京都のせんべろ飲み屋10選!レトロでディープな大人の隠れ家!

関西

日本有数の観光地で国内はもちろん海外からも多くの観光客が訪れる人気の街「京都」。京都の夜というと、高級な料亭などのイメージが強いですが、安くて美味しいお店もたくさんあります。

今回は、そんな京都で1,000円もあればベロベロに酔えることから「せんべろ」といわれるせんべろの飲み屋さんを厳選して10軒ご紹介します。

スポンサーリンク

京都のせんべろ飲み屋1.立ち呑み 庶民

「立ち呑み庶民」は、京都では有名な”せんべろ”のお店、場所は阪急電鉄の大宮駅の2番出口を出るとロータリーからすぐに店名が書かれた大きな看板が見えます。

「立ち呑み庶民」は、2013年の開店と、まだ日が浅いですが今ではすっかり京都の飲兵衛達のたまり場になっています。

「立ち呑み庶民」の営業は午前11時からで、昼飲みファンも多く明るいうちから賑わっています。

「立ち呑み庶民」の人気の秘密はやっぱり安さ。生ビールが250円、チューハイ200円と純米酒など一部の日本酒を除いてほとんどのアルコールメニューが200円台です。

おつまみも「もずく酢」や「冷やしトマト」など100円から揃っていて、一番高い「造り三種盛り」でも500円です。メニューの種類も多く、店内の壁の至る所に貼られたメニューを眺めているだけでも楽しいですよ。

京都のせんべろ飲み屋2.焼き鳥立ち飲み てら

阪急電鉄の大宮駅から徒歩3分、スナックなど十数軒の飲み屋が入る「新宿会館」という雑居ビルにある「焼き鳥立ち飲み てら」。10人の入ればぎゅうぎゅうの狭いお店には、毎晩京都の飲兵衛たちが集まっています。

店内に吊り下げられた手書きのメニューには、「とりねぎ」や「きも」「皮」「ずり」などそれぞれに100円の文字が。どれも安いです。

黒板にはその日のおすすめが書かれていますが、こちらも100円台から400円台が中心です。お酒は、生ビールや酎ハイレモンが350円と”せんべろ”するには十分の安さです。

「焼き鳥立ち飲み てら」で常連さんに人気のおつまみは、100円の「スパサラ」で、甘めのマヨネーズにピリっと胡椒が効いていて、なぜがビールとの相性がぴったりの1品です。

京都のせんべろ飲み屋3.柳小路 TAKA

ちょっとお洒落に立ち飲みを楽しみたいという時におすすめなのが「柳小路TAKA」です。

「柳小路TAKA」は、イタリアミラノの人気店「NOBU/Armani」で10年以上板長を務めたシェフTAKAが作る、イタリアンと京料理の技法を取り入れた料理を立ち飲みで楽しめるお店です。

「柳小路TAKA」の場所は、阪急京都線の河原町駅から徒歩3分、柳小路のはちべえ長屋にあります。店内の1階は立ち飲みが楽しめるスペースになっていますが、2階にはテーブル席もあり、ゆっくり落ち着いて飲むこともできます。

お洒落なお店と言っても「柳小路TAKA」のメニューには、「とり皮ポン酢 400円」や「トマトスライス 400円」、「焼き鳥 200円」など居酒屋定番のメニューもあります。

その日のおすすめは紙に書かれ店内に貼られており、立ち飲みとは思えないクオリティーのおつまみでお酒を楽しめます。

立ち飲みとしては少し高めで、さすがに1,000円以内でベロベロにはなれずほろ酔い程度かもしれませんが、立ち飲み愛好家なら是非立ち寄ってみて欲しいおすすめのお店です。

京都のせんべろ飲み屋4. すいば 蛸薬師室町店

立ち飲み店というより、スタンディングバーと呼ぶのがぴったりのお洒落さで、女性にも人気の「すいば 蛸薬師室町店」。

「すいば 蛸薬師室町店」は、阪急電鉄の烏丸駅12番出口から歩いて6分程と四条烏丸周辺のオフィス街にも近く、仕事帰りのOLさんやサラリーマンが多く立ち寄ります。

店内は1階と2階とがあり、どちらも立ち飲みスタイルで、合わせて40名ほどが入ることができます。そして立ち飲みでも、荷物を置く場所が用意されていたり全面禁煙だったり、女性が一人でも気軽に利用できるような配慮がされています。

「すいば 蛸薬師室町店」のフードメニューには、”すいばのおすすめ”として「自家製ポテサラ 150円」、「京風牛モツ煮込み 180円」や、〆の「手巻おにぎり 150円」「ハーフナポリタン 350円」など安いけど、手作り感あふれる料理が並びます。

ドリンクも酎ハイやグラスワインが1杯250円と、女性でも気軽に”せんべろ”が楽しめます。

京都のせんべろ飲み屋5.京都ハナビ

「京都ハナビ」は、四条烏丸で人気の大衆居酒屋です。お店の場所は、京都市営地下鉄烏丸線の四条駅から徒歩3分です。

京都の町家をイメージした「京都ハナビ」の店内は、昭和レトロの雰囲気が漂い完全個室のお部屋や20名以上が入れる掘りごたつ席など宴会や会社の飲み会などにぴったり。

でも1階にはカウンター席もあるので、おひとり様や少人数でのちょい飲みでも利用できます。

「京都ハナビ」では、産地直送の新鮮な食材を使った料理が楽しめますが、料理もドリンクも価格が安いのでしっかりと”せんべろ”が楽しめます。

樽詰クリアアサヒの中ジョッキが280円、氷点下ハイボールが390円、各種酎ハイも380円です。

おつまみも豚串、鶏もも串。アスパラ串、ウインナー串など焼き串が1本120円、小松菜のおひたしやきんぴらごぼう、かぼちゃの炊いたんなど、懐かしい味のおばんざいも200円台で味わえます。

スポンサーリンク
関西
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび