京都 湯豆腐の名店8選!おすすめのこだわり名物湯豆腐の数々!

関西

京都の名物料理の1つといえば湯豆腐ですよね。テレビや雑誌でご覧になり、食べたいと思ったことはありませんか?

京都の湯豆腐の名店はたくさんあるので、どこがおすすめなのか迷ってしまいます。

そこで、京都の湯豆腐の名店を8店厳選し、ご紹介させていただきます。さらに、お店ごとにこだわり名物の湯豆腐をご紹介します。

スポンサーリンク

京都おすすめの湯豆腐の名店1.南禅寺 順正

京都のおすすめの湯豆腐の名店、最初にご紹介するのは、南禅寺 順正です。地下鉄東西線「蹴上駅」から徒歩約5分、南禅寺 順正は南禅寺門前の茶屋料理としてうまれました。現在も、趣あるたたずまいが美しいです。

公式サイト「名物ゆどうふ」に掲載されているメニューは予約ができません。ゆどうふ優先案内として、満席のときに優先して案内されるシステムをご利用ください。

南禅寺 順正の湯豆腐は「順正の名物」として古くから親しまれてきました。シンプルな湯豆腐をメインとするお料理は、私たちの体の奥からあたためてくれそうです。

江戸時代の書物にも南禅寺の湯豆腐が名物であったことが記されています。南禅寺 順正の湯豆腐は国産大豆を使った豆腐を厳選し、名物の湯豆腐のタレで味わいます。

口に含むと、口いっぱいに湯豆腐のあたたかさと甘みが広がり、あとからほんのりと大豆のもつ味わいが広がります。京都に来たことを実感できます。

湯豆腐を扱ったおすすめメニューとして、ゆどうふ(花、月)、おてまえどうふがあります。2,000円から4,000円くらいですので、ご予算に応じてお選びください。

南禅寺 順正のゆばは、糖度が高く、高タンパクな国産大豆を使った自家製の豆乳から作ります。あたたかいお鍋から出てくるゆば、見た目もとてもうつくしくおすすめです。

自分自身で作ったゆばの食感と、優しい味わいをかみしめる時間は、京都に来たことを思い出すキーワードになるのではないでしょうか。

登録文化財である順正書院にて、名物の湯豆腐やゆばを味わう時間はこの上ないぜいたくですね。食べ終わったあとは、趣ある回遊式庭園を歩きましょう。

京都おすすめの湯豆腐の名店2.総本家 ゆどうふ奥丹清水

京都のおすすめの湯豆腐の名店、次にご紹介するのは、ゆどうふ 奥丹清水です。

ゆどうふ 奥丹清水は「祇園四条駅」から徒歩約15分のアクセスです。周辺は2年坂から見る八坂の塔や善光寺堂など京都の名所が数多くあります。

ゆどうふ 奥丹清水は375年ほど精進料理店として続く老舗です。名物である湯豆腐は昔ながらの伝統的な製法で職人さんが毎朝作っています。

塩から抽出される天然のにがり、さらに滋賀県の契約農家で作った無農薬大豆を使ったこだわりの湯豆腐は、ほんのり甘い中にとうふのうま味もしっかり生きている名物料理です。

ゆどうふ 奥丹清水のおすすめは「昔どうふ一通り」(4,000円、税別)です。湯豆腐をメインに、田楽、とろろ汁、ごま豆腐、精進天ぷらなどがならびます。

「昔どうふ一通り」の湯豆腐は固めのお豆腐です。やわらかい味わいのお豆腐は「おきまり一通り」(3,000円 税別)があります。どちらもおいしいですよ。

夏の暑いシーズンは冷奴もおすすめです。冷奴一通りは、ほてった私たちの体をほどよく冷やし、甘くて趣ある豆腐の味わいが口いっぱいに広がります。

そして、美味しい豆腐料理を味わう先には、約600坪の美しい庭園が広がります。春夏秋冬、それぞれの季節の美しさを楽しむことができ、これも名物の1つです。

名店の1つであるゆどうふ 奥丹清水は予約をおすすめします。1か月前からの予約が可能ですので、ぜひご利用ください。

京都おすすめの湯豆腐の名店3.清水順正おかべ家

京都のおすすめの湯豆腐の名店、次のご紹介は清水順正 おかべ屋です。

清水順正 おかべ家は市バス 206系統または100系統に乗車し、五条坂で下車して徒歩約10分のアクセスです。

清水寺参道があり、少し足を踏み入れた京町家の風景の中に清水順正 おかべ家はあります。バリアフリー設計のゆったりした店内からは京都の街並みを眺めることができます。

WEBからの予約はできません。電話またはFAXにての予約をおすすめします。なお、季節のお料理につきましては予約ができません。

清水順正 おかべ家のおすすめメニューはゆどうふ藤(2,160円 税込)またはゆどうふ桜(3,240円 税込)です。特製のゆどうふタレがうまみを引き立てます。

セットになっている田楽や天ぷらもそれぞれ美味しく、シンプルな湯豆腐の良さをよりいっそう引き立てるものになっています。田楽はとくに名物料理ですよ。

清水順正 おかべ家の名物とうふは北海道産の寒い地域の大豆と、国内産のあたたかい地域の大豆をあわせたものを店内の豆腐精製所でつくっています。

口いっぱいに広がるうま味は、体全体をぽかぽかとあたため、日々の疲れを少しずつときほぐしてくれるような感覚になります。

「おてまえ豆腐」や個性的な「とうふ丼」も人気です。もちろん、素材の美味しさをふんだんに取り入れた「季節のお料理」もみのがせません。

「生麩の天ぷら田楽」も単品で味わうことができます。さまざまな豆腐料理が単品で味わうことができるのは、かなり魅力的ではないでしょうか。

京都おすすめの湯豆腐の名店4.湯豆腐 嵯峨野

京都のおすすめの湯豆腐の名店、次にご紹介するのは、湯豆腐 嵯峨野です。

湯豆腐 嵯峨野は嵐電線「嵐山駅」から徒歩約5分のアクセスにあります。京都の観光名所である嵐山。観月橋からしばらく歩いたところに天龍寺があります。

天龍寺の境内に数奇屋風の落ち着いた日本建築としてたたずむのが、湯豆腐 嵯峨野です。落ち着いたたたずまいと自然の中にとけこみ、雰囲気はバツグンに良いです。

湯豆腐 1人前3,800円(10品)は京都で愛されている嵯峨豆腐を使用し、京都ならではの名物料理をふんだんにあしらっています。

冬は名物の湯豆腐で心をあたため、夏は湯豆腐、辛子豆腐、三輪の冷やしそうめんの中からメインをお選びいただけます。うつろいゆく季節と共にメニューも変わるのですね。

おすすめのメニューは?と聞かれそうですね。メニューは湯豆腐 1人前3,800のみです。メニューの中の京野菜を使った天ぷらは食感が最高ですよ。

京都の美しい自然をながめながら、落ち着いたたたずまいで湯豆腐を味わう時間はこの上ないぜいたくではないでしょうか。休日を過ごしたいおすすめの場所ですね。

お1人のときはカウンター席でのんびりと、グループでおいでのときは庭園を眺めることができるお座敷でのんびりと、それぞれの過ごし方があります。

京都の名物、湯豆腐を味わえる人気店の1つですので、来店の際はぜひご予約をおすすめします。ゆったりとした時間をお過ごしください。

スポンサーリンク
関西
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび