岐阜のおすすめ紅葉スポット8選!ライトアップも楽しめる名所!見頃はいつ?

東海

岐阜県は日本のほぼど真ん中、内陸に位置する県。豊かな山の自然は必見です。紅葉が楽しめるスポットも数多く存在します。

今回は、岐阜県で楽しめる、おすすめの紅葉スポットを厳選してご紹介したいと思います!見頃やライトアップなどの情報も合わせてお伝えします。

スポンサーリンク

岐阜の紅葉スポット1. 曽木公園

岐阜のおすすめ紅葉スポット、まずひとつめはこちら、岐阜県土岐市にある曽木公園です。いくつもの池がある公園で、モミジやイチョウ、カエデやミズキといった様々な木があり、自然豊かな風情を楽しめます。

曽木公園の紅葉は、毎年11月の上旬くらいから徐々に色づきはじめます。そして中旬から下旬くらいまでが見頃となります。

毎年、ライトアップ期間も設けられているので、夜の紅葉鑑賞もおすすめです。池の水面に映り込む美しい紅葉は、まさに息をのむ光景。非現実的な絶景が楽しめます。

曽木公園へのアクセスは、中央自動車道土岐ICから車で30分ほど。また、東海環状自動車道土岐南多治見ICからは20分ほどの距離になります。

曽木公園のすぐそばには、日帰り温泉施設、「バーデンパークSOGI」があります。天然温泉の露天風呂や温泉プール、エステ、季節の料理が楽しめるレストランもあるおすすめの施設。紅葉と合わせてお楽しみください。

■詳細情報

岐阜の紅葉スポット2. 多良峡

岐阜県大垣市にある多良峡は、モミジやコナラ、ケヤキの素晴らしい紅葉が楽しめるスポットです。

牧田川が流れる大自然のなか、多良峡森林公園には遊歩道も整備されています。また、長彦神社境内の紅葉や、森林公園内の吊り橋から眺める紅葉も素敵で、岐阜でも有数のインスタ映えするおすすめスポットのひとつです。

多良峡の紅葉が色づき始めるのは、11月中旬くらいから。そして下旬くらいまでが見頃となります。

京都嵐山の紅葉とも比較されるほど有名で、「一之瀬嵐山」という別名を持つほど。美しい清流と、赤や黄に色づく紅葉を存分に楽しめるのが魅力です。

多良峡へのアクセスは、名神高速道路関ケ原IC、または養老スマートICから車で15分ほど。なお、多良峡森林公園から車で5分くらいの場所にコンビニもあり、買い物もできます。

■詳細情報

岐阜の紅葉スポット3. 新穂高温泉

つづいてご紹介する紅葉スポットは、岐阜県高山市にある温泉地、新穂高温泉です。

新穂高ロープウェイや、北アルプス大橋など、絶景スポットが多く点在するエリア。もちろん温泉も楽しめたりと、見どころいっぱいの紅葉スポットです。

新穂高温泉の紅葉は、毎年9月下旬ころから徐々に色づいてきます。そして10月の上旬くらいから下旬までに見頃を迎えます。

おすすめは、新穂高ロープウェイからの眺め。大自然のスケールの大きい絶景が、一面赤く染まる光景は必見。北アルプスの山々の、雪がかかった景色と合わせてお楽しみください。

また、複数の場所で夜のライトアップイベントも行われています。

新穂高温泉へのアクセスは、長野自動車道松本ICから車で90分ほど。また、JR高山駅からバス「新穂高ロープウェイ」行きに乗って90分ほどの距離です。

■詳細情報

岐阜の紅葉スポット4. 付知峡

岐阜県中津川市にある付知峡(つけちきょう)は、豊かな自然のなかでの森林浴や秋の紅葉で人気のスポットです。

ちょっとした山道、また、渓谷の吊り橋などがあり、岐阜ならではの自然を存分に満喫できます。できるだけ歩きやすい服装、靴で行くことをおすすめします!

付知峡の川の水は透きとおった美しい青。流れの早い場所は迫力満点。複数のレトロな吊り橋、有名な不動滝もあったりと、見どころの多い渓谷です。吊り橋は、大人数禁止のスリル満点の場所もあり、楽しめます。

付知峡の紅葉は、毎年10月の下旬くらいから色づいてきて、11月の上旬には見頃を迎えています。

モミジやブナ、ナナカマドといった種類豊富な木があり、川の景色とともに訪れる旅行者を楽しませてくれます。

付知峡へのアクセスは、中央自動車道中津川ICから車で50分ほど。また、JR中津川駅からバス「付知峡倉屋温泉」行きに乗って50分ほどの距離になります。

■詳細情報