大人のギリシャ! 一度は行きたい人気観光スポットやおすすめの名所、穴場10選!

海外

青いエーゲ海とそこに浮かぶ島々、そして数千年の歴史を持つアクロポリスなど数々の世界遺産があるギリシャは世界で最も人気のある観光の国です。

今回は、そんなギリシャからおすすめの観光名所や穴場スポットを厳選して10か所ご紹介します。

スポンサーリンク

ギリシャ 人気観光スポット1.パルテノン神殿

ギリシャの人気観光スポット、最初にご紹介するのは「パルテノン神殿」です。

「パルテノン神殿」は、ギリシャの首都アテネを一望できる海抜約156mの小高い丘の上にある古代都市遺跡「アクロポリス」の象徴する神殿で、紀元前432年に完成したドリス式建築の傑作と言われる守護女神アテナ像に捧げた戦勝記念堂です。

「パルテノン神殿」は、その完成に15年の歳月をかけ、、ローマ帝国時代にはビザンチン教会、オスマントルコ時代にはイスラム教寺院として使われていました。その後17世紀の戦争で神殿が損壊し、現在の神殿はペルシャ戦争後に建設されたものです。

「パルテノン神殿」はアクロポリスの中央に建ち縦69m、横31m、柱の高さ10m。アテナイのアクロポリスとして1987年にユネスコの世界文化遺産に登録されています。

ギリシャ 人気観光スポット2.デルフィの考古遺跡

ギリシャの人気観光スポット、次にご紹介するのは「デルフィ」です。

「デルフィ」はアテネから北西に約120㎞、中央ギリシャ地方のパルナッソス山の麓で古代ギリシャの世界の中心(大地のへそ)として栄えた町で、紀元前12世紀頃から太陽神アポロンが信託(神のお告げ)を授けていたギリシャ最古の信託所です。

最盛期の紀元前8~3世紀頃には、ギリシア国内はもちろん黒海沿岸やイスパニア方面からも巡礼者が訪れ繁栄しました。

紀元後、街は土砂に埋もれてしまいましたが、1829年よりフランスの考古学隊が遺跡の発掘を行い、1987年には「デルフィの考古遺跡」としてユネスコの世界遺産に登録されています。

「デルフィの考古遺跡」からは、アポロ神殿やアテネの宝庫、古代劇場、カスタリアの泉、ピュティア祭が行われたピュティア競技場など多くの遺跡が発掘されています。また出土品はデルフィ博物館に展示されています。

ギリシャ 人気観光スポット3.オリンピアの考古遺跡

「オリンピアの考古遺跡」は、ペロポネソス半島西部に位置するオリンピックの発祥の地として有名なオリンピアにある古代都市遺跡で、「デルフィの考古遺跡」と並んで古代2大聖地の一つとされ、1989年にユネスコの世界遺産に登録されています。

オリンピアは紀元前10世紀ごろから全能の神ゼウスの聖地として栄えた町で、オリンピックは紀元前776年にゼウスに奉納する競技会が行われたことが起源で、393年にローマ帝国皇帝テオドシウス1世に禁止されるまで1,200年間にわたり4年に1回行われていました。

「オリンピアの考古遺跡」には、巨匠ファディアス作のゼウス像が祀られていた紀元前456年完成の「ゼウスの神殿」や紀元前7~6世紀に建設されたギリシャで最も古い神殿「ヘラの神殿」、最大20万人を収容した「スタジアム」など多くの遺跡が残されています。

ギリシャ 人気観光スポット4.アスト山

「アスト山」は、ギリシャ北東部、エーゲ海に面したアトス半島の先端にある高さ2,033mの山です。

この山の周辺はキリスト教ギリシャ正教会の聖地とされ、20もの修道院があります。1988年には複合遺産としてユネスコの世界遺産に登録されています。

「アスト山」の修道院では、今でも修道僧たちがビザンチン時代と変わらぬ修行生活を続けています。

「アスト山」は、中世からのそのままの自然が手つかずに残っている景勝地でもありますが、山に入るには許可証が必要です。またギリシャ国籍以外の者は1日8名までとされていて、男性のみが入山を許される女人禁制の地となっています。

日本では人気作家の村上春樹氏の「雨天炎天ーギリシャ・トルコ辺境紀行」に登場し知れ渡るようになりました。

ギリシャ 人気観光スポット5.アクロポリス博物館

「アクロポリス博物館」は、アテネ市内のアクロポリスの丘のすぐ近く、パルテノン神殿から280m離れたところにある博物館で、アクロポリスとその周辺で発掘された貴重な出土品を収蔵しています。

現在の「アクロポリス博物館」は、2009年に建てられたもので「新アクロポリス博物館」とも呼ばれています。総床面積は25,000㎡あり、4,000近くが展示されています。

「アクロポリス博物館」の館内に入ると、入り口付近は床がガラス張りになっていて足元には、遺跡が広がっています。

4階建ての博物館では、エレクティオン神殿のカリアティードや、アテナ・ニケ神殿のフリーズ、パルテノン神殿のメトープなどの彫刻類のオリジナルを見ることができます。

2階にはレストランやカフェ、お土産店などもありギリシャ観光では欠かせないスポットです。

ギリシャ 人気観光スポット 6.クノッソス宮殿

「クノッソス宮殿」は、地中海の中央に浮かぶギリシャのクレタ島にあり、紀元前2000年ころに建造されたミノア文明時代の王の宮殿と考えられている遺跡です。広さは75ヘクタールもあり、その一部が公開されています。

1900年~1931年にかけてイギリスの調査隊アーサー・エバンズにより発掘されました。現在見られる遺跡は、紀元前1700年以降に再建された新宮殿のものとされ、丘陵の斜面に行政や宗教行事を司った西翼と、住居や工房が並ぶ東翼に分かれて数百の小室が配置されています。

主な見どころはエヴァンズの胸像や聖なる角、高貴の階段、フレスコ画などです。また、ギリシア神話のテセウスや半人半牛の怪物ミノタウロスにまつわる伝説の舞台となった「迷宮」は、「クノッソス宮殿」と考えられています。

スポンサーリンク
海外
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび