東京のおすすめ紅葉スポット8選!ライトアップも楽しめる名所!見頃はいつ?

関東

東京都内には多くの紅葉スポットが点在しています。歴史ある日本庭園や、庶民に親しまれている公園、かつての個人の邸宅の庭など、その種類は様々です。

そこで今回は、東京で紅葉を楽しめる、おすすめのスポットを厳選してご紹介したいと思います!

スポンサーリンク

東京のおすすめ紅葉スポット1. 目白庭園

まず最初にご紹介したい東京の紅葉スポットがこちら、東京都豊島区にある目白庭園です。

目白庭園は、美しい池が特徴的な池泉回遊式庭園。池で泳ぐ鯉を眺めるのも風情たっぷり。東京のど真ん中にいることを、ふと忘れてしまいそうになる静かさも魅力です。

紅葉スポットとしても人気の目白庭園。毎年11月の下旬くらいから12月の上旬までに見頃を迎えます。その時期はライトアップも行われ、昼の景色とはまた違った、一段と幻想的で素敵な景色に様変わりします。なお、ライトアップ期間は、開演時間が21時までに延長されます。のんびりと時間をかけて楽しみたいですね。

目白庭園へのアクセスは、JR目白駅を下車し、歩いて5分ほど。静かな住宅街に位置します。駐車場はないので、駅から徒歩で行くことをおすすめします。また、池袋駅からの徒歩だと、15分くらいで着きます。

■詳細情報

豊島区立 目白庭園

東京都豊島区目白3-20-18

東京のおすすめ紅葉スポット2.六義園

東京都文京区にある六義園は、紅葉の名所としても知られています。広い敷地をもち、繊細で美しい日本庭園です。また、春には桜が美しく咲き、花見ができるスポットとしても人気があります。

六義園の園内には「心泉亭」や「宜春亭」と呼ばれる茶室や、実際にお茶とお菓子をいただけるお店、「吹上茶屋」もあります。散策と、ちょっとした休憩にも最適なお店です。また、お土産として、オリジナルの手ぬぐいや、羊かん、せんべい、人形焼きといった商品も販売されています。

六義園の紅葉は、昼間も風情があって見ごたえがありますが、夜もまた素晴らしい。美しくライトアップされた紅葉は、とてもロマンチック。

紅葉の見頃は、毎年11月の下旬から12月の上旬くらいまで。普段は17時で閉園しますが、ライトアップされる期間は21時までの開園となります。

六義園へのアクセスは、JRまたは地下鉄の駒込駅を下車し、歩いて7分ほど。ほかにも、地下鉄の千石駅からも歩いていけます。

■詳細情報

六義園 | 庭園へ行こう。

東京都文京区本駒込6

東京のおすすめ紅葉スポット3.東京都庭園美術館

港区白金台にある東京都庭園美術館は、その名前の通り広大な庭園をもつ美術館です。静かで風情たっぷりの庭園は、都内でも屈指の紅葉スポットとして知られています。

東京都庭園美術館の敷地内には西洋庭園と日本庭園があり、それぞれが静かで情緒豊かな庭園となっています。

東京都庭園美術館の紅葉の見頃は、毎年11月の下旬から12月の上旬くらいまでとなっています。11月の中旬くらいから徐々に色づき始めるので、比較的お客さんの少ない時期に行くのも良さそうですね。

また、毎年、期間限定のライトアップも行われています。暗闇に浮かび上がる真っ赤な紅葉。池の水面にも映り込み、息をのむ美しさです。

アールデコ様式の建物も要注目の美術館。美術鑑賞に訪れた際はぜひ、庭園も合わせて楽しんでみてください。

東京都庭園美術館へのアクセスは、わりと近いのが地下鉄の白金台駅。1番出口から歩いて6分の場所にあります。ほかにも、JRや東急目黒線の目黒駅も徒歩圏内。正面口から歩いて7分ほどで着きます。

■詳細情報

東京都庭園美術館

東京都港区白金台5-21-9

東京のおすすめ紅葉スポット4. 御岳渓谷

つづいてご紹介する東京の紅葉スポットはこちら、東京都青梅市にある御岳渓谷です。ここは多摩川の流れる渓谷で、大きな岩や豊かな樹々、古くから親しまれてきた日本の自然の風景が見られます。

御岳渓谷はウォータースポーツを楽しむ方にはおなじみのスポット。特にカヌーが盛んに行われていることでも知られています。

紅葉スポットとしても人気で、毎年、11月の中旬から11月の下旬くらいまでが紅葉の見頃となっています。モミジやイチョウが多く見られ、紅葉シーズンにはライトアップも行われています。

周囲には美術館などの文化施設もあり、豊かな自然だけでなく、文化的にも楽しめるエリアです。

御岳渓谷へのアクセスは、JR青梅線の御嶽駅を下車し、歩いて約3分。およそ4kmにもわたる遊歩道があるので、紅葉はもちろん、充分に散策しがいのあるスポットでもあります。

■詳細情報

【御岳渓谷】 – じゃらんnet

東京都青梅市御岳

東京のおすすめ紅葉スポット5. 大田黒公園

東京都杉並区にある紅葉スポット、大田黒公園。住宅街に位置する公園で、もともとは音楽評論家の大田黒元雄氏の自宅だった場所。現在は池のある緑豊かな公園となっていて、地元の人に親しまれているスポットです。

荻窪周辺に住んでいても、この大田黒公園は知らなかったという方もいるかもしれません。住宅街の穴場ともいえる公園。杉並区立中央図書館からも近い場所にあるので、お近くの方はぜひ行ってみてください。

緑豊かな敷地内には、美しい池や、記念館があり、建物は登録有形文化財に指定されています。

大田黒公園の紅葉は、毎年11月下旬から12月の上旬くらいまでが見頃。ライトアップも行われているので、夜も必見です。

大田黒公園へのアクセスは、JR、または丸の内線の荻窪駅を下車し、歩いて10分ほどで着きます。

■詳細情報

大田黒公園

東京都杉並区荻窪3-33-12

東京のおすすめ紅葉スポット6. 椿山荘庭園

日本を代表する老舗ホテルのひとつ、椿山荘。東京都文京区に広い敷地を持ち、見事な庭園も見どころのホテルです。

東京の中心にありながら、まるで小さな森のような緑いっぱいの椿山荘庭園。湧き水や滝、草花や紅葉、蛍など、一年を通してたくさんの魅力にあふれた庭園です。

椿山荘庭園の紅葉は、毎年12月の初旬から中旬くらいが見頃です。ライトアップイベントも行われています。高級ホテルのレストランでディナーをいただいて、ライトアップされる庭園の紅葉を楽しむのも良いですね。

椿山荘庭園へのアクセスは、JR目白駅を下車し、5番または8番のバス停で、白61系統のバスに乗ります。そして「ホテル椿山荘東京前」バス停で下車します。駅から歩くと遠いので、バスかタクシーの利用をおすすめします。

■詳細情報

椿山荘東京【公式サイト】

東京都文京区関口2-10-8

東京のおすすめ紅葉スポット7. 小金井公園

小金井公園は、玉川上水沿いにある広大な敷地をもつ公園。桜や紅葉が見られるスポットとしても人気がある公園です。

小金井公園の紅葉は、毎年10月の中旬くらいから徐々に色づきはじめます。見頃を迎えるのは11月の中旬から下旬くらいまで。広い園内の各所で美しい紅葉が楽しめます。

園内にある野外博物館、江戸東京たてもの園では、紅葉のライトアップも行われています。昔の東京を再現したレトロな街並みが、紅葉とともに美しく照らし出されます。

小金井公園へのアクセスは、JR武蔵小金井駅を下車し、バスかタクシーを利用するのが便利です。バス停「小金井公園西口」、「江戸東京たてもの園前」、「小金井公園前」、「スポーツセンター前」などで下車します。広大な公園の目的地に応じて、降りるバス停を選びましょう。

■詳細情報

小金井公園|公園へ行こう!

東京都小金井市桜町3、関野町1・2、小平市花小金井南町3、西東京市向台6、武蔵野市桜堤3

東京のおすすめ紅葉スポット8. 八芳園

東京、白金台にある八芳園は、古くから結婚式場として親しまれています。敷地内には美しい日本庭園があり、東京都内でもおすすめの紅葉スポットのひとつ。結婚式の利用者以外の方も無料で見学ができる庭園です。

八芳園の池には綺麗な錦鯉が泳いでいます。歴史ある日本庭園ならではの風情ある風景に浸ることができます。紅葉の見頃は11月の下旬から12月の中旬くらいまで。ライトアップイベントも行われています。

八芳園へのアクセスは、地下鉄の白金台駅を下車、2番出口から歩いて1分。駅から近くアクセスしやすいスポットです。

■詳細情報

八芳園

東京都港区白金台1-1-1

東京で紅葉の美しさに酔いしれよう!

東京都内で、おすすめの紅葉スポットを厳選してご紹介しました。

それぞれに特徴があり、魅力は様々。昼間の紅葉の景色も素晴らしいですが、ライトアップされると雰囲気も変わって、また別の魅力が楽しめます。自分だけのお気に入りの紅葉スポットを見つけましょう!