北海道小樽 歴史とグルメの街で彼女と行くのにおすすめの観光スポット best10

北海道

かつて「北のウォール街」とも呼ばれ北海道の開拓を支えた街「小樽」は、今もその頃の建物や街並みが多く残るレトロでロマンチックな雰囲気が漂っています。

今回は、そんな人気の小樽観光へ彼女と行くならおすすめの宿やスポット、グルメをご紹介します。

スポンサーリンク

北海道小樽おすすめ観光スポット10 田中酒造 亀甲蔵


「田中酒造」は明治32年に創業した小樽で唯一の老舗酒蔵です。「田中酒造」には本店と亀甲蔵があり、本店は平成元年に観光客向けの店舗へと改修しました。

平成7年には製造所であった場所を「田中酒造亀甲蔵」とし見学できる観光蔵としています。

「田中酒造亀甲蔵」は、明治38年に建てられた石蔵群で小樽市の「歴史的建造物」に指定されています。

一般的に、日本酒の酒造りは冬場に仕込む「寒造り」で行われますが、「田中酒造亀甲蔵」では一年中仕込みを行っているため、いつでも酒蔵見学をすることができます。

見学の後には、試飲コーナーで田中酒造の代表的な銘柄「宝川」や蔵直出しの「しぼりたて生原酒など約10種類を無料で試飲を楽しめます。

また、お酒が飲めない人も店頭限定の「おたる酒まんじゅう」や「亀甲蔵せんべい」などが販売されているので小樽のお土産にいかがでしょうか。

北海道小樽市信香町2番2号

田中酒造

北海道小樽おすすめ観光スポット9 天狗山ロープウェイ


標高532.4mの小樽の「天狗山」の山頂からは、昼は小樽の街並みや小樽湾、石狩湾や積丹半島まで見渡すことができ、夜は「北海道三大夜景」に数えられる小樽の夜景を眺められる小樽観光の人気スポットとなっています。

その天狗山の山頂までは「天狗山ロープウェイ」で一気に上がることができます。天狗山は勾配が急なのが特徴の山で、「天狗山ロープウェイ」山頂駅の脇は、最大斜度40度と言う壁のような傾斜が見られます。

小樽天狗山の山頂には野生のシマリスを見ることができる「シマリス公園」があります。

公園には、シマリスのエサのひまわりの種がカプセルに入って売っているガチャガチャがあり、手にひまわりの種をのせて、そっと近づくと手からひまわりの種を取って食べる可愛らしいシマリスの様子を見ることができます。

北海道小樽市最上2丁目16-15

天狗山ロープウェイ

北海道小樽おすすめ観光スポット8 おたる水族館


「おたる水族館」は、自然に囲まれたロケーションにあり北海道など北に生息する生物を中心に250種類5000点を展示時ている水族館で、小樽の観光名所となっています。

アクセスは新千歳空港から車で道央自動車道を利用して約1時間20分。JR小樽駅からは中央バスが運行していて25分で到着します。

「おたる水族館」では、人気の「イルカショー」や「オタリアショー」「トドショー」「アザラシショー」「ペンギンショー」などのショータイムが見られます。夏期限定ですが「トドショー」は最大6頭のトド達が同時にプールに飛び込む迫力満点のショーです。

「おたる水族館」の館内には、美しい小樽の海を眺めながら食事を楽しめるレストラン「ニュー三幸おたる水族館店」が入っており、水族館の人気者亀の太郎をモチーフにした「亀の太郎くんランチ」や「セイウチのツララちゃんランチ」など子供にも大人にも人気のおすすめメニューが揃っています。

北海道小樽市祝津3丁目303番地

おたる水族館

北海道小樽おすすめ観光スポット7 小樽運河クルーズ


小樽運河をボートに乗って観光する「小樽運河クルーズ」が人気となっています。運河に浮かぶボートから見る小樽運河沿いの石造りの倉庫群は、陸から見るのとはまた違った雰囲気です。

特に夕暮れ時にガス灯などで小樽運河がライトアップされるタイミングはロマンチックな雰囲気です。

まず「小樽運河クルーズ」に乗るには、運河にかかる中央橋のほとりにある乗り場で申し込みます。運行は30分毎に出航しており、日没前に出発する「デイクルーズ」では、運河沿いに建つ歴史的な建物がはっきり見えるので、ガイドさんの説明をより楽しむことができます。

日没後に出発する「ナイトクルーズ」では、ガス灯や建物の明かりが運河に映し出される幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

北海道小樽市港町5 港町5番4号(合同会社小樽カナルポート)

小樽運河クルーズ

北海道小樽おすすめ観光スポット6 小樽オルゴール堂


「小樽オルゴール堂」は、約3,400種類以上ものオルゴールが並ぶ日本最大級のオルゴール専門店です。

JR南小樽駅から歩いて5分の場所にある、明治45(1912)年に建てられた「小樽オルゴール堂 本館」は、ノスタルジックな雰囲気でオルゴールの音色がぴったりの空間になっています。

入り口の横にはカナダのバンクーバー市の観光名所「ガスタウン」に作られたものと同じ型の大きな蒸気時計が置かれ、その前で記念撮影をするのが観光客の人気となっています。

「小樽オルゴール堂 本館」の1階にはオルゴール堂オリジナルのたくさんのオルゴールが並べられており、2階では日本製とスイス製の高級オルゴールが販売されています。

「小樽オルゴール堂 本館」館内の手作り体験工房では、自分の好きな曲、形、飾りなどを選んで自分だけのオリジナルのオルゴールを作ることも出来ます。

北海道小樽市住吉町4番1号

小樽オルゴール堂

北海道小樽おすすめ観光スポット5 小樽芸術村


「小樽芸術村」は、かつて北のウォール街と言われ繁栄した小樽の歴史的な建造物、旧高橋倉庫、旧荒田商会、旧三井銀行小樽支店、旧北海道拓殖銀行小樽支店の4棟を中心にした、総合的な芸術空間です。

「小樽芸術村」の大正12年に建てられた石造り2階建ての旧高橋倉庫は、「ステンドガラス美術館」となっており、19世紀から20世紀初頭にイギリスで制作された実際に教会の窓を飾っていたステンドガラスが所蔵されています。

作家の小林多喜二が働いていた旧北海道拓殖銀行小樽支店は、同じく大正12年に建てられた鉄骨鉄筋コンクリート造4階建で、現在は似鳥美術館として、4階は横山大観や川合玉堂などの日本画が、3階には岸田劉生をはじめとする日本や海外の洋画、また地下にはアールヌーヴォー・アールデコのガラス工芸品が展示され観光名所となっています。

北海道小樽市色内1丁目3-1

小樽芸術村

北海道小樽おすすめ観光スポット4 北一 ヴェネツィア美術館


「北一 ヴェネツィア美術館」は、「水の都」として有名なヴェネツィアの文化を紹介している美術館で1988年に小樽にオープン致しました。場所はJR南小樽駅から徒歩10分、ヴェネツィアにあるグラッシィ宮殿をモデルにした18世紀ネオ・クラシック様式の重厚な造りの建物です。

「北一 ヴェネツィア美術館」の建物の中に入ると1階のエントランスにはゴンドラが浮かぶ室内プールとミュージアムショップがあります。2階、3階、5階にある各展示室では、約3,000点のヴェネツィアガラスの作品が展示されています。

「北一 ヴェネツィア美術館」では、イタリア製の本格的なドレスを着て記念撮影ができるコーナーがあり、いつも大人気です。男性用の衣装もあるので一緒に旅の記念に写真撮影してはいかがでしょうか。

北海道小樽市堺町5-27

ヴェネツィア美術館

北海道小樽おすすめ観光スポット3 小樽運河


小樽観光の象徴とも言える観光スポットが「小樽運河」です。

大正12年に完成した「小樽運河」は、北海道の開拓に大きな役割を果たした港湾都市小樽の海運の基盤となった水路で、現在は水路に沿って昔ながらの倉庫が立ち並ぶ昭和のノスタルジックな雰囲気が色濃く漂う場所になっています。

「小樽運河」の散策路には、63基のガス灯が設置されており、夕暮れ時から夜にかけては小樽運河や周辺の石造りの倉庫が、ガス灯の暖かい光に照らされて、ロマンチックな雰囲気に包まれます。

浅草橋の上には広場があり、小樽運河をバックに写真撮影をする人気の撮影ポイントとなっています。中央橋の交差点には「運河プラザ」があり、観光案内所と特産品を販売するショップやカフェが併設されているので、まずは「運河プラザ」に立ち寄るのがおすすめです。

北海道小樽市港町

小樽運河

北海道小樽おすすめ観光スポット2 朝里川温泉 小樽旅亭 藏群


「朝里川温泉 小樽旅亭 藏群」は、朝里川河口から約4㎞、小樽の朝里川温泉にある現代的和風旅館です。「朝里川温泉 小樽旅亭 藏群」の19室ある客室は、内装からインテリアまで1室ごとに趣が異なり、家具には和骨董などを使い古き良き日本を感じながら、ゆっくりと落ち着いて過ごすことができる空間になっています。

「朝里川温泉 小樽旅亭 藏群」の客室は全て、居間が1つに寝室が2つあり、部屋にある内風呂には直接温泉を引き込んでいるので、いつでも好きな時間にゆっくりと温泉を楽しむことができます。また、露天風呂では日本庭園を眺め、近くを流れる朝里川のせせらぎの音を聞きながら入浴することができます。

「朝里川温泉 小樽旅亭 藏群」で提供される料理は、懐石料理のスタイルで小樽を中心に北海道の厳選した旬の食材を味わうことができます。

北海道小樽おすすめ観光スポット1 運河の宿 おたる ふる川


小樽観光でおすすめの宿「運河の宿 おたる ふる川」は、ノスタルジックな情緒あふれる「小樽運河」に面し、最高の景観を楽しめる場所にある温泉旅館です。「運河の宿 おたる ふる川」には、1階と2階に大浴場がある他、最上階の8階には夫婦やカップルなど気の合う仲間でゆっくりと温泉を楽しめる「貸切温泉」があり、ここからの眺めは最高です。

「運河の宿 おたる ふる川」では、様々な趣向をこらした客室が用意されており、ウッドデッキテラスから四季折々の小樽運河の景色を楽しめる「テラス付き運河側ツイン」や、最上階で客室に檜の展望風呂を備えた「展望温泉付き特別室」などがあり、旅の思い出づくりにはぴったりの宿です。場所は、JR小樽駅から徒歩13分、タクシーで5分の距離です。

小樽のおすすめ観光スポットbest10 まとめ

札幌からJRで30分ほどと北海道観光では、外すことができない街「小樽」。その小樽の天狗山や小樽運河から見る景色は昼と夜では全く違う雰囲気を感じさせてくれます。また、小樽では冬には「雪あかり」のイベントが行われ、小樽の街全体が幻想的な明かりに包まれます。そのように季節によっても時間によっても様々な魅力を見せてくれる小樽へは、何度も足を運ぶのがおすすめです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク