南仏マントンのレモン祭りへ行ってきました!

海外

イタリアとの国境に面する、フランスのマントン。ヨーロッパの春を告げるカー二バルとしては、ヴェネツィア同様有名ですよね。オレンジとレモンで毎年違うテーマでつくられる夢の世界を観に行きませんか?

スポンサーリンク

2018年のマントン レモン祭りのテーマは、エキゾチックなインド

2018年のマントン レモン祭りはインドがテーマでした。ネットでチケットを事前予約することも可能だし、現地で購入することも可能です。右側にチケットオフィスもあるし、この右側の建物を奥の方に進んでいくと、観光案内所もあるのでそちらでもチケットを購入できます。

ただし、パレードをスタンド席で座って見たい場合は、ネットで事前予約しないと満席になってしまいます。

1日目は天気が悪かったので、観光案内所の方のアドバイスを聞いて、夜ライトアップされた庭園を見ることにしました。

そのため、夜になるまでマントンの町を見学することにしました。

2019年ヨーロッパの春を告げるカー二バル開催日程

① フランス マントンの春を告げるカー二バル

2019年2月16日~3月3日開催

② フランス ニースの春を告げるカー二バル

2019年2月16日~3月2日開催

ニースに宿を取り、二つのカー二バルをはしごすることも可能です。

③ イタリア ビアレッジョのカー二バル

2019年2月9日 13日 27日 3月3日 5日

④ イタリア ヴェネツィアの春を告げるカー二バル

2019年2月23日~3月5日開催

2019年マントンのレモン祭り特別プログラム詳細と料金表日本語訳

 

  • 2月16日 20h30 ~ 庭園のライトアップショー
  • 2月16日庭園は、14時以降庭園を開園
  • 2月17日 14h30 ~ パレード
  • 2月21日 21h ~  花火
  • 2月22日 20h30~ 庭園のライトアップショー
  • 2月24日 14h30 ~パレード
  • 2月28日 21h ~ 花火
  • 3月1日 20h30~庭園のライトアップショー
  • 3月3日 14h30 ~パレード

レモン祭りのパレードに入場するにも、約1時間以上待ちになることもあります。ギリギリに行かずに、余裕を持って早めに行くようにしましょう。

なお、昼間の庭園へは、この期間中なら入れます。チケットは、それぞれ目的によって違うので、買う時に間違えないようにしましょう。

Corso des fruits d’orが、パレード

d’un feu d’artificeが、花火

料金表解説 サイト内の料金表をコピーし、フランス語を残したまま日本語訳をしました。一部サイト内で購入した方が安く買えるチケットもあるので、行く日が確定している方はサイト内で購入するようにしましょう。

下記表の右側の料金表示は、1番左が現地で購入した場合の大人料金

真ん中が、ネットで購入した場合の大人料金

右側が、割引料金 割引料金の適用は、6歳児から14歳児未満

Place Simple Adulte

sur place

Adulte

en ligne

Tarifs réduits*
Place assise et numérotée en tribune pour un Corso des fruits d’or (dimanche) ou un Corso nocturne (jeudi) sur réservation .

日曜日、もしくは木曜日に行われるパレードのスタンド席

25 € 25 € 10 €
Place libre et debout (en promenoir) pour un Corso des fruits d’or (dimanche) ou un Corso nocturne (jeudi)

日曜日、もしくは木曜日に行われるパレードの立見席

12 € 10 € 6 €
Entrée pour l’exposition des motifs d’agrumes en journée (jardins Biovès).

庭園の昼間の入場料

12 € 10 € 6 €
Entrée pour les Jardins de Lumières (soir). (Animation et mise en lumière de l’exposition des motifs d’agrumes dans les jardins Biovès).

庭園の夜のライトアップショー

13 € 13 € 8 €
Forfait N°1 – 1 place assise et numérotée en tribune pour un corso (dimanche ou jeudi) + 1 entrée exposition des motifs d’agrumes

日曜日か木曜日のパレードのスタンド席と、庭園入場料のセット

32 € 30 € 15 €
Forfait N°2 – 1 place en promenoir pour un corso (dimanche ou jeudi) + 1 entrée exposition des motifs d’agrumes

日曜日か木曜日のパレードの立見席と、庭園の入場料のセット

20 € 17 € 10 €

庭園は、昼間と夜のライトアップショー1回ずつ見ることをおすすめします。マントンは小さな街です。開催時はどのホテルも即埋まってしまいますので、早めに予約しましょう。

マントンからニースまでの間のホテルを予約してバスでは、ニースまで片道1ユーロ50サンチームで移動できちゃいます。

逆にイタリア側のホテルを予約しても良いでしょう。ただし、即お隣のイタリア側の国境の町はのどかな海沿いの街ですが、難民キャンプがありイタリアの難民締め出しの新体制により治安の悪化の懸念もあります。

イタリア側で宿泊するなら、国境の町を電車で通り越し、同時期にサンレモ音楽祭が開催されているサンレモに泊まってサンレモ音楽祭を一緒に見学しても良いでしょう。

コクトーが愛した可愛らしい港町マントン

ジャン・コクトー美術館

ジャン・コクトー美術館

チケットは、下の海沿いの小さなお城のような建物のジャン・コクトー美術館との共通券です。

コクトーによる、最後の晩餐風?の絵画

コクトーによる、最後の晩餐風?の絵画

 

こちらも、ジャン・コクトー美術館になっており、建物の正面に回り込むと小石を敷き詰めたモザイク画になっています。

他にも2つ違うデザインのモザイク画があります。

館内では、コクトーのお皿も展示販売されています。ほしい方は梱包材とセロテープを日本から持参することをおすすめします。

マントンの街を見下ろす丘の上に登っていきましょう

ジャン・コクトー美術館の向いにある建物の狭い路地の階段をのぼって行きましょう。

教会前の庭に敷き詰められた小石のモザイクは、濡れているときは滑るので要注意です。

更に坂を上っていくと、丘の上に見晴らし台があり、イタリアの方まで一望できます。こちらのビーチは透明度が高く、海水浴をするのもおすすめの場所です。

坂を上っていく途中には、道端に可愛らしい庭園もあちこちに楽しむことが可能です。

レモンの産地マントン

マントン観光で忘れてはいけないのが、ぎゅっと絞ったレモンジュース。街のあちこちにスタンドがあるので、まずは一杯飲んで身体の疲れを癒しましょう。

女性へのお土産にもおすすめの一品。スーパーで大粒のレモンを購入して食すのもおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク