大人のバリ島! 一度は行きたい人気観光スポットやおすすめの名所、穴場10選!

海外

手つかずの自然が多く残され、「神々の島」と呼ばれるほど神聖な雰囲気のインドネシアの「バリ島」は、歴史的な寺院や伝統的な民族舞踊、そして美しい景色と魅力がいっぱいの島です。

今回は、そんなバリ島でおすすめの人気観光スポットや見どころをご紹介します。

スポンサーリンク

バリ島 人気観光スポット1.キンタマーニ高原

「キンタマーニ高原」は、バリ島の北東に広がる標高1500mの高原地帯です。涼しく爽やかな気候で、美しい景色が望めることで避暑地として人気の高原リゾートです。「キンタマーニ高原」からは、バリ島最高峰の「アグン山」の雄大な姿も見ることができます。

「キンタマーニ高原」の見所はバリ島No.1の大きさを誇るカルデラ湖の「バトゥール湖」やバリ島で3番目の高さを誇る標高1717mの「バトゥール山」です。

「バトゥール山」は活火山で、山の周辺には天然温泉が湧いています。公共温泉施設の「バトゥール・ナチュラル・ホットスプリング」では、たくさんの観光客も水着を着用して温泉を楽しんでいます。

バリ島 人気観光スポット2.ウルワツ寺院

「ウルワツ寺院」は、バリ島南部バドゥン半島の南西端にあるバリ・ヒンドゥー教寺院です。海の精霊ブタラ・ダラム・ベジを祀っていて、バリ島でも有数のパワースポットとして知られています。

「ウルワツ寺院」は、ウンプ・クトゥラン僧により建立され、15世紀に高僧サンヒャン・ニラルタが、三層のメル(多重塔)などを建立し現在のようなお寺になりました。

断崖絶壁の上に建てられた「ウルワツ寺院」は、海に沈む夕日を眺められる絶景スポットとして知られ、バリ島観光の定番スポットです。毎日夕方6時から、バリ島の伝統舞踊である「ケチャダンス」が行われ、夕日の美しさと合わせて多くの観光客が訪れます。

また、「ウルワツ寺院」の境内には多くの野生のサルが住んでいることでも有名です。

バリ島 人気観光スポット3.タナロット寺院

「タナロット寺院」は、バリ島中部タバナン県の海岸沿いにあるヒンドゥー教寺院で、「ウルワツ寺院」と並ぶバリ島の2大寺院です。お寺は、海に浮かぶ大きな岩の上に立っています。

インド洋に沈む夕日を背景に映るタナロット寺院は美しく、多くのガイドブックで紹介されるバリ島定番の観光スポットです。

「タナロット寺院」は、16世紀にジャワの僧ニラルタがここを訪れた時に、海に浮かぶ岩の美しさに心を惹かれ、村人に寺院の建立を薦めたのがきっかけです。寺院内部には観光客は入れませんが、干潮時には寺院の立つ岩場まで行くことはできます。

岩の下には聖水が湧く泉があり、ヒンドゥー教徒でなくても、お祈りをすることが出来ます。

バリ島 人気観光スポット4. ブサキ寺院

「ブサキ寺院」は、聖なる山と言われる「アグン山」の中腹に位置するバリ・ヒンドゥー教総本山です。インドネシア政府によるユネスコ世界遺産の申請を寺院側が拒否しつづけており、「幻の世界遺産」と呼ばれています。

「ブサキ寺院」は、大小30もの寺から成り立つ複合寺院で、バリ・ヒンドゥー教のカーストごとに参拝する寺院が分けれれています。その中で最も大きい「プナタラン・アグン・ブサキ寺院」には、三大神が祀られています。

「アグン山」の斜面に、大小さまざま寺院が建つブサキ寺院には、「メル」とよばれる塔や美しい彫刻が施された石像がいくつもあり、ヒンドゥー教独特の雰囲気を醸し出しています。

バリ島 人気観光スポット5.サヌールビーチ

「サヌールビーチ」は、バリ島南部の東海岸に位置する美しいビーチです。バリ島で最初にリゾート地として開発されたエリアで、バリ島観光の定番スポットです。美しい砂浜と穏やかな青い海が広がり、東海岸にあるためすばらしい日の出が見られることで知られています

サンゴ礁に囲まれているため波が静かなので、子供連れでも安心して遊ぶことができます。また釣りやシュノーケリング、カヌーなどのアクティビティが体験でき、周辺にはバリ島有数のダイビングスポットがあるので、スキューバダイビングも楽しめます。

毎年7月には、「サヌール ビーチ」で「バリ国際カイト フェスティバル」が開催され、数日間にわたってさまざまな色や形をしたカイトが空一面にあげられます。

スポンサーリンク
海外
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび