京都駅周辺のおすすめランチ10選!和食やラーメンの隠れた名店がずらり!

関西

国内はもとより海外からも多くの観光客が訪れる日本を代表する観光地「京都」。その玄関口である京都駅の周辺には、和食や中華、ラーメンにうどんと美味しいと評判のお店がたくさんあります。

今回は、その中から特にランチでおすすめのお店を10店厳選してご紹介します。

スポンサーリンク

京都駅周辺のおすすめランチ1. はしたて

京都駅の構内にある商業施設「スバコ」の3階にある「はしたて」は、京都の老舗料亭の味がカジュアルに楽しめると人気の和食店です。

「はしたて」は、明治3年に丹後峰山町で旅館としてスタートし100年以上愛されたのち、昭和57年に高台寺近くに移転し料亭として営業始めた「和久傳」の系列店。

「はしたて」の人気メニューは、2種類の丼が楽しめる「はしたて丼」。季節によって内容が変わりますが、「炙りかつお丼」や「炙り鰆、大根おろし、紅たで丼」と「野菜かき揚げ丼」などの2種類の丼にお味噌汁と菜菹(お漬物)がセットになっています。

また月替わりのお昼限定メニューもあり、丼に煮麺、小鉢、菜菹がセットになっています。

店内はシンプルで清潔を感じる雰囲気で4人掛けのテーブル席を中心に48席と広々としています。

京都駅周辺のおすすめランチ2. 山本まんぼ

京都駅から徒歩10分の高架下脇道に面した市営住宅の一角にある「山本まんぼ」は、創業70年の粉もんのお店。昭和の雰囲気たっぷりりの店内は、カウンター8席、テーブル8席とあり、注文すると目の前の鉄板で焼いてくれます。

「山本まんぼ」の看板メニューは「まんぼ焼き」。クレープ状に薄く焼いた生地に細かく切った具(肉、イカ、ホルモン、油かす、ネギ)をのせて、さらにソース焼きそばかうどんをのせて焼いたのが「まんぼ焼き」、上にのせる玉子は「よく焼き」「半熟」「生」から選べます。

仕上げはオリジナルブレンドのソースで、甘口と辛口の2種類のソースがあり、甘×甘、甘×辛、辛×辛の3つの組み合わせから選べます。

お好み焼きといえば広島風と大阪風がありますが、「まんぼ焼き」は見た目は広島風に似ていますが生地がそれより厚く、広島風とも大阪風とも違ったオリジナルのお好み焼きです。

京都駅周辺のおすすめランチ3. 本家 第一旭 たかばし本店

JR京都駅から徒歩5分。早朝5時から営業する「本家 第一旭たかばし本店」は、創業昭和22(1947)年の京都を代表する老舗ラーメン店です。ランチの時間には行列覚悟の超人気店です。

昭和レトロの雰囲気の店内は、カウンター3席に4人掛けテーブル7卓の計31席。朝5時から営業しているので10時には店内は地元の人や観光客、中には海外から来た人もいて満席状態となります。

「本家 第一旭たかばし本店」のラーメンのメニューは「特製ラーメン」「ラーメン」「メンマラーメン」「ミニラーメン」の4つ。他にサイドメニューの餃子が人気です。

ラーメンは、あっさりとした昔ながらの中華そば系。たっぷりのせられる九条ネギや国産豚を使ったチャーシュー、京伏見の無添加生醤油など食材にこだわったラーメンです。ネギやモヤシの大盛も無料。九条ネギの大盛で注文するのがオススメです。

京都駅周辺のおすすめランチ4. 殿田

JR京都駅の八条口から歩いて5分の路地裏にある「殿田」は、昔ながらの京うどんが人気のお店です。お店の外観も店内も昭和の懐かしい雰囲気があふれ、1人用、2人用、4人用のテーブルで計33席は、昼時にはいつも満席です。

店内の壁に貼られたお品書きには、「肉うどん」「天ぷらうどん」「のっぺい」「けいらん」「しっぽく」の他に、「肉丼」「親子丼」「他人丼」などの丼メニューも並んでいます。

うどんとそばに使われるお出汁は、贅沢に鰹が使われ、透き通っているのに出汁の香りが強く深い味わい。京うどんらしいコシが弱めの柔らかいうどんの麺に、出汁がよく絡んで美味しさを引き立てます。

特におすすめは「たぬきうどん」。生姜が効いたあんかけのお出汁が揚げにしみ込み、ネギの香りもたまらないクセになる1杯です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク