大人のアイルランド! 一度は行きたい人気観光スポットやおすすめの名所、穴場10選!

海外

アイルランド共和国は、イングランドとウェールズの沖合にあるアイルランド島を中心とした島国で、緑豊かな自然が魅力で「エメラルドの島」とも呼ばれます。

また、ギネスビールやアイリッシュウイスキーでも知られ、街には古城をはじめとする歴史的建造物が多く残る観光名所がたくさんある国です。今回は、そんなアイルランドから人気の観光スポットや穴場スポットをご紹介します。

スポンサーリンク

アイルランド 人気観光スポット1.ダブリン城

アイルランドの人気観光スポット、最初にご紹介するのは「ダブリン城」です。

「ダブリン城」は、アイルランドの首都ダブリンにある、イギリス支配時代のシンボル的なお城で、1922年まではイギリスの総督府が置かれていました。

「ダブリン城」がある場所は、10世紀にヴァイキングの砦があった場所で、13世紀にお城として拡張されました。その後、1864年に火事で一度失われていますが、再建され内装なども復元されています。

城内の「チャペル・ロイヤル」は、19世紀ゴシック様式で、美術品や装飾などとても美しい空間が広がっています。

中庭南の「ステートアパートメンツ」は1680年から1830年にかけて国の応接室として造られたもので、今でも大統領就任式やヨーロッパ議会の会議など国の重要な式典の際に使用されています。

アイルランド 人気観光スポット2.クライストチャーチ大聖堂

アイルランドの人気観光スポット、次にご紹介するのは「クライストチャーチ大聖堂」です。

アイルランドの首都ダブリンにある「クライストチャーチ大聖堂」は、ダブリン最古の教会で、南袖廊の天井にあるアーチは、ゴシック様式とロマネスク様式の異なる建築様式が一緒になっている珍しい教会です。

「クライストチャーチ大聖堂」は、もともと1038年にノルウェーのバイキング王によってたてられた木造教会で、その後1186年にロマネスク様式の石造りの教会へ建て替えられました。地下礼拝堂は、中世の地下礼拝堂のなかでも最大のものといわれています。

また、パイプオルガンの中にある猫とネズミのミイラも有名で、これは猫がネズミを追いかけてパイプオルガンに入ったものの二匹とも出られなくなり、そのままミイラになってしまったというものです。

アイルランド 人気観光スポット3.ギネス・ストアハウス

「ギネス・ストアハウス」は、世界的に有名で日本でも黒ビールが人気の「ギネス」の醸造所です。アイルランドの首都ダブリンはそのギネスビール発祥の地。

「ギネス・ストアハウス」は、もともと1904年にホップの貯蔵所として建てられたレンガ造りの建物ですが、それを見学用に改築してビールの醸造行程や、ギネス社の広告などの展示を見ることができるようにした施設です。

「ギネス・ストアハウス」で人気なのは「ザ・ギネス・アカデミー」で、実際に自分でグラスを持ってギネスの正しい注ぎ方を学ぶことができます。その後には、自分の注いだギネスと証明書がもらえます。

また、建物の6階最上階には、360℃ガラス張りの「グラヴィティ・バー」があり、地上46mからダブリン市内の景色を眺めながらできたてのギネスを味わえます。

アイルランド人気観光スポット4.ジャイアンツ コーズウェイ

「ジャイアンツ コーズウェイ」は、アイルランドの北端の海岸、約8㎞に渡って続く六角形の玄武岩の石柱群で、その奇観からアイルランドの伝説の巨人フィン・マックールが作ったと語り継がれています。

六角形の柱を束ねたようなこの地形は、今から約5000万年~6000万年前に火山活動で流出した溶岩が冷えて固まり、割れ目が生じたことで形成されたもので「柱状節理」と呼ばれています。

中には高さおよそ12mの石柱が何本も並んだ「巨人のオルガン」やブーツの形に浸食された「巨人のブーツ」など、巨人伝説にちなんで名づけられた岩もあります。

その特異な景観から1986年にはユネスコの世界自然遺産に登録され、翌年には北アイルランド環境省 によって自然保護区にも指定されました。

アイルランド 人気観光スポット5.ダンルース城

「ダンルース城」は、北アイルランド北部、アントリム州にあるコーズウェー海岸の崖の上に築かれた中世の城跡です。

「ダンルース城」は、14世紀以前に建てられたと考えられていて、17世紀にはこの付近一帯の領主だったスコットランド貴族のマクドネル家の居城として増改築されました。

現在は北アイルランド環境庁の管理で中にはビジターセンターが置かれ、当時を再現した部屋などを見学することができます。

また、映画の撮影や有名ロックバンド「レッド・ツェッペリン」のレコードジャケットに使われるなどでも有名です。

アイルランド 人気観光スポット 6.アシュフォード城

「アシュフォード城」は、アイルランドの首都ダブリンから西へ200㎞のコブリ湖の北岸に建つ5つ星ホテルです。

1228年に建てられたノルマン塔式の古城をリノベーションしたホテルで、このお城は以前、ギネス家が所有していたことでも有名です。

「アシュフォード城」には、中世の王族の雰囲気を味わえるような83室の豪華な客室があり、イギリスのジョージ5世国王やオスカー・ワイルド、ビートルズのジョン・レノン、ジョージ・ハリスン、レーガン元米大統領らも宿泊しています。

350エーカーの広大な敷地には、9ホールのゴルフコースがある他、乗馬や射撃、魚釣り、鷹狩などのさまざまなアクティビティが楽しめます。

スポンサーリンク
海外
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび