【鬼怒川温泉】秘湯、名湯、大人が選ぶおすすめ旅館8選

関東

鬼怒川温泉郷は、東京・浅草から特急で約2時間とアクセスも良く、江戸時代の開湯以来、300年の歴史を紡いできた名湯のある、由緒正しい温泉地です。

鬼怒川ライン下りや、東武ワールドスクエア、日光江戸村などへの人気観光スポットもあり、現在は北関東屈指の観光名所ともなっています。そんな鬼怒川温泉で一度は行ってみたい、ちょっとリッチな大人のおすすめ温泉旅館をピックアップしてみました。意外な秘湯にも出会えるかもしれません!

スポンサーリンク

静寂とまごころの宿七重八重


鬼怒川温泉駅から徒歩5分というアクセスの良い立地にありながらも、鬼怒川の渓谷美を眺めながらゆったりと温泉を堪能できると評判のおすすめ旅館が「静寂とまごころの宿七重八重」です。

「静寂とまごころの宿七重八重」の、鬼怒川の絶景と言われる渓谷の流れを堪能しつつ、肌に優しいアルカリ性単純温泉の湯はまさに昔から名湯と称されているだけあって、日頃の疲れも癒せて肌もきれいになりそうですね。旅館には大浴場、露天風呂のほか、貸切風呂(予約制)もありますよ。


宿の夕食はお部屋の個室でいただけます。栃木県産のコシヒカリを使用した山菜釜飯から、岩魚の御造り、栃木ポークのしゃぶしゃぶまで、地元のグルメ素材を活かしたおすすめの和風会席料理を心ゆくまで味わえます。

お部屋や夕食の追加注文など、宿泊プランが選べるのも七重八重の特徴のひとつ。あなたに合わせたリッチなプランで、ゆっくりと温泉宿を楽しんでみてください。

栃木県日光市鬼怒川温泉大原1060

静寂とまごころの宿七重八重

鬼怒川温泉 山楽


「鬼怒川温泉 山楽」は鬼怒川温泉駅から徒歩10分と観光にも便利なアクセス。また鬼怒川温泉駅から無料送迎バスも出ています。 「鬼怒川温泉 山楽」の館内ロビーは、江戸情緒あふれる優雅な雰囲気。そして和室と和洋室の2つのタイプがある客室は全て75平米以上とスイート級の広さを誇ります。お部屋の調度品にこだわりがあるのも、高級感を味わせてくれます。もちろん、旅館のお部屋からは全て鬼怒川の渓谷を眺められる絶景が見渡せますよ。


宿自慢の檜造りの露天風呂は、鬼怒川温泉の名湯の効能をさらに高めてくれそうです。また厳選された高級なアメニティが充実しているのは、女性にとってとても嬉しいところ。恋人や奥様にはとても喜ばれそうでおすすめです。湯上りのドリンクサービスも、おもてなしの心を感じられます。

お食事も夕食、朝食ともに個室でゆっくりと。お食事の器には輪島塗を使用し、食材にもとことんこだわった、四季折々の創作料理の醍醐味は、季節ごとに味わいたくなるものばかりです。

栃木県日光市鬼怒川温泉大原1060-399

鬼怒川温泉 山楽

ほてる白河 湯の蔵


昭和初期の開業と歴史のある温泉旅館が鬼怒川温泉「ほてる白河 湯の蔵」です。鬼怒川温泉駅から各ホテル・旅館を周回するバスに乗り、約10分のところにあり観光にも便利です。

「ほてる白河 湯の蔵」は開業以来、鬼怒の自家源泉が特徴とあって、男女湯とも露天風呂が二つずつ、貸切露天風呂も2種類あるなど、名湯の温泉が自慢の旅館です。プライベートにおすすめの貸切露天風呂は人気がありますので、お早目の予約をおすすめします。


旅館の歴史を感じさせる「ほてる白河 湯の蔵」の和室の客室は、時代を遡ったようなレトロ感覚のお部屋です。また、この宿には掘りごたつのあるお部屋も用意されています。

個室料亭で周りを気にせず堪能出来る「ほてる白河 湯の蔵」のお食事は、日光ひみつ豚のしゃぶしゃぶなど地元のこだわりを取り入れたおすすめの和食膳。それぞれの四季に合わせた、旬の素材を使った宿自慢の数々のお料理で、お腹もいっぱいになりそうですね。

栃木県日光市鬼怒川温泉滝483

ほてる白河 湯の蔵

旅の宿 丸京


鬼怒川温泉駅から歩いて3分ほどとアクセスの良い場所に佇むのが「旅の宿 丸京」です。こちらの旅館では、「静かなご滞在をお楽しみいただくために」とのコンセプトで、あらかじめ未就学のお子様は利用が出来なくなっていますので、ご注意くださいね。

旅の宿 丸京の特徴はなんといっても「炭」を館内のいたるところにふんだんに使用している点です。炭にこだわっているのは、この旅館の創業者がかつて炭売りをされていたからだとか。それだけに、お部屋の寝具や調度品だけではなく「炭ルーム」というお部屋では壁や畳にも炭を配し、より身体に優しい特性を持つといわれる炭の良さが存分に味わえておすすめです。


「旅の宿 丸京」の温泉にも、「炭」のこだわりを感じられます。その名も「炭澄の湯」は、鬼怒川温泉のアルカリ性単純温泉に、炭のマグネシウムやカルシウムの成分がほどよくマッチして、より上質な名湯となっています。まさにこの旅館でしか味わえない癒しとなるでしょう。

旅館の夕食は趣向をこらした、1週間で曜日ごとに違うメニューが楽しめる「○饗膳」を提供しています。火曜は火を使ったもの、水曜は鬼怒川の水をメインに、というようにユニークな発想のもと作られる、心のこもったおすすめの創作料理は美味しいだけではなく、見た目も華やかに感じられます。

「炭」の良さを堪能していただくために、旅の宿 丸京は全館禁煙となっていますので、その点もご注意くださいね。

栃木県日光市鬼怒川温泉大原1388-3

旅の宿 丸京

鬼怒川 絆


国道120号線近くにあるアクセスも良い「鬼怒川 絆」は、愛犬と泊まることの出来る温泉旅館。ペット同伴で旅行を楽しむ夫婦やカップルも沢山いる昨今、鬼怒川温泉で愛犬と一緒に泊まるにはおすすめのお宿です。

「鬼怒川 絆」のスタッフも全員が犬のトレーナー資格を持っていて、宿泊中は担当のスタッフが専門でずっと対応してくれるので、初めての愛犬同伴旅行でも安心です。

旅館の温泉も効能をさらにまろやかにする檜風呂で、もちろん愛犬専用の温泉風呂もあります。名湯をワンちゃんと一緒にゆっくり味わえて、日頃の疲れも癒されそうです。


館内の料亭で頂けるお食事は、地元の食材だけにこだわらないもの。全国各地から選りすぐりのおすすめ食材を取り寄せて、丹念に仕上げられた独自の和風高級会席料理が用意されています。

愛犬用のお食事も写真のように可愛らしさがありながらも、気品が漂います。愛犬用のお食事は事前に予約が必要なので、注意してくださいね。

栃木県日光市鬼怒川温泉大原1422-4

鬼怒川 絆

若竹の庄 別邸笹音


鬼怒川温泉郷で渓流の絶景が楽しめる「若竹の庄 別邸笹音」。鬼怒川公園駅から無料送迎バスが出ていますので観光にもとても便利。「若竹の庄 別邸笹音」では全16室とロビーが全て渓流に面し、全客室にかけ流しの半露天風呂付きと、まさに隠れ家的でリッチな気分を味わえる旅館です。小学生以下のお子様は利用が出来ない旅館ですので、注意してくださいね。

全てがゆったりした空間の特別室から、和室とベッドルームのあるモダンな和洋室まで、様々なタイプの客室の広縁からは、四季折々の渓谷の眺めが楽しめます。半露天風呂も全て鬼怒川に面しているので、大自然の中でプライベートなひと時を過ごす事が出来ますよ。

「若竹の庄 別邸笹音」の館内にも広々とした内湯と露天風呂があり、若竹の庄では刺激の少ない弱アルカリ単純泉を採用しています。弱アルカリ単純泉は「美肌の湯」とも言われているので、カップルやご夫婦でゆっくり楽しむのにおすすめです。


宿の料亭でいただく夕食は、全国からその季節の旬の素材を厳選したおすすめ京会席料理。その料理を彩る器がそれぞれ全て一品ものと、細やかな気遣いが美味しさを引き立ててくれます。

会席料理は予約の段階で2種類から選べますが、せっかく楽しむのであれば、とちぎ和牛ステーキが付いた「松禄会席」がおすすめです。

栃木県日光市鬼怒川温泉藤原136

若竹の庄 別邸笹音

栂の季


「栂の季」は、鬼怒川温泉駅から徒歩10分の好アクセスながら、鬼怒川温泉街から少し離れた場所に佇む静かな温泉旅館です。

全17室からなる「栂の季」の客室のうち、専用露天風呂付きのお部屋が9室ありますので、リッチなプライベート空間を愉しむなら、露天風呂付きのお部屋をリザーブをおすすめします。

宿の客室の中でも「藍」という客室はカップルにぴったりなダブルベッドを備え、さらに2つの和室を備えたスイートルームなお部屋です。露天風呂には100年以上使われた酒樽を利用しており、歴史と渓流の風情溢れる湯浴みが愉しめます。


旅館のお食事処ではプライベートな個室も予約可能です。栂の季では、地元の旬の素材を活かしたおすすめの湯葉料理から、那須の名物肉のしゃぶしゃぶ、千葉の房総半島から直送で仕入れているという魚料理まで様々なおすすめメニューが自慢の会席コースが楽しめます。朝食では、栂の季オリジナルの豆乳鍋を用意。身も心も暖かくなること間違いなしです。

栃木県日光市鬼怒川温泉大原1438-1

栂の季

八丁の湯


鬼怒川温泉駅から市営バスで約100分。鬼怒川温泉からさらに奥鬼怒の温泉郷の山の合間に佇むのが、知る人ぞ知る秘湯で知られた温泉宿「八丁の湯」です。
日光国立公園内にあるため、建物まで車で行くことは出来ません。

電車でお越しの方はもちろん、車でお越しになる際も、女夫淵駐車場から送迎バスで行く必要があります。八丁の湯を訪ねる際は、送迎バスの予約も忘れずに。

標高1300メートルという位置にあるため、予約や旅行当日は必ず現地の天気を確認するようにしましょうね。


その長旅の疲れを癒してくれるのが、八丁の湯最大の「おもてなし」である温泉です。3つの混浴風呂、1つの女性専用風呂の全てが露天風呂で、完全源泉かけ流しとなっています。一切追い焚きをしないという泉質はとても身体に優しく、大自然の森の中に溶け込むように作られた露天風呂は、「関東最後の秘湯」と言われるほど。温泉をとことん満喫するなら、是非一度は行ってみたくなるおすすめスポットです。


おもてなしは温泉だけではなく、お料理にも込められています。宿の夕食では山の幸をふんだんに使用した自然の味を心ゆくまで愉しめるほか、八丁の湯名物のイノシシ鍋が用意されています。お肉がちょっと苦手・・・という方には、名産づくしの「湯波会席」もありますので予約の際にお好みで選べます。

温泉宿「八丁の湯」のお部屋はログハウスタイプと本館の和室タイプがあり、「木の温かさ」を感じられる客室がそろっていて、のんびりとくつろぎたい方には是非おすすめの温泉宿です。

栃木県日光市川俣876

八丁の湯

鬼怒川温泉・大人が選ぶおすすめ温泉旅館 まとめ

鬼怒川温泉・大人が選ぶおすすめ温泉旅館8選をご紹介しました。どれも魅力的な特徴のあるおすすめの旅館ばかりです。あなたのプランに合わせて、温泉や料理を楽しんだり、近隣の観光地をカジュアルに楽しんだり・・・素敵な旅の思い出作りに是非役立ててくださいね。

スポンサーリンク
関東
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび