大阪の鴨料理がおいしい名店8選!鍋やフレンチ、専門店も!

関西

さまざまな絶品グルメや名物料理が揃う食い倒れの町「大阪」。串カツやお好み焼きなど庶民的な食べ物が有名ですが、こだわりの食材を使った和食店やフレンチレストランなどの名店や人気店もたくさんあります。

今回は、大阪で鴨料理がおいしいと評判の名店を8店ご紹介します。

スポンサーリンク

大阪 鴨料理 名店1.Le Caneton (ル カネトン)

大阪の鴨料理がおいしい名店、最初にご紹介するのは「Le Caneton (ル カネトン)」です。

大阪の中央区上本町にある「Le Caneton (ル カネトン)」は、ミシュランガイド大阪2018のビブグルマンに掲載された人気のフレンチレストランです。お店は、大阪メトロ谷町線の谷町六丁目駅の3番出口から歩いて1分の場所にあります。

1軒家をリノベーションした「Le Caneton (ル カネトン)」の店舗には、1階にカウンター席が6つ、2階にテーブル席が16と合わせて22席が用意されています。営業時間はランチが11:30~15:00、ディナーが18:00~23:00です。

お店の名前の「ル・カネトン」はフランス語で仔鴨の意味。ランチでは5,500円でメインが鴨肉料理のスペシャルコースを、ディナーでは7,500円で鴨とフォアグラを使った全8品のコース料理が楽しめます。

また「Le Caneton (ル カネトン)」では、アラカルトにも、鴨やフォアグラを使ったメニューが並びます。

大阪 鴨料理 名店2.Cerdo y pato (セルド ヤ パト)

大阪の鴨料理がおいしい名店、次にご紹介するのは「Cerdo y pato (セルド ヤ パト)」です。

北区兎我野町にある「Cerdo y pato (セルド ヤ パト)」は、豚肉と鴨肉を使った料理とワインが楽しめるバルです。お店は、谷町線の東梅田駅から歩いて5分ほどのビルの1階にあります。

「Cerdo y pato (セルド ヤ パト)」の営業時間は、12:00~翌1:00で昼は完全予約制です。おしゃれなバルの雰囲気の「Cerdo y pato (セルド ヤ パト)」の店内には、カウンター席やテーブル席など46席が用意されています。またカップルシートもあるのでデートにもぴったりです。

「Cerdo y pato (セルド ヤ パト)」では、奈良県産の倭鴨を使った「倭鴨ロースのロースト」や「倭鴨ロース炙りフォアグラのっけ」「倭鴨のユッケ イクラのせ」「倭鴨もも肉のたたきネギうもれ」などさまざまなメニューが楽しめます。

なかでも「Cerdo y pato (セルド ヤ パト)」のオススメは、フォアグラやキャビアが添えられて見た目にもおいしい「鴨寿司」です。

大阪 鴨料理 名店3.鴨と醸し 鼓道

大阪の鴨料理がおいしい名店、3番目にご紹介するのは「鴨と醸し 鼓道」です。

大阪吹田市にある「鴨と醸し 鼓道」は、2017年にオープンした鴨と地鶏、蕎麦が楽しめるお店です。お店は、北大阪急行の緑地公園駅から歩いて5分ほどの場所にあります。

「鴨と醸し 鼓道」の店内は、”森の動物の小道”をテーマにした空間で、店内のあちらこちらには森の動物たちの切り絵が飾られています。「鴨と醸し 鼓道」の広い店内には、テーブル席が30席、和の個室が20席、特別個室の「鹿鳴」に8席が用意されています。

特別個室「鹿鳴」は囲炉裏を囲みながら、鹿鳴専用の鍋や器で食事を楽しめます。

「鴨と醸し 鼓道」の営業時間は、11:00~15:00と17:00~22:30で、ランチには蕎麦を、ディナーには和歌山有田の「紀州鴨」と滋賀の「淡海地鶏」を使った料理が味わえます。「鴨と醸し 鼓道」のおすすめのメニューは「紀州鴨のたたき三種盛り」で鴨肉本来の旨さが楽しめます。

大阪 鴨料理 名店4.北浜 土山人

大阪の鴨料理がおいしい名店、4番目にご紹介するのは「北浜 土山人」です。

「北浜 土山人」は、中央区伏見町にある、本格的な手打ちそばとこだわりの料理とお酒が楽しめるお店です。

お店は、大阪メトロ堺筋線北浜駅の6番出口から徒歩3分、御堂筋線淀屋橋駅の11番出口から5分の場所にあります。

築100年以上の古民家を利用した「北浜 土山人」の店内には、趣のあるオリジナルのテーブルやイスが置かれ、落ち着いた雰囲気の中で食事を楽しめる34席が用意されています。

「北浜 土山人」の営業時間は、月曜日から金曜日が11:30~14:30と17:30~23:00、土日祝は11:30~14:30と17:30~22:00です。ランチタイムには、石臼で自家製粉して手打ちしたお蕎麦を「鴨南蛮そば」や「鴨汁せいろ」で頂けます。

「北浜 土山人」では、ディナータイムには、「鴨つくね焼き」や「鴨ロース」「鴨ねぎ焼き」を肴にお酒を楽しめます。

大阪 鴨料理 名店5.いろどり 鴨いち

大阪の鴨料理がおいしい名店、5番目にご紹介するのは「いろどり 鴨いち」です。

大阪堺市の「いろどり 鴨いち」は、鴨料理や海鮮料理を楽しめる人気の居酒屋です。お店は、チンチン電車(阪堺電鉄)の宿院駅から歩いて3分ほどの場所にあります。「いろどり 鴨いち」の店内には、カウンター席やテーブル席、10名まで利用できる掘りごたつ席など33席があります。

「いろどり 鴨いち」の営業時間は11:30~13:00と17:00~23:00。

「いろどり 鴨いち」は宴会コースが充実していますが、単品のお料理も豊富です。「いろどり 鴨いち」で使われる鴨肉は、地元大阪の「河内鴨」。「河内鴨」は、大阪松原市のツムラ本店で飼育から販売まで一貫して管理しているブランド鴨です。

「いろどり 鴨いち」のランチタイムのおすすめは、ジューシーな鴨肉を贅沢に玉子でとじて、卵黄をトッピングした「鴨丼」と柔らかく仕上げた出汁に河内鴨のコクが加わった「鴨なんば」です。

スポンサーリンク