大人の台湾 台南エリア! 一度は行きたい人気観光スポットやおすすめの名所、穴場10選!

海外

台湾への旅行では台北や高雄が人気ですが、オランダ統治時代の歴史的な建造物や寺院や廟など史跡、そして古い町並みが多く残され「台湾の京都」とも呼ばれる古都「台南」もひそかな人気となっています。

今回は、そんな台湾の台南でおすすめの観光スポットや穴場スポットを10か所ご紹介します。

スポンサーリンク

台湾 台南 人気観光スポット1.奇美博物館

台湾 台南の人気観光スポット、最初にご紹介するのは「奇美博物館」です。

「奇美博物館」は、台南市仁徳区にある台湾最大の私立博物館美術館で、西洋芸術品を中心に10,000点ほどが収蔵されています。

館内には芸術ホール、楽器ホール、兵器ホール、動物ホール、ロダンホール、彫塑アベニュー、特別展示ホールがあり、4,000点ものさまざまコレクションが展示されています。

1階の「兵器ホール」には、日本の兵器コーナーもあり第八代将軍徳川吉宗 時代の美しい甲冑も展示されています。

「奇美博物館」を作った奇美実業の創業者である許文龍自身がヴァイオリンを演奏していたこともあり、「楽器ホール」は、世界最多のヴァイオリンコレクションを誇り、世界の著名なヴァイオリン職人の名作も収蔵されています。

台湾 台南 人気観光スポット2. 赤崁樓

台湾 台南の人気観光スポット、次にご紹介するのは、「赤崁樓(せきかんろう)」です。

「赤崁樓(せきかんろう)」は、1652年にオランダ人によって建てられた台南最古の歴史的な建造物です。当時は「プロヴィンシア城」と呼ばれていましたが、オランダ人が建てたことから別名「紅毛樓」とも呼ばれています。

1983年には、台湾の国家一級古跡に指定され、台南を代表する名所となっています。

敷地には、「海神廟」や「文昌閣」、「蓬壺書院」などがあり、「海神廟」にはさまざまな歴史的な資料が展示されています。

また「文昌閣」には台湾の有名な学問の神様「魁星爺」が祀られていて、たくさんの受験生が合格祈願に訪れています。

夜にはライトアップされ昼とは違った幻想的な姿を見ることができます。また、週末には野外コンサートなどのイベントも開催されています。

台湾 台南 人気観光スポット3.安平古堡

「安平古堡」は、1624年にオランダ人によって建造された「ゼーランジャ城」と呼ばれていた台湾初の簡易な城が始まりです。

その後1661年に鄭成功がオランダ人の手から台湾を奪回し、この地を「安平」としゼーランディア城を「安平鎮城」に改名しました。

太平洋戦争後には、現在の名称「安平古堡(あんぴんこほう)」と呼ばれるようになり、観光スポットとして親しまれています。

「安平古堡」のシンボルは、レンガの壁で囲まれた高台に建つ展望台ですが、もともとは、1945年に周囲を監視するために建てられた塔で、1975年に展望台が作られました。

敷地内には「ゼーランディア城博物館」があり、オランダ時代のゼーランディア城の模型や当時の地図などの資料が展示されています。

台湾 台南 人気観光スポット4.神農街

「神農街(シェンノンチエ)」は、台南市内にある200年以上の歴史のある家屋が残り清時代の雰囲気が色濃く残る通りです。

「神農街」という名前は、この通りにある「台南薬王廟」に医薬の神様である「神農」が祀られていることによります。

かつては港から続く運河だったという「神農街」の通りは、全長300mほどで、狭い道幅の両脇には木造の古い建物が軒を連ねています。

現在は、その残された古い建物に新しくお洒落な雑貨店や工房、カフェやバーが入り古い街並みと新しい文化に入り混じったレトロでお洒落な通りとして生まれ変わっています。夜は、バーやカフェに若者が集まる人気のスポットです。

スポンサーリンク
海外
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび