函館のおすすめランチ厳選8! 新鮮な海鮮やご当地ラーメンなど!

北海道

北海道新幹線開通で話題の人気の観光地「函館」には、国内はもちろん海外からも多くの観光客が訪れています。

函館と言えばイカやウニ、イクラ、マグロなどの新鮮な海の幸を使った丼や定食などが人気ですが、他にも函館ならではのグルメがたくさんあります。

今回は、函館でおすすめのランチのお店と人気のメニューをご紹介します。

スポンサーリンク

函館のおすすめランチ 1. ラッキーピエロ ベイエリア本店

「ラッキーピエロ」は、函館市民から「ラッピ」「ラキピ」の愛称で親しまれているハンバーガーチェーンです。函館市内と周辺の町に17店舗を展開しており、全国チェーンのハンバーガーショップを凌ぐ人気で函館のご当地グルメのひとつともいえます。

「ラッキーピエロ」の本店は、函館の人気観光エリアで金森赤レンガ倉庫があるベイエリアにあります。

「ラッキーピエロ」は、昭和62(1987)年にここベイエリア本店で創業しました。「ラッキーピエロ」は、17店舗それぞれが違ったテーマで店づくりされており、楽しい雰囲気の店内が魅力です。

ベイエリア本店の店内には、ブランコの席や木馬が置かれ、まるで遊園地か公園のような楽しい空間になっています。

「ラッキーピエロ」で一番人気のメニューは、「チャイニーズチキンバーガー」です。甘辛いソースをかけた北海道伊達産の鶏のから揚げとシャキシャキのレタスがたっぷり挟まり、その大きさはなんと!高さ14㎝、直径11㎝のビッグサイズです。また、「ラッキーピエロ」では、オリジナルのカレーライスも人気で全店舗で食べられます。

函館のおすすめランチ2. うに むらかみ 函館本店

「うに むらかみ函館本店」は、ウニ加工会社の直営店で新鮮でミョウバン無添加の生ウニを味わうことができると観光客にも地元の人にも人気のお店です。

お店の場所は、函館の人気グルメスポット「函館朝市」から少し奥に入った所でJR函館駅からは歩いて3分です。

「うに むらかみ函館本店」でおすすめのメニューは、やっぱり生ウニそのままの味が楽しめる「無添加生うに丼」です。レギュラーサイズで4,320円とそこそこのお値段はしますが、ミョウバンを使っていないウニ本来の美味しさと甘さを味わうことができます。

他にも、ウニの殻を器にして焼き上げる「自家製うに屋のウニグラタン」や「雲丹の天ぷら」「雲丹コロッケ」などウニを使ったオリジナル料理が楽しめます。

ウニとイクラ、サーモンが乗った「三色丼」や「豪華海鮮丼」など、新鮮な北海道の海の幸を使った丼メニューも揃っています。

函館のおすすめランチ3. 函館麺厨房あじさい

函館のグルメと言えば、函館ラーメンも人気です。「函館ラーメン」は、札幌のみそラーメン、旭川の醤油ラーメン、そして函館の塩ラーメンと北海道の三大ラーメンに数えられ、透き通ったスープがあっさりとしながらも深い味わいのある塩ラーメンが特徴です。

函館市内には、多くのラーメン店がありますが、中でも人気の「函館麺厨房あじさい」は、創業80年を超える老舗のお店です。

その本店は、函館で人気の観光スポット「五稜郭」の近くにあり、函館市内に他に2店舗、札幌、新千歳空港、シンガポールにも店舗を展開しています。

「函館麺厨房あじさい」のおすすめは、看板メニューの「味彩塩拉麺」です。昆布をメインに豚骨や鶏ガラ、煮干しを使ってとった透明なスープに、函館市内の製麺会社「岡田製麺」で特注の中細ストレート麺が入り、あっさりとしながらも深いコクのあるラーメンです。

「函館麺厨房あじさい」のおすすめは、看板メニューの「味彩塩拉麺」です。

函館のおすすめランチ4. ハセガワストア ベイエリア店

ラッキーピエロのハンバーガーと並ぶ函館の人気B級グルメが「ハセガワストア」の「やきとり弁当」です。

「ハセガワストア」は、函館地区に14店舗を展開するコンビニエンスストアです。「ハセガワストア」のどの店舗にも、店内にキッチンが備え付けれており、その場で名物の「やきとり弁当」が作られています。

この「ハセガワストア」の「やきとり弁当」ですが、実は使われているお肉は鶏肉ではなく豚肉。北海道の道南地区では鳥串も豚串も「やきとり」と呼びます。

「ハセガワストア」の「やきとり弁当」のやきとりは、はこだてワインで風味をつけて店員さんが1本1本焼いています。作り置きせずに注文が入ってから作るので、出来立てほやほやの「やきとり弁当」が味わえます。

「やきとり弁当」は、タレ、塩、塩だれ、うま辛と4つの味から選ぶことができ、サイズも小、中、大、そしてジャンボと選べます。

お店には「やきとり弁当」オリジナルのクリアファイルやステッカーなどのグッズも販売されているので、函館のレアなお土産にぴったりです。

函館のおすすめランチ5. きくよ食堂 本店

「きくよ食堂」、函館で人気の観光スポットにある海鮮丼の元祖といわれる老舗の食堂です。昭和31(1956)年創業で60年を越える歴史を持ち「函館朝市」では最も有名で、たくさんの観光客でにぎわっています。

「きくよ食堂」の人気メニューは、ウニ、イクラ、ホタテがのった「元祖函館 巴(ともえ)丼」です。

近海ものの新鮮なウニやイクラ、ホタテの3種のネタがごはんの上にたっぷりのった丼で、ウニには自家製のわさび醤油がかかっているので、ホタテだけに醤油をかけるのがおすすめです。

ごはんは、道南産の「ふっくりんこ」を使って、炭火で炊き上げているのでふっくらツヤツヤです。

「元祖函館 巴(ともえ)丼」の他には、ウニ、イクラ、ホタテ、カニ、エビ、サケ、イカの中からお好きなネタを5種類選べる「五種お好み丼」やアワビを含む7種類の海鮮ネタが豪華にのった「大漁丼」も人気です。

「きくよ食堂」は、函館朝市にある本店の他に、函館港をバックに金森赤レンガ倉庫が立ち並ぶ「ベイエリア」にも「きくよ食堂 ベイエリア店」があり、ランチとディナーの時間帯に営業しています。

函館のおすすめランチ6. 五島軒 レストラン雪河亭

明治12(1897)年創業の函館を代表する老舗レストランの「五島軒」。その「五島軒」の人気のカレーやスイーツが食べられるのが「レストラン雪河亭」です。「レストラン雪河亭」は市電の十字街駅から徒歩3分、異国情緒あふれる函館西部地区にあります。

「レストラン雪河亭」のおすすめメニューは、明治の創業以来、そのレシピが伝承されていいる洋食と人気のカレーをセットにした「明治の洋食&カレーセット」です。また、カレーの他にも柔らかく煮込まれた牛タンが入った「牛舌シチュー」も人気です。

函館の人気の観光スポット「五稜郭」を上から眺めることができる「五稜郭タワー」には、支店のカレーレストラン「函館カレーEXPRESS」があり、イギリスカレーやフランスカレー、インドカレーなどバラエティー豊かなカレー料理を楽しめます。

函館のおすすめランチ7. 梅乃寿司 さくら通り

「梅乃寿司 さくら通り」は、市電柏木駅から徒歩5分、湯の川と五稜郭のちょうど中間あたりの住宅街の中にあり、地元の人でにぎわう人気のお寿司屋さんです。「梅乃寿司 さくら通り」は、函館や近海もの魚介を使い、特に戸井や大間など津軽海峡産の一本釣りのマグロにこだわっています。

「梅乃寿司 さくら通り」の人気のメニューは、「おまかせ」で内容は季節や仕入れで変わりますが、こだわりの新鮮なネタから11貫が味わえます。ネタは常時25~30種類も用意されており、毎朝、函館の新川町にある自由市場に噴火湾産のボタンエビやホッキ貝などの近海の獲れたて新鮮な魚介を仕入れに行っています。

「梅乃寿司 さくら通り」の店内は、カウンター席の他に個室のテーブル席や座敷席とありますが、観光客も地元の人の口コミを聞きつけ多く訪れているので、観光シーズンには事前の予約は必須です。

函館のおすすめランチ8. 滋養軒

北海道の三大ラーメンに数えられる函館の塩ラーメン。その函館ラーメンの人気店が「滋養軒」です。

「滋養軒」は、昭和22(1947)年創業の函館ラーメンの歴史を守る老舗ラーメン店です。お店は、JR函館駅から歩いて5分の場所にあり観光客にも人気のお店です。

「滋養軒」で人気のメニューは、看板商品である「函館塩ラーメン」。輝くような透明のスープからは豚骨、鶏がらの動物系と野菜の深みのある味が広がります。また、「函館塩ラーメン」にも負けない人気の「函館醤油ラーメン」もおすすめです。

ラーメンなど麺類の他にもチャーハンや皮から手作りの餃子などがリーズナブルな価格でメニューに並んでいます。

函館のご当地B級グルメも観光客に人気です

いかがでしたか?今回は、北海道に中でも特に人気のグルメエリア「函館」で、おすすめのランチのお店と人気のメニューをご紹介しました。

函館には、うに丼などの海鮮メニューの他にも、ご当地ハンバーガーやご当地弁当、函館塩ラーメンと色々なジャンルの美味しいものが揃っています。

全部食べ歩くには胃袋が足りないかもしれませんが、ぜひ函館グルメを満喫してくださいね。

スポンサーリンク