東京の水炊きのおいしい名店、老舗 おすすめ5選!

関東

寒くなると鍋が恋しくなります。中でも水炊きは、高たんぱく低カロリーの健康食としてグルメな女性の間でも大人気です。骨付き地鶏をじっくり煮込んだ真っ白な水炊きのスープは、コラーゲンたっぷりで美容にも最高。そんな大人気の水炊きのおすすめの東京の名店、老舗を、選りすぐって5店ご紹介します。美味しい水炊き屋さんをお探しの方は是非参考にしてください。

スポンサーリンク

東京 水炊きの美味しいお店1. しみず(東京・中目黒)

中目黒の水炊きの名店しみずは京都の町屋を思わせる風情たっぷりな店内から、目黒川沿いの桜が見渡せる絶好のロケーション。

しみずでいただけるのは、国産鶏を骨ごとじっくり煮込んでだしを取った、黄金色のスープの「地鶏水炊き(骨付きぶつ切りもも肉)」や「地鶏スープ炊き(骨なしの胸肉ともも肉のスライス)」。どちらもコラーゲンたっぷりの極上水炊きです。

その絶品スープに、新鮮な地鶏のお肉と新鮮な野菜をくぐらせていただく水炊きは、素材本来のうまみを存分にが味わえます。黄金スープで作った特製の茶碗蒸しも絶品。中目黒のしみずは東京を代表する水炊きの人気店になりつつあります。

東京 水炊きの美味しいお店2. 玄海本店(東京・新宿御苑前)

新宿御苑前にある玄海本店は創業昭和3年から続く、水炊きの名店。「白く、くさみがなく、それでいてコクがある」独自の製法による秘伝の水炊きスープが自慢。

玄海本店の水炊きのスープの色はきれいな乳白色。玄海本店の水炊きで使われる鶏肉は余分な脂肪や癖がなくしっかりとした歯ごたえがある、福島県伊達地方から直送される「伊達鶏」。玄海本店の老舗の料亭のような趣も、伝統の重みを感じさせます。

東京 水炊きの美味しいお店3. 治作(東京・築地)

東京築地の治作は創業昭和6年の水炊きの老舗。戦前、「日本の割烹王」と名をはせた、本多治作が東京に進出し、開店した水炊きの名店です。そんな治作の看板料理は「一子相伝」の水炊き。創業以来、水炊き番と呼ばれる職人に受け継がれ、守られてきた作治の名物です。

治作の店内は、四季折々の景色を楽しめる広大な庭園、池を囲むようにして大小19もの部屋があり、すべての部屋から、庭や隅田川が望められるよう工夫されています。水炊きの名店作治はデートや接待にももってこいです。