福岡のせんべろ飲み屋10選!レトロでディープな大人の隠れ家!

九州

九州最大の都市「福岡」には、博多ラーメンやごまサバ、明太子、天ぷらなど、美味しいものがたくさんあり「食の都」とも呼ばれています。

特に天神や中洲などの繁華街には、美味しい料理で九州の焼酎を楽しめるお店が多くあります。

今回は、その中でも1000円あればベロベロに酔える”せんべろ”が楽しめる飲み屋さんを10店ご紹介します。

スポンサーリンク

福岡のせんべろ飲み屋1. よかたい デイトス店

博多駅の筑紫口1階新幹線ホームの下の「博多デイトス」には、「ほろよい通り」と名付けられ8店の飲食が並ぶ飲んべぇには魅力的なエリアがあります。その「ほろよい通り」の中央に位置するのが「よかたい デイトス店」です。

「よかたい デイトス店」は立ち飲みが基本ですが、いす席も用意されていて座ってゆっくり飲むこともできます。

お酒は、芋、米、麦、そばの焼酎が190円で、本場九州の焼酎が格安で楽しめます。料理は、焼き鳥など串ものが1本110円から、おでんや1品料理は100円から注文できます。

また「よかたい デイトス店」にはお通しがないので、好きなものだけをつまみながら”せんべろ”できますよ。

「よかたい デイトス店」の営業時間は10時から、1年中博多駅直結のお店で昼酒が飲めるなんて本当によかたい、よかたい!

福岡のせんべろ飲み屋2. 角屋

地下鉄の天神駅と西鉄福岡(天神)駅のすぐ近くにある立ち飲みのお店「角屋」は、午前10時から営業していて昼飲みもできるお店です。

「角屋食館ビル」の1階と地下1階が店舗で、1階は立ち飲みスペース、地下にはいす席があり座ってゆっくり飲むことができます。

お店に入ったらまずは券売機で食券を購入します。芋焼酎と麦焼酎は240円で酎ハイやサワー、ワインは300円。やっぱり本場九州では焼酎が安く楽しめるんですね。

店内の雰囲気は、どことなく定食屋の雰囲気で、ガラス張りのショーケースには「しめさば」や「たこぶつ」「枝豆」「ポテトサラダ」など居酒屋定番のおつまみが並んでいます。

他にも「博多がめ煮」や「丸天揚げ」など60種類以上のおつまみが120円から揃っていて焼酎で”せんべろ”を楽しめちゃいます。

スポンサーリンク