デパ地下 池袋西武のおすすめ贅沢グルメ厳選10

関東

この記事では、池袋西武本店でおすすめのデパ地下グルメをご紹介します。惣菜や弁当のおすすめ店から、サラダやスイーツのおすすめ店を10店舗紹介していますので、お買い物の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

デパ地下池袋西武おすすめグルメ1.リトルシェフ

最初に紹介するのは、池袋西武の自社開発によるデリカテッセン「リトルシェフ」です。女性スタッフが中心となって商品開発から販売までを行っており、サンドイッチをはじめ惣菜や弁当など商品の種類も豊富なので、何を買おうか迷うという方にもおすすめ。

リトルシェフのサンドイッチは20種類以上あり、はち切れんばかりの具材が魅力です。メニューは1番人気の「ふんわりオムレツたまごサンド」をはじめ、「ハム&ザワークラウト」「海老カツ&明太ポテトサラダ」など、こだわりのサンドイッチを店内で手作りして提供しています。

リトルシェフの弁当および惣菜メニューとしては、「ロコモコ丼」「十八穀米のタコライス」や「自慢のポテトサラダ」などが人気です。またリトルシェフ内にはお弁当ステーションがあり、ロケ弁でも有名な「津田屋」「弁松」や「叙々苑 游玄亭」などの弁当も購入できます。

デパ地下池袋西武おすすめグルメ2.天のや

つづいてはTVでも度々紹介されている、玉子サンドが有名な「天のや」です。太めの玉子焼きが、一口大のパンにサンドされたビジュアルを見た方も多いのではないでしょうか。天のやの玉子焼きは関西風のダシを使った甘味おさえめの味付けで、マスタードが利いているのも特徴です。

池袋西武の天のやでは「玉子サンド」のみ販売しており、12個入りのレギュラーサイズと6個入りのハーフサイズが選べます。ちなみに本店店舗は麻布十番にあり、小倉サンドやぜんざいなどの甘味も提供しています。

デパ地下池袋西武おすすめグルメ3.なだ万厨房

3つめに紹介するのは、日本料理の名店「なだ万」が手掛ける弁当や総菜の販売店「なだ万厨房」です。なだ万は老舗の高級料亭(創業1830年)として知られていますが、なだ万厨房では「料亭のおもてなしを食卓へ」というコンセプトのもと、なだ万の味を弁当や総菜として販売しています。

なだ万厨房の弁当は通年販売している「お肉料理となごみ御膳」「料亭のカレイ西京焼き弁当」から、「四季替わり弁当」や「季節限定弁当」などがあり、値段も1500円前後とリーズナブルです。

惣菜は定番の「季節の小箱」「スープ茶碗蒸し」や季節のお惣菜があり、ゼリーとムースの2層からなる「食べるスープ」も人気があります。

デパ地下池袋西武おすすめグルメ4.柿安ダイニング

4つめに紹介するのは、デパ地下グルメ店として定番の「柿安ダイニング」です。運営元である柿安は明治初期に牛鍋店を創業した事にはじまり、現在は惣菜・弁当の販売店「柿安ダイニング」や精肉店の運営から、料亭および和菓子店の運営などを手掛けています。

柿安ダイニングでのおすすめは、秘伝のタレで味付けした黒毛和牛の「牛めし」「すき焼重」や「スタミナ焼肉重」で、値段も1000円前後なのがうれしいところ。また惣菜も量り売りしていて、「ガーリックシュリンプ」「大海老マヨ」や「30品目のサラダ」などが人気です。

デパ地下池袋西武おすすめグルメ5.たいめいけん

5つめは、有名洋食店としてもお馴染みの「たいめいけん」です。創業が昭和6年という老舗の洋食屋で、たいめいけん本店は中央区日本橋にあります。

池袋西武のお店はイートインコーナーを中心とした作りですが、メニューは基本的にテイクアウトができます。

たいめいけんといえばオムライスが有名ですが、ハヤシライスやビーフカレー、ナポリタンなども人気です。またかつサンドやコロッケのテイクアウトに加えて、本店でも提供している醤油ラーメン(お土産用)も販売しています。

スポンサーリンク
関東
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび