしたのですが、合うサイズの在庫がなく、結局Amazonで購入。手首の太さに合わせ、サイズがいくつかに分かれているので購入前に要チェック。商品説明にサイズが記載されています。

実際のサイズ感ですが、手首外周18cmの男性でLargeサイズを選択し、ベルト穴は一番内側で使用中です。

手首外周17cmの女性でSmallサイズを選択し、ベルト穴は一番外側か外側から2番目で使用中です。