フィットビット・アルタを使ってみた感想!活動量計+心拍計+睡眠チェック機能の人気ウエアラブルギア!

ライフスタイル

今流行りのウエアラブルヘルスケアグッズで人気の高いフットビットは優れものだ!と聞き、早速(遅ればせながら)フィットビット・アルタをAmazonで購入し、使ってみました。使い方や使ってみた感想をまとめましたので、フィットビットや他のウエアラブルギアの購入を考えていらっしゃる方は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

Fitbitのセッティング、使い方

Fitbitにはシリーズがいくつかありそれぞれ機能が異なります。私はランニングはあまりしないので、基本的なな機能が付いた、altaHR(アルタ エイチアール)というシリーズにしました。機能としては、活動量、万歩、心拍、睡眠時間やその質が計れるので、一般人には十分。

上の写真がフィットビット・アルタのギアの一式ですが、ベルト付きの本体と充電用のコードのみととてもシンプル。利用時には専用の無料アプリを自身のスマホにダウンロードして使います。

フィットビット・アルタは初期セッティングも思いのほか簡単で、iPhoneならApp Store、AndroidならGoogle Playでフィットビットアプリをダウンロードし、アプリ上で、設定をします。下の写真が、iPhone用のフィットビットアプリのダウンロード画面です。

アプリの用意ができたら、フィットビット本体とアプリの同期を行います。その際、スマホのBluetooth機能をONにするのをお忘れなく。

フィットビット本体は、充電用コードにセッティングし、PCのUSBポート(穴)に繋いでおきます。フィットビット本体の液晶に表示されている個体識別番号をアプリ上に入力しセッティング開始。

セッティング時には利用者の年齢、性別、身長等の情報と個人の目標に関するアンケートの回答などを入力します。個人の身体情報などはより詳しい運動量を把握するためにもキッチリ入力することをおすすめします。

また、アンケートにもキッチリ答えればおすすめの使い方、機能を推薦してもらえます。目標はあまり高いものを設定しすぎない方が良いと思います。やはり達成感が無いとなかなか長く続けられないと思いますし、達成時に通知が来るのもうれしいものです。(通知設定はオフにもできます。)

私の場合は、日々の歩数と距離、消費カロリー、睡眠時間とその質を毎日把握したかったので、その項目の目標設定をしましたが、その他にも摂取カロリーや、摂取水分量、減量(ダイエット)などの目標設定が可能な様です。

アプリを含めフィットビットのセッティングはものの5分程度で完了しますので、早速使い出したいところですが、暫くPCに繋いだままフィットビット本体に十分充電をしてから使いましょう。PCのUSBポートでの充電というのが少し不便な気もしますが。

Fitbit alta HR(フィットビット アルタ エイチアール)のサイズ選びとサイズ感

Fitbit alta HR(アルタ エイチアール)の装着感を一度試してみたかったので量販店で購入しようとしたのですが、合うサイズの在庫がなく、結局Amazonで購入。手首の太さに合わせ、サイズがいくつかに分かれているので購入前に要チェック。商品説明にサイズが記載されています。

実際のサイズ感ですが、手首外周18cmの男性でLargeサイズを選択し、ベルト穴は一番内側で使用中です。

手首外周17cmの女性でSmallサイズを選択し、ベルト穴は一番外側か外側から2番目で使用中です。

Fitbit alta HR(フィットビット アルタ エイチアール)を使ってみての感想

フィットビットを毎日使ってみての感想ですが、最初は入浴時以外ずっと手首に何かつけていると、やはり違和感があり時々はずしていましたが、暫くすると慣れまてきました。
この違和感に耐えられず頻繁に外すようになり、そのうちフィットビットを使わなくなる人もいるようです。

特に睡眠時には装着感が気になる方も多いかもしれませんが、私の場合睡眠時の様子を詳しく知りたかったので頑張って付けるようにしています。あと、フィットビット本体の手首の皮膚に接する部分が金属なので金属アレルギーの人は、注意が必要だと思います。

フィットビットは光学式心拍計(光の反射を利用して脈を読み取る方式。)なので脈拍が綺麗に取れる気がします。脈をきれいに測れるので、睡眠時の状態もより正確に把握できるのかな?と思います。

フィットビットの睡眠時の状態の計測は優れもの機能です。眠りに落ちた時間、目覚めた時間、睡眠時間が分かるのはもちろん、浅い睡眠、深い睡眠、レム睡眠の時間や途中で目覚めた時間までもアプリ上でグラフで解析して表示してくれます。 アプリ上でベンチマークや、過去30日の自分の平均データとの比較も出来ますので、自分の睡眠状況を知るにはとても便利な機能です。あまり眠れていないなと思ったのに実はよく眠れていたなんてこともしょっちゅうで、いかに自分の感覚が曖昧かが良くわかりました。

暫く測っていると、こういう睡眠パターンの時には、自分ではこんな感覚になるんだな!なんていう気付きも沢山あって面白いです。お酒を飲んだ時や、激しい運動をして疲れた時の睡眠なども、平常時と比較してみたら面白いです。

また、心拍ですが、装着中は常時脈をとってくれているので、自分の平常時の脈拍数が分かり、毎日見ていれば異常時にはすぐに気付くこともできます。私はあまりお酒が強い方ではないのですが、お酒を飲んでいる時の脈の上がり様を見ていると少し怖くなります。

歩数や、距離、消費カロリーは他の活動量計や万歩計でも測れると思いますが、やはりアプリ上に毎日数字が記録されると、歩かないと!というモチベーションになってとても良いです。

あまり、数字の低い日が続くと不安になり、取り返そうと意識して長く歩いたりもするようになります。やはり自分の記録がずっと残っていくというのが続けるためのポイントなのかなと思います。無論、クラウドでの保管なので容量を気にする必要もありません。

フィットビット本体のベルトは私は標準タイプの黒を使っていますが、色々なカラーバリュエーションが出ていて着せ替えが可能です。自分の好みのカラーで楽しむのも良いと思います。

Fitbit alta HR(フィットビット アルタ エイチアール)を使ってみての感想 まとめ

ウエアラブルヘルスケア分野で人気の高いフィットビットですが、さすがに話題の米国のベンチャー企業がつくる製品だけあって、今までの万歩計や活動量計とはその機能やユーザビリティーで一線を画するハイテクギアという印象でした。

光学式センサーによる脈のよみとりやデータ解析など、先端のIT技術を肌で感じられるサービスで、今後の機能追加(あるかどうかは分かりませんが)が楽しみです。せっかく膨大な個人のヘルスケアデータが集まるわけですから、何か一歩進んだサービスの展開を期待してしまうのは私だけでしょうか?やっと装着感にも慣れたので、頑張ってフィットビットを使い続けようと思います!

スポンサーリンク
ライフスタイル
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび