フランスワイン紀行②アルザス地方のワインとワインによくあうチーズ+フランス料理 ワイナリー巡りの旅

フランスのスーパーの店頭に並ぶアルザス地方のワイン 海外
フランスのスーパーの店頭に並ぶアルザス地方のワイン

フランスワインで白と言えば、真っ先にアルザス地方を思い浮かべる方も多いでしょう。今回は、美味しいアルザス地方のワインと、ワインによく合うチーズ、フランス料理を現地の旅の案内とともにご紹介します。

スポンサーリンク

アルザス地方のワインの特徴

左側のボトルがアルザス地方のワイン

左側のボトルがアルザス地方のワイン

アルザス地方は、ドイツとスイスの国境沿いに位置し、ヴォージュ山脈とライン川に囲まれています。

ヴォージ山脈が雨風を遮ってくれるので、年間を通しての雨量が極めて少なく日射量が多いです。寒暖の差が激しく、ブドウの成熟もフランス国内の他の地域と比べて遅めです。

フランスワインと言うと真っ先に赤ワインを思い浮かべる方が多いかもしれませんが、白ワインが名産のドイツに近いアルザス地方では、90パーセント以上が白ワインになる品種のブドウが栽培されています。

リースリング、ゲヴュルツトラミネール、ミュスカ、ピノ・グリ。他にもシルヴァネール、ピノ・ブラン、ピノ・ノワール、シャスラ、クレヴネル・ド・ハイリゲンシュタインなどの品種が栽培されています。

上の写真、左側がアルザス地方のワイン。右側は他の地域のワインですが、ボトルの形状を比べてみてください。アルザス地方のワインは、背の高いフルートタイプの瓶を使うのが義務付けられています。

アルザス地方のワインの特徴は、単一品種で作られています。

その他、アルザスワインの生産者の取り組みや、フランスのAOC制度について興味がある方は、下記に添付する報告書を読んでみましょう。

アルザス地方 ワイン街道をめぐる旅

コルマール旧市街

コルマール旧市街

数名でアルザス地方を旅するなら、レンタカーを借りればなんとストラスブールからスイス国境のミュールーズまで高速代金は無料になります。ドイツ、そして日本ではなかなかお目にかかれない極上のスイスワインと飲み比べる周遊の旅に出ませんか?

ちなみに、スイスも一緒にレンタカーで回りたい方は借りる前にスイスの高速道で有効なパスがレンタカーについているかどうか確認してから借りることをお勧めします。

スイスの場合、1回券ではなく1年間のパスをあらかじめ購入する必要があります。30ユーロ位ですが、旅行者にはかえって高くなってしまう可能性もあります。

アルザス地方には、ワイナリーが点在しているので、断然レンタカー移動がお勧めです。海外での運転は不安という方は、現地発の英語ツアーに参加するのも効率よくワイナリーを回れて良いかもしれません。

ストラスブール中心街

ストラスブール中心街

 

アルザス地方おすすめのワイナリー一覧表

アルザス地方白ワインの種類別解説

1 Riesling d’Alsace リースリング 辛口

リースリングは、ライン渓谷が発祥の地です。ドイツ語で、riesenは「流れる」という意味です。1960年以降、アルザス地方で最も多く栽培されている品種です。

白ワインの格付けは、3段階に分かれています。

Riesling格付け1級リスト

名称と公式サイト 住所
ZOELLER 公式サイト 14-16 Rue de l’Eglise, 67120 WOLXHEIM
Pierre ARNOLD 公式サイト 16, rue de la Paix  67650 Dambach-la-Ville
Pierre FRICK 公式サイト 5, rue de Baer 68250 Pfaffenheim 
GRESSER 公式サイト 2A, CHEM Duttenbergweg, 67140 Andlau
Georges KLEIN 公式サイト 10 Route du Vin – 68590 Saint Hippolyte
KLINGENFUS 公式サイト 60 Rue de Saverne, 67120 Molsheim
Gérard METZ 公式サイト 40, RTE des Vins, 67140 Itterswiller
SCHAEFFER-WOERLY 公式サイト 3, Place Du Marché 67650 DAMBACH-LA-VILLE
SCHLÉRET 公式サイト 22, Rue de Riquewihr, 68630 Mittelwihr
Jean-Baptiste ADAM 公式サイト 5, Rue de l’Aigle, 68770 Ammerschwihr
Laurent BANNWARTH 公式サイト 9, Rue Principale RTE Vin, 68420 Obermorschwihr
BRAND & Fils 公式サイト 71 Rue de Wolxheim, 67120 Ergersheim
BROBECKER 3, PL de l’Eglise, 68420 Eguisheim
HUBER et BLEGER 公式サイト 6, RTE du Vin, 68590 Saint Hippolyte
SAINT REMY 公式サイト 34, RTE d’Eguisheim, 68920 Wettolsheim
VIELWEBER ANDRE 1-3 Grand’rue 68150 HUNAWIHR

※ 名称のところに公式サイトと記載していないものは、公式サイトがありません。

2 GEWURTZTRAMINER ゲヴュルツトラミネール 甘口

ゲヴュルツトラミネールは、パイナップル、マンゴー、パッションフルーツ、ライチなどのトロピカルフルーツや、柑橘類やバラなどの香りが素晴らしいワインです。

3 Pinot Blanc d’Alsace ピノ・ブラン

こちらの1本は、2017年のアルザス地方で行われたワインコンクールで見事に金賞を受賞した1本

こちらの1本は、2017年のアルザス地方で行われたワインコンクールで見事に金賞を受賞した1本

ドイツのヴァイスブルグンダー(Weissburgunder)と同一。控えめであっさりした味。

4 PINOT GRIS ピノ・グリ

ブルゴーニュの赤ワイン、ピノ・ノワールの枝変わり品種。灰紫色の果皮で、コクがあるのが特徴。シャンパーニュ地方では、「フロマントー」、ブルゴーニュでは、「ピノ・ブーロ」と呼ばれています。

 

上記に添付したサイト内に、ワインの種類別に2016年と2017年のアルザス地方のワインコンクールで金賞、銀賞を受賞したワインのリストがあるので、選ぶ際に参考にしてください。

アルザス地方のワインフェスティバル

2018年のアルザス各地のワインフェスティバルは、夏に終了してしまいました。2019年の予定はまだ発表されていませんが、下記に添付するサイト内に更新されると思いますので、来年夏アルザス地方を旅行される予定がある方は、行く前にチェックしてみましょう。

マスコミ関係者、飲食業関係者、酒屋さんなど一定の職業に従事する方のみ参加可能な試飲会も日本で開催されます。詳細は上記に添付したサイト内で確認しましょう。2018年は既に終了しています。

アルザス地方の白ワインとよくあう料理

極上のアルザス産ワインと相性ピッタリな料理をご紹介させていただきます。

「パン屋の窯」と呼ばれる、冬のアルザス地方名物料理 「ベッコフ」。

子羊、牛肉、豚肉の3種類のお肉と野菜を白ワインでじっくりと煮込んだ料理のことを指します。アルザス地方では、リースリングワインと専用の鍋を使って煮込むのが一般的です。

ワインとよくあうチーズの選び方5大原則

フランスでは、「ワインの最良の友はチーズを他においてない」と言われるほど。ワインと食事の調和も「マリアージュ」(結婚)と言われています。

① ワインもチーズも同じ原産地のものを選ぶ

同じ風土と気候で育ったブドウからできるワインと雌牛がもたらしてくれる牛乳から作ったチーズは、最も相性がピッタリです。

② 酸味の強いワインには、塩気の強いチーズが相性ピッタリ

ゴルゴンゾーラチーズの様に青カビタイプの塩気が強いチーズには、塩味をマイルドにしてくれる酸味の強いワインや甘口のワインが相性ピッタリです。

③ 渋みのあるワインには、脂肪分の多いタイプのチーズが相性ピッタリ

脂肪分の多いクリーミーなチーズの味を、渋みがあるワインがより一層引き立ててくれます。

④ 銘醸ワインには、過熱なチーズ、匂いの強いチーズは避ける

デリケートな香り(ブーケ)を持つワインには、その香りを思う存分満喫できるように、シェーブルタイプなど香りがきつすぎるチーズはNG。

⑤ チーズには、赤ワインが相性ピッタリ

 

チーズによっては、白やロゼの方が合う時もありますが、一般的に赤の方がチーズにはよく合うと言われています。

以上の五大原則を頭に入れたうえで、ワインにぴったり合うチーズを見つけましょう。

もっとチーズのことが知りたい方は、上記に添付したサイトがとても分かりやすく解説してくれています。

アルザス地方の白ワインと合わせて食べたいおすすめのチーズ

「アフィネ・オ・ゲヴュルツトラミネール」は、地元の白ワイン、ゲヴュルツトラミネールのマールで洗いながら熟成させたチーズです。

表皮は淡いオレンジ色で、味はミルキーで濃厚。ゲヴュルツトラミネールの、スパイシーで華やかな風味が加わった逸品です。

アルザス地方へのアクセス

① ドイツ フランクフルト~ストラスブールへのアクセス

一番安いFLIXBバスでは、15ユーロ位から 所要時間は、3時間40分

電車移動では、46ユーロ位から 所要時間は、2時間40分位

② フランス パリ~ストラスブールへのアクセス

一番安いバスでは、15ユーロ位から 所要時間は、6時間45分

電車移動では、75ユーロ位から 所要時間は、1時間46分位

③ スイス ジュネーブ~コルマールへのアクセス

一番安いバスでは、16ユーロ位から 所要時間は、8時間位

電車移動では、78ユーロ~ 所要時間は、4時間位

ワイン好きの方の知識を広げるアルザスの旅

いかがでしたか?今回は美味しい白ワインの産地、フランスのアルザス地方のワイナリーやワイン、また、ワインに合うチーズや料理をご紹介してきました。

また、実際に訪れる際の参考にればと思い、アルザス周辺のアクセス情報も詳しくご案内しています。

ワイン大国フランスの中でも、赤ワインの王道がボルドーなら、白ワインの王道はアルザス地方。アルザス地方はミシェランの星を獲得したレストランが最も多い美食の地域でもあります。

アンデルセン童話の中に出てくるようなメルヘンチックな街で、美味しい料理とワインを飲んで、大人の贅沢な時間を過ごしませんか?