京都の鴨料理がおいしい名店8選!鍋やフレンチ、専門店も!

関西

歴史ある寺院や仏閣が残り世界的に人気の観光地の京都。京都は観光だけでなく老舗の料亭の京料理や湯豆腐、ゆばなどおいしいグルメもたくさんありますが。鴨料理も京都をイメージするグルメです。

今回は京都で鴨料理がおいしい名店を8店厳選してご紹介します。鴨料理専門店や人気のフレンチのお店もあります。

スポンサーリンク

京都 鴨料理 名店1.そば酒菜 さかえ庵

京都の鴨料理の名店、最初にご紹介するのは「そば酒菜 さかえ庵」です。

京都市の中京区高倉通にある「そば酒菜 さかえ庵」は、季節の食材を使ったお蕎麦と鴨料理が楽しめるお店です。お店は、阪急京都線の烏丸駅、京都市営地下鉄烏丸線の四条駅から歩いて2分程のビルの2階にあります。

落ち着いた雰囲気の「そば酒菜 さかえ庵」の店内には、カウンター席、テーブル席、6~8名で利用できる個室と合わせて45席が用意されています。

「そば酒菜 さかえ庵」では、定番の「鴨鍋」をはじめ生でも食べられる新鮮な鴨ロースを絶妙な火加減で炙った「鴨のたたき」や鴨のロース、炙りロース、パストラミを盛り付けた「鴨三種盛り」などの鴨料理を楽しめます。

「鴨鍋」のなかでもおすすめは「鴨鍋 極上ロース」で超新鮮な鴨のロース肉を使った贅沢な鴨鍋です。また〆には鴨もも肉の出汁とシャキシャキの九条ネギがおいしい「九条ねぎの鴨南蛮」がおすすめです。

京都 鴨料理 名店2.京人料理 鴨弘

京都の鴨料理の名店、次にご紹介するのは「京人料理 鴨弘」です。

京都市左京区の「京人料理 鴨弘」。”京人”は”きょうと”読み、京都の料理人が作る京料理のお店です。お店は、京阪電鉄鴨東線の神宮丸太駅から歩いて8分ほどの場所にあります。

「京人料理 鴨弘」は、1988年のオープン以来、口コミで評判が広がり北は北海道から南は九州まで全国からお客さんが絶品の鴨鍋を楽しむために足を運びます。

「京人料理 鴨弘」の店内には、カウンター席を含め20席があり高級感がある落ち着いた雰囲気で食事を楽しむことができます。

「京人料理 鴨弘」の鴨鍋に使われる鴨肉は、朝挽きの京都宇治産の生後70日の若鴨ロース肉。宇治の自然の中で丘飼いされた若鴨の肉は、やわらかさジューシーさの絶妙な旨さを味わえます。鴨鍋は2人前からで前日までの予約が必要です。

また夏には、夏期限定の「鴨肉のすき焼き」も楽しめます。濃い目の味付けのわり下でヘルシーな鴨肉と新たまねぎや新ごぼうなど旬の野菜をすき焼きで味わえます。

京都 鴨料理 名店3.本家鳥初

京都の鴨料理の名店、3番目にご紹介するのは「本家鳥初」です。

京都市中京区の「本家鳥初」は、創業120年余りの老舗の料理店。「水だきの鳥初」として知られる丹波地鶏と京野菜の旨味が染み出した白濁のスープの博多風水炊きが評判のお店です。

「本家鳥初」のお店は、京都市営地下鉄市役所前駅から歩いて2分ほどの場所にあり、歴史を刻んだ風情のある店内に用意された客席は全室個室で落ち着いた雰囲気でゆったりと食事が楽しめます。

「本家鳥初」では、「水だき」の他に「鴨なべ」もおすすめです。鴨の味を聞きたてる透き通り澄んだ出汁で、噛めば噛むほど口の中に鴨肉本来の旨さが広がる合鴨のロース肉と、鴨の骨を混ぜ込んだコリっとした食感のミンチの2種類の肉が味わえます。

2種類のお肉は、ロース肉は出汁にさっと潜れせて、ミンチは野菜と一緒に煮込んで出汁と野菜も旨さを吸わせてから、程よい酸味の自家製ポン酢をつけて頂きます。

京都 鴨料理 名店4.三味洪庵 本店

京都の鴨料理の名店、4番目にご紹介するのは「三味洪庵 本店」です。

京都市東山区の「三味洪庵 本店」は、創業が江戸末期の1861年、岩倉具視の命を受け北前船で運ばれてきた食材を京都に供給するために生まれたお店です。150年の歴史を感じる東山三条本店の店舗は、京都市営地下鉄東西線の東山駅から徒歩わずか1分の場所にあります。

「三味洪庵 本店」の店内は28席が用意され、白川の流れを眺めながら食事やカフェタイムが楽しめるテラス席や人数に合わせて配置を変えてくれる落ち着いた雰囲気のテーブル席があります。

「三味洪庵 本店」のメニューには、国産の蕎麦の実を石臼で自家製粉した十割蕎麦を使った、せいろそばや生ゆばそば、夏季限定の冷やかけすだちそば、九条ねぎをたっぷり使ったねぎそば、自家製にしんそばなどの蕎麦が並びます。

「三味洪庵 本店」のおすすめは、鴨肉入りの温かい出汁でせいろを頂く「鴨汁せいろそば」と温かい「鴨南蛮そば」です。また、「京鴨の鴨鍋のコース」も2日前までにお店に予約すると注文することができます。

京都 鴨料理 名店5.嵐山MITATE

京都の鴨料理の名店、5番目にご紹介するのは「嵐山MITATE」です。

京都嵐山の「嵐山MITATE」は、京料理とフレンチを融合させた新しいスタイルの料理をコースで楽しめるお店で、予約がなかなか取れないほどの人気店です。「嵐山MITATE」のお店は、京福電鉄嵐山本線の嵐山駅の東出口から徒歩でわずか1分の場所です。

嵐山の路地裏に佇む一軒家の店舗には5部屋の個室と離れのVIPルームが用意されています。「嵐山MITATE」の料理に使われる器は、京都の有名な陶芸家が「嵐山MITATE」だけのために作ったオリジナルです。

「嵐山MITATE」では、京野菜や厳選された高級食材を使ったコース料理が味わえますが、メインの食材として使われることもあるのが鴨ロース。

「嵐山MITATE」の鴨ロースは、厳選した上質な鴨肉を炭火で焼き、真空パックしてからスチームコンベクションを使い低温でじっくり2時間かけて仕上げた真空調理法で、炭火の香りとしっとりとした柔らかさが味わえる絶品の鴨肉です。

スポンサーリンク