東京 ベジタリアンに人気の話題のレストラン8選!美味しい野菜料理、健康メニューの数々!

関東

ベジタリアンとは「菜食主義」ともラテン語の「活気のある、生命力にあふれた」意の「Vegetus」に由来するともいわれますが、野菜中心の食事とすることは共通しています。さらに動物性食材である「乳製品」、「卵」、「蜂蜜」を摂取するかによって細分化されてもいます(ヴィーガンなど)。

ここではそんなベジタリアンにおすすめできる東京のレストランを厳選してご紹介していきます。

スポンサーリンク

東京のベジタリアンレストランおすすめ1.KAZAN

東京のベジタリアンレストランおすすめ1軒目には「KAZAN」を紹介しましょう。「KAZAN」

は銀座の3丁目に店を構え、イタリアンシーフードをメインとしていますが、野菜料理にもこだわり、肉を一切使わないというベジタリアンにも嬉しいレストランです。

「KAZAN」の店内は黒を基調とした高級感にあふれる造りになっており、テーブルのレイアウトや照明にも工夫がなされた落ち着いた雰囲気です。

「KAZAN」の人気のメニューは「キャッツアイオイスター」や「ニューカレドニア産 天使の海老の絶品フライ」で、これらが盛り込まれたおすすめは「KAZAN特製ランチコース」は3,800円(以下全て税抜)です。

「KAZAN」のディナータイムには、さらに「オマール海老」のメインディッシュを加えた「KAZANディナーコース」(5,800円)なども用意されます。

「KAZAN」は人気のイタリアンレストランですが、ベジタリアンも納得の料理が楽しめるおすすめの店といえます。

東京のベジタリアンレストランおすすめ2.NINJA AKASAKA

東京のおすすめベジタリアンレストラン、次のご紹介は「NINJA AKASAKA(ニンジャアカサカ)」です。

「NINJA AKASAKA(ニンジャアカサカ)」は、東急プラザ赤坂にある大人気のエンタメレストランです。「NINJA AKASAKA(ニンジャアカサカ)」の店内は有名デザイナーによる設計の「忍者屋敷」、メニューは「巻物」という演出感たっぷりの店になっています。

そのエンターテイメントっぷりが注目のレストランですが、料理も本格的。特に海外からのお客様にも対応できる「ベジタリアンメニュー」が充実しているところが大きな特徴です。

「NINJA AKASAKA(ニンジャアカサカ)」の「ベジタリアンコース」(6,990円税抜)は「野菜の握り寿司」や「季節野菜の天ぷら」などを中心とした全10品の健康メニュー。ベジタリアンでなくともおいしく食べられると評判です。

「NINJA AKASAKA(ニンジャアカサカ)」には、2名から大人数までの個室も完備されているので、デートにもパーティーにも使えるとても対応力の広いレストランです。

赤坂に行ったら、ぜひ「NINJA AKASAKA」で現代の忍者屋敷とおいしい食事を楽しんでください。

東京のベジタリアンレストランおすすめ3.Eat more greens

東京のおすすめベジタリアンレストラン、3つ目のご紹介は「Eat more greens(イートモアグリーンズ)」です。

「Eat more greens(イートモアグリーンズ)」は地下鉄麻布十番駅徒歩4~5分の場所にあるベジタブルCafé&Dining、その雰囲気はまさにニューヨークのローワーイーストサイドやイーストビレッジです。

「Eat more greens(イートモアグリーンズ)」の季節野菜にこだわったランチメニューは、「コブサラダSET」(1,280円以下全て税抜)、「黒豆十穀のベジタリアンタコライスSET」(1,280円)、「季節野菜の手作りカレーSET」(1,280円)などがラインアップ。

「Eat more greens(イートモアグリーンズ)」のディナータイムには、「19種類の野菜から選べるカスタムサラダのPRE FIX MENU」が2,200円からと、とてもリーズナブルな値段設定になっています。

なお「Eat more greens(イートモアグリーンズ)」のプリフィクスコースメニューは当日のオーダー、一人での利用も可能です。

東京のベジタリアンレストランおすすめ4.レインボーローフード

東京のおすすめベジタリアンレストラン、4つ目のご紹介は「レインボーローフード」です。

「レインボーローフード」はJR恵比寿駅から徒歩3分の場所にあるローフードレストランです。「ローフード」とは、酵素栄養学、自然の摂理に基づく食事法で、RAWつまり「生」または食物酵素が破壊されない48度以上非加熱の調理法です。

「レインボーローフード」の料理はもちろんベジタリアンに最適、ナッツや海藻を上手く使ったパテを活かしたメニューが特徴です。

「レインボーローフード」のランチメニューは、「あん肝風ロール寿司セット」が定番。ビーガンカレーの「セット A」(1,350円、以下全て税抜)に、ローオニオンブレッドの「セット B」(1,400円)がいただけます。

その他、「米粉のヘンプタコス」(680円)は大豆ミートを使った肉好きでも満足の人気メニュー。この店に来たならぜひ注文したい一品です。

東京で気軽にローフードを食べるなら恵比寿の「レインボーローフード」がおすすめです。

スポンサーリンク