大人の街 門前仲町 ディープな飲み屋、居酒屋8選!

関東

東京の街でも、門前仲町ほど下町を感じさせてくれる場所もないでしょう。まさに「飲み屋横丁」といえるディープな一角もあり、下町の飲み屋を楽しむには最適の場所です。

ここでは、門前仲町でおすすめの居酒屋を厳選して、お店の雰囲気や人気のメニューとともにご紹介します。

スポンサーリンク

門前仲町のディープな飲み屋、居酒屋1. 魚三酒場

夕方の4時前、地下鉄門前仲町の出口を出た永代通りに、何十人もの行列を目にすることがあるかと思います。これこそ、門仲名物ともされる下町居酒屋の超人気店「魚三酒場」の開店を待つ人たちの行列です。

魚三酒場はここ富岡店が本店。森下、新小岩に支店があってどの店も行列店ですが、やっぱり本店の雰囲気はディープさが半端ではありません。

客層はほとんどが中高年層のオジサンで、開店の午後4時には1・2階のカウンターはもちろん、3・4階のグループ向け座敷席も満席になってしまうほどです。

とにかくメニューが豊富で目移りしますが、メインは新鮮な魚介類。刺身から煮物、揚げ物、天ぷらまで、飲み屋の定番が一通り揃っています。

4~5人で食べるならば「魚三刺し盛り」4,100円(税込)がおすすめ。7~8品の刺身が盛り込まれ一人当たり千円以下です。

極めつけは「あら煮」がなんと50円!(税込)。そのほか「おしんこ」120円(税込)や「ぶりつゆ(汁物)」が100円(税込)という格安メニューがあるのも魚三の人気の秘密です。

連日超混雑の居酒屋ゆえ、利用には暗黙のルール(勝手に席に座らない、注文は聞かれるまで待つ等々)があるので、ご注意を。とにかく、まずはこの飲み屋のディープさを味わってみましょう。

門前仲町のディープな飲み屋、居酒屋2. 大坂屋

門前仲町の交差点少し北寄り、清澄通りから通りを入ったところに「東京五大煮込み」と称される居酒屋の「大坂屋」があります。

カウンターだけの小さな作りは、大正13年の創業時から変わらぬスタイル。老舗居酒屋として、相当のディープ感が漂います。

カウンターの中には大坂屋の名物というより、メインのメニューはこれだけという「牛煮込み」を煮る鍋があって、甘い香りが立ちのぼります。

注文は当然、「牛煮込み」750円(税込)。串に刺した煮込みで、最初は「一通り」をすすめてくれます。一通りといっても、「シロ」、「フワ(肺)」、「ナンコツ」(各税込150円)の3種類だけなので、シロを3本入れた「5本セット」になっています。

サイドメニューは「玉子入りスープ」350円(税込)と「オニオンスライス」300円(税込)しかありません。店に入って、「牛煮込み」を食べて、サッと出てくる。大坂屋はそんな使い方が似合う、門前仲町でおすすめの飲み屋です。

門前仲町のディープな飲み屋、居酒屋3. 居酒屋 ゆうちゃん

ディープな雰囲気漂う門前仲町の「辰巳新道」、その中でもひときわ目立つ飲み屋があります。「居酒屋 ゆうちゃん」です。

店の周りと入口には、提灯やライトアップされた古い看板がたくさんかけられて、少々異様な外観を呈しています。

店内はカウンターに8人程度という作りですが、料理は某テレビ番組で「汚いけど美味しい店」の三つ星を獲得したというお墨付きのもの。

カウンターに座ると「お通し」が出てきます。とろろ昆布が山盛りに乗った冷奴と煮込みなどのセットで、これも「居酒屋 ゆうちゃん」の名物になっています。

「居酒屋 ゆうちゃん」の人気メニューは、居酒屋の定番「ハムカツ」450円(税込)。厚切りでサクッと揚げられて出てきます。ビールや他のお酒にもピッタリの一品です。

飲み物では「チュウハイ」が充実しているのが特徴。「ミルクハイ」400円(税込)は、下町居酒屋の定番「キンミヤ焼酎」を牛乳で割ったもの。その不思議な甘みとまろやかさが魅力です。

門前仲町で、ディープな飲み屋を楽しむなら「居酒屋 ゆうちゃん」をおいて他はありません。

門前仲町のディープな飲み屋、居酒屋4. だるま

門前仲町の裏通りに連日賑わっている居酒屋が、「だるま」です。いかにも下町の大衆向け飲み屋という店構え、思わず店内に吸い込まれます。

明るい声で「美人姉妹」といわれている店員さんが迎えてくれます。長めのカウンターと奥に下町食堂のようなテーブルと丸椅子の席があります。

だるまの名物は「牛もつ煮込み」650円(税込)と「肉豆腐」600円(税込)。ともによく煮込まれたお酒のつまみに最適な居酒屋メニューです。

「ベーコンエッグ」600円(税込)もおすすめ。大量に作る煮込みとは違って、家庭料理ともいえるものですが、この店の飲み屋らしい雰囲気がマッチしてとてもいいおつまみになります。

ドリンクは、「ホッピーセット(白)」650円が人気。焼酎カクテル系は「チューハイ」450円(税込)一本ですが、カウンターやテーブルにレモンとライムのシロップが置いてあって自由に使えます。

門前仲町で大衆居酒屋の雰囲気を味わいたければ、ここ「だるま」が一番のおすすめです。

スポンサーリンク
関東
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび