東京ドームで野球観戦!大人のデートにぴったりな楽しみ方は?チケットの取り方、グルメやホテル情報も!

アウトドア

昭和の時代のようにプロ野球は巨人に人気が一極集中しているわけではありませんが、子供のころからやっぱり巨人!ジャイアンツという人も多いのではないでしょうか。

しかも、都心のど真ん中にある東京ドームだけに、野球観戦前後にグルメやレジャーも楽しめるのも大きなポイント!

そこで、東京ドームデートにぴったりな楽しみ方を分かりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

東京ドームの楽しみ方1.野球観戦方法は?

東京ドームでの巨人戦チケットはやはり今も超人気です。まずは、巨人戦のチケット購入方法を説明します。

主に【東京ドームチケット販売所】もしくは【インターネット販売】となっています。

当日でも、東京ドームのチケット販売所で当日券がある場合もありますが、売切れの可能性もあるので、特に土日祝日や人気カードの場合は事前にインターネットで入手しておくのがベターでしょう。

イープラスなどのインターネットプレイガイド販売もありますし、東京ドームのチケット販売所でも前売り券の販売があります。他にも主要コンビニ販売や電話での購入方法もあります。

おすすめは、巨人のCLUB G-Po会員になっておくこと。2週間前ほどからチケット購入可能な有料会員だともちろん確実ですが、無料会員でも一般発売日8日前12:00~4日前12:00までチケットが購入可能で、日本シリーズのような超激戦以外では大丈夫ではないでしょうか?

あとは、新橋などにある金券ショップに巨人戦チケットが並んでいる場合もあります。当日など日が近づくと価格は下落するので、探してみるのも手ですが、確実性はありません。

東京ドームでの巨人戦チケットは、例えば【指定席】だけでも10種類ほどあり、全部で20券種ほどあるのです。

デートにぴったりな席種はどこになるのでしょうか?

まず覚えておきたいのが、一塁側が主催のホームチーム、三塁側が相手のビジターチームとなっています。つまり、巨人の場合は、東京ドームでは一塁側がホーム巨人側というわけですね。

外野は、レフト側からホームチームとなっているので、巨人ファン以外で一塁側やレフト側に座って、ビジターチームを応援してしまうと、巨人ファンから怒られてしまう場合も…。デートの雰囲気もぶち壊されてしまいますから気を付けましょうね。

ファンの中に入って、一緒にオレンジのマフラー振り回して盛り上がりたい場合は、外野席。じっくり野球を見たい、もしくは二人だけの世界に浸りたい場合は内野席がよいでしょう。

臨場感満点でプロ野球観戦をしたい場合は、エキサイトシートなどもありますが、超倍率が高いですし、いつボールが飛んでくるか分からないので、やはりデートのような女性同伴の場合はおすすめはできません。

また、裏技的なものが、バルコニー席。名前が物語っている通り、見晴らし最高ですし、ゆったり座れるのでラグジュアリー感満点です。

ただ、このバルコニー席は、一般販売をしていなく年間シートとして販売されている席なのです。価格も、63万円~109万円と高騰なので、主に企業などが営業用や接待用で買っている場合が多いようです。

このバルコニー席を狙うためには、知り合いに巨人のスポンサーになっているような企業の知り合いがいないか探すか、もしくはインターネットオークションや街の金券ショップなどにある場合もあります。もし見つけたら即買いですね。

参考 野球観戦:巨人公式戦 チケット購入方法 | 東京ドーム

東京ドームの楽しみ方2.グルメおすすめは?

プロ野球観戦の定番といえば、やはりホットドッグでしょう。東京ドームでは、ホットドッグ以外にもケンタッキーやピザーラ、マリオンクレープなどお馴染みのフードも揃っています。何故か、いつも食べているようなものでも野球観戦しながらだと美味しく感じるのですよね!

なかでもおすすめは、カレーライス。正直、手の込んだカレーというわけではないのですが、間違いない実家のカレー風味とでもいいましょうか、クセになる人も多い、東京ドームに行ったら必ず食べる人も多いお馴染みのフードです。

参考 東京ドームフロア案内

また、東京ドームといえば、やっぱりビールの売り子は外せないですよね。ただ、噂では可愛い子ばかり採用していると言われるほど、各メーカー可愛い子ばかりで熾烈な競争をしています。

仲間うちで野球観戦するのなら盛り上がりますが、デートで行って彼氏が売り子にデレデレしていたら彼女が嫉妬しちゃいますから気を付けましょうね。

上記の通り、野球観戦しながら軽食を食べるのも醍醐味ですが、せっかくのデートなので、雰囲気もよく美味しいものを食べたい!

そんな場合は、東京ドームから出てすぐ隣、ラクーア内に行きましょう。巨人戦時は、東京ドーム周辺はお客さんでいっぱいになりますが、ラクーアの上層階まで行けば、まるで別空間のように大人の静寂な空間が広がっていて落ち着きます。

おすすめは、高級焼肉店としてお馴染みの【叙々苑】。叙々苑東京ドームシティラクーア店は、とにかく夜景がロマンティックなのです。東京ドームや東京ドームホテルを始めとした東京ドームシティの夜景がパノラマ状に広がり、二人だけの世界を酔いしれることができます。もちろんお肉のクオリティは叙々苑ですから間違いありません。

 

実は東京ドームのある水道橋から電車で直通ではないので東京在住の人以外は分かりづらいですが、神保町まで歩いても10分ほどなのです。

ビジネス街である神保町は、夜になれば人も少なく、あまり人混みが苦手な人にはおすすめのグルメスポットになります。

なかでも一押しはやはり神保町といえばカレーでしょう。【マンダラ】など有名カレー店も多く並んでおり、お腹がすいていれば、カレー店をはしごして食べ比べも良いですね。

ラクーアで食事するにせよ、神保町カレーを頂くにせよ、東京ドームで野球観戦しながらホットドッグなどを食べ過ぎないようにしましょうね。

東京ドームの楽しみ方3.ホテルおすすめは?

東京ドームの野球観戦がナイターの場合は、試合展開によっては23時を過ぎてしまう場合もあります。デートで行ったらそのまま巨人ファンでいっぱいの満員電車に揺られて帰るのではなく、ホテルでゆったりしたいですよね。

やはり東京ドームで巨人戦観戦後は、歩いてすぐの隣にある東京ドームホテルで宿泊するのが最高ですよね。特に暑い夏や寒い冬には歩いてすぐというのは特に大きな魅力です。

東京ドームホテルだったら、平日土曜日は27時まで営業しているバー「2000」などもありますし、野球観戦後にロマンティックな夜を演出することもできます。

気になる宿泊料金ですが、素泊まりでも24,600円~。東京ドーム観戦チケット込プランや、ラクーアの温泉券込プランなどもあります。決して安くはありませんが、思い出に残る東京ドームプランにするには最高のシチュエーションでしょうね。

東京ドームホテルはちょっと高い…。そんな場合は、東京ドームから歩いて3分後楽園駅に行き、東京メトロ南北線で駒込駅などちょっと落ち着いた街に行きましょう。

例えば、駒込には、JR東日本ホテルメッツ駒込など2人で宿泊しても10,000円くらいで泊まれるホテルも数多くあります。

駒込には、六義園のような翌朝の散策スポットもありますし、ゴミゴミしていないので、自分たちのペースで時間を過ごせますね。

東京ドームの楽しみ方4.アクセスや駐車場は?

予想されていると思いますが、東京ドームでの巨人戦開催日は、プレイボール間近、試合終了直後はもちろん、1日じゅう人でごった返しているので、それなりの人ごみの覚悟はしておかないといけません。

東京ドームの最寄り駅としては、JRの水道橋駅が有名ですが、同じくらいの距離で東京メトロの後楽園駅もあります。水道橋駅より後楽園駅のほうが比較的人混み率は低い印象があります。

後楽園駅から目黒駅や六本木一丁目駅などは南北線一本ですし、王子駅や飯田橋駅などJR線との乗り換え駅も多いので、行先によっては後楽園駅の方がベターな場合が多いでしょう。

参考 南北線/N | 路線・駅の情報 | 東京メトロ

また知る人ぞ知るのが都バスの利用。都バスで東京ドーム前から池袋駅前など直行できます。東京都民以外はあまり都バスという選択肢は考えないので、試合後であっても結構座って帰れることもありますよ。

参考 都バス 運行情報サービス

では、車で東京ドームに行く方法はどうでしょう。東京ドーム内に駐車場はありますが、選手など関係者専用のみで一般利用者の駐車場はありません。

また、東京ドーム周辺にはコインパーキングなどもありますが、巨人戦の日はどこもすぐに満車になってしまいます。かなり早めに行くか、もしくは探し回らないといけないので、正直言ってあまり車での東京ドーム来場はおすすめできません。

どうしてもの場合は、東京ドーム周辺で探すのではなく、駒込や王子などちょっと東京ドームから離れた街の駐車場に停めて、電車で数駅、東京ドームに向かうのが手っ取り早い方法かと思います。

参考 タイムズ駐車場検索

東京ドームデートにおすすめのプランを紹介

今回は東京ドームデートにおすすめのチケット入手方法からグルメ、アクセス方法などを紹介しました。

野球観戦で華麗なプロのプレイに酔いしれて、試合後は美味しいグルメやロマンティックなムードに包まれれば、きっと忘れることが出来ない東京ドームデートとなることでしょう。

最高のデートプランには、やはり事前下調べは大切!ばっちりプランを組んで、最高の1日となるようにしましょう。

スポンサーリンク
アウトドア
こちらもおすすめ
こちらもおすすめ
シェアする
フォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク
おとな、あそび